好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 01月 07日

世界の経営学者はいま何を考えているのか

人気だというので読んでみた本、
「世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア」。
周りくどい表現多い。この本読んでも経営のことはわからない。
アメリカの経営学の現代事情という意味では良書ですが、
それを日本のビジネスマンが知ったところで、
あまり役に立たないような。
批判を恐れるためか誤解を恐れるためか、
言い訳がましい周りくどい表現が多く、
もっとズバッと言い切った方が読みやすい。
この本の教訓は、最新の経営学を学んだところで、
結局、実践の経営にはほとんど役に立ちませんということか。
万人におすすめできる本ではない。
経営学を学問として学びたい学生にはおすすめかも。
忙しいビジネスマンが読む必要はない。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2013-01-07 15:30 | 書評・映画評


<< 経済ニュースがよくわかる良書「...      会社の仕事もイヤな仕事もすべて... >>