2013年 02月 12日
たった1人のバカがいれば日中戦争は起こる
e0171573_2125578.jpg
「尖閣諸島付近の現場に、日本側でも中国側でも、
たった1人のバカがいれば、
誰もが望んでいないとしても戦争なんて簡単に起きる。
そしたら沖縄は火の海と化す」
先月、沖縄に住む知人がそんな話をしていた。
内地の人の危機感とはまったく違った。

日本政府も中国政府も自国に有利に事が進むよう、
時には相手を挑発し、時には相手を騙したりして、
戦争という愚行だけは避けつつも、
ギリギリの線で計算しながら策略を繰り返しているうちはいい。
互いに人気とりのために、
国民の前では威勢のいいことをいいつつ、
直接的な外交交渉では妥協点を探るといった二枚舌は、
当然のように行われているだろうし、
むしろ行われるべきだ。

しかし戦争は、そうした「賢い」政府同士の計算から外れ、
現場が暴走してしまえば、政府同士の水面下での交渉は水の泡。
世論が許さず、やむなく戦争に突入せざるを得ない場合だって十分ある。
日本人は平和ボケしているからこそ、
沖縄から米軍撤退しろなんて、平然と言えるんだろうけど、
近いうちに日中戦争が勃発し、
沖縄が戦場と化すことはあり得る話だ。

数日前に旧正月取材のため香港に行った時のこと。
旧正月前に家や店を飾るための花市場を撮影に行き、
ものすごい人出だったのだが、
市場の入口にはなんと、尖閣諸島は中国の領土だと主張する、
保釣運動の活動家の展示ブースが出ているではないか。
e0171573_213112.jpg

市場に訪れている人たちの関心は薄い。
明日から正月休みで、楽しい買い物が目的で、
領土問題に関わりたくないというのが、正直なところではないか。

そもそも香港自体が、
イギリスから中国に「併合」されてしまったようなもので、
押し寄せる大陸中国人にのっとられるのではないかと脅威に感じながら、
1国2制度を堅持している。
香港人はみな中国語名だけでなく、
英語の名前も持っていることからしても、
中国本土の愛国心はそんなにないのではないか。
複数のガイドさんと話をしたが、
大陸から観光などで来る中国人に対して、
お金を落としてくれるが、決していい感情を持っていないのが、
節々に伝わってくる。

ちなみに昨年北京を訪れた際には、
ツイッター、フェイスブック、Youtubeはもちろん、
ブログの更新もできなかったが、香港はすべてできる。
中国のような言論封鎖は香港では行われていない。

昨年12月の香港取材の際、
香港人のガイドさんから私が質問する前に、
尖閣についての話題にふれた、
「香港で尖閣諸島の問題を騒いでいるのはほんの一部の人だけ。
香港人はそんなに関心はない。
彼らは金がもらえるからやっているだけ」
と冷めた目線で話をしていた。

でも戦争というのは、
100人のうち99人がまともな人間でも、
たった1人のクレイジーな人間がいれば、
すべてをぶち壊すことができる。

政府も軍も国民も、
相手国にイヤな感情を持っていたとしても、
戦争になって自分たちに甚大な被害が及ぶとわかっていれば、
口先では威勢のいいこと言ったとしても、理性的な行動をするだろう。
でも100人いたら1人ぐらいは変な人がいて、
国の言うことも聞かず、勝手に暴走して、
相手国に危害を加えるようなことをすれば、
もうそれで二国間が取り返しのつかない事態になってしまう。

コンサートなんかに行くとそのことを思う。
みんなちゃんとルールを守って聴いているからいいけど、
もし1人でもステージに物を投げるようなバカがいれば、
残りの2万人がちゃんとルールを守っても、
そのステージは台無しになってしまう。
戦争もそういうようなもの。
たった1人のバカがいれば戦争は起きてしまう。
だから今はものすごい危険な状況だと思う。

レーダー照射が政府の指示なのかそれとも現場の身勝手なのか。
それはわからない。
でも日本でもきちんとガバナンスがきいておらず、
現場の人間が勝手に映像をネットに公開できてしまったように、
きちんとしたガバナンスがきいていなければ、
現場が何をしでかすかはわからないわけで、
それがきっかけで戦争になる可能性はある。

また現場の暴走のふりをさせて、
政府が仕組ませることだって十分可能だ。
政府の中で戦争をすれば儲かると考える輩がいれば、
そういうことだって平然とやってのけるだろう。

だから中国政府が、
「レーダー照射は日本政府のねつ造だ!」と言っているのを聞いた時、
条件反射的に「何をまた中国はバカなことを!」と思った後に、
ふと違う可能性もあるのではないかとも思った。
もしかしたら日本政府がねつ造することだって、
あり得るんじゃないかと。

日本の報道公表度ランキングは22位から53位に大幅転落した。
海外メディアがみんな原発はメルトダウンしているといっているのに、
日本のメディアも政府も企業も2カ月間、
メルトダウンを隠ぺいし、虚偽の発表をし続けたわけで、
私たちは中国=いかさまと思い込んでいるが、
でも日本政府や日本メディアだって、
相当なイカサマ集団であることを忘れてはならない。
中国人が日本のねつ造だと信じ込まされているように、
我々日本人だって中国人の仕業だと信じ込まされているかもしれない。
証拠がなければわからないし、
いくらでも証拠なんてねつ造できる。

しかも何が何でも憲法改正し、
国防軍を作りたいとわめいている政党が政権にいるのだから、
中国がさもしそうなことをでっちあげて、
「こんなひどいことをした!」とねつ造することは、
外交戦略上あってもおかしくないとも思ったのだ。

中国人が中国政府や中国メディアの盲信し、
何でもすべては日本人が悪いと騙されてしまうように、
もしかしたら我々日本人も、日本政府や日本メディアに騙され、
実は関係ないことまですべて中国が悪いと、
騙されている可能性も十二分にある。

私たちはそんなあやうい時代に生きている。
明日、日中戦争がはじまり、沖縄が焦土と化しても何の不思議もない。
それもたった1人の現場のバカの暴走がきっかけだったり、
政府やメディアのねつ造がきっかけとなるかもしれない。

そんなあやうい時代に生きていることを忘れてはならない。
だから間違っても、たった1人のバカを英雄視するような風潮を、
普段から作り出してはいけないと思う。

・sengoku38=一色正春氏英雄論の恐怖
http://kasakoblog.exblog.jp/18841933/

・かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2013-02-12 21:03 | 一般


<< 香港花火写真&動画      中国の大気汚染より原発の放射能... >>