2013年 01月 20日
株価が急上昇している今、読んでおきたい一冊
e0171573_23501935.jpg

政権が変わったとはいえ、まだ具体的には何にもしていないのに、
日本企業や日本経済が急激に変わったわけでもないのに、
日本株がここ最近、急騰している。

日経平均株価の推移を見てもらえればよくわかるが、
2012年5月から11月まで、
長らく8000円台で低迷していたにもかかわらず、
11月末から急上昇を始め、今や1万1000円台に届きそうな勢いだ。

「メディアで『日本株は終わった』などといった、
悲観的な見出しが出たら、日本株を買うべき。
『この日本株が儲かる!』など、メディアが、
日本株投資を勧めるような特集をし始めたら、日本株は売った方がいい」

私が執筆協力した本、
「『株式投資は儲からない』は本当か?」にて、
株で儲かっている人に十数人取材をしたのだが、
彼らが口をそろえて指摘するのは上記のような言葉だった。

彼らに取材したのは、
日本株がどん底だった5月から6月頃にかけて。
彼らは嬉々として株の仕込みを始めていた。
なぜなら日経平均株価が8000円台と低迷しており、
あれだけ騒いだメディアも日本株投資を勧める記事などほとんどなく、
株本もめっきり減り、だからこそ儲かるチャンスだと、
経験値的にわかっていたからだ。

本が発売されたのは2012月11月上旬。
まだまだ株が低迷している頃だ。
でも私は低迷期だからこそ本を出す意味があると思った。
株がバブルになって高値になってから、
株本出したり株特集なんかしたら、
下手をすると株式投資で損をしてしまう、
「被害者」を大勢出しかねないからだ。
そんな本には手を貸したくはない。

日本株が低迷し、市場環境が逆風の中、
株本を出版するのは一般的に考えたら得策ではない。
日本株が今のように急上昇している時に、
株を買えと煽った本を出した方が、
時流に乗って読者を「騙せて」売れると見込めるからだ。
しかしそれでは読者のためにならない。

株価低迷期に出版された「『株式投資は儲からない』は本当か?」は、
今のように株価が上昇してきて、
メディアが株特集をし始めて、
「よし、株でもやってみるかな」という株式投資初心者に、
ぜひ投資を始める前に読んでほしい。

グローバル企業には投資しない方がいい。
日本株特集がメディアで取り上げられたら売った方がいい。
人が勧める株には絶対手を出すな。
株価低迷期こそ買いなど、
株式投資で初心者が失敗しがちな事例が、
いくつも取り上げられている。

株は所詮ギャンブル。
株で年金なんて絶対に作れないから、
あくまでパチンコか宝くじか競馬ぐらいのつもりで、
取り組むのが大前提ではあるが、
そろそろ株価が上がってきて、
株を勧める無責任な売上伸ばすための煽り記事が出てくる中で、
なんとなく株式投資いいかもみたいに思っている人には、
ぜひこの本を読んでほしい。

またかつてホリエモン株バブルで痛い目にあった株式投資経験者も、
なぜあの時、失敗したのか、この本を読むとよくわかる。

株式投資で失敗しないために、
もしくは株式投資をしないために、
読んでおいて損はない一冊。

難しい専門用語は極力使わず、
わかりやすい言葉で書いてあるので、
すらすら読めると思います。

「『株式投資は儲からない』は本当か?」

・「かさこマガジン3」無料配布中。
欲しい方は、郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数をメールください。
kasakotaka@hotmail.com

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2013-01-20 23:51 | 書評・映画評


<< 金には代えられない。海を子供に...      海はつながっている~原発を止め... >>