2013年 02月 22日
気がつけばSNS依存~SNSは最強の時間泥棒
ついつい見てしまうのがツイッター、フェイスブックなどのSNS。
仕事の合間にちらっと見るつもりが、
投稿したり、レスしたり、人のを読んだりなんかして、
あっという間に時間が過ぎてしまったり、
1日に何度も何度も見てしまったり、
移動中など空き時間があると、
ついついSNSを見て終えてしまう。

ネットやメールが出たての頃は、
ネット中毒(ネット依存症)やメール中毒(メール依存症)の危機が騒がれ、
SNSが登場したての頃はSNS中毒(SNS依存)の注意喚起がなされたが、
今やスマホが登場したことにより、
SNS中毒とかSNS依存なんてことが言われないぐらい、
もはや中毒、依存するのが当たり前になっている。
電車なんかみてもほとんどの人がスマホをいじり、
ネット見てるかメールしてるかSNS見てるかといった状況や、
「異常」でもなんでもなく当たり前の光景になった。

それだけ社会インフラとしてSNSが定着したともいえるし、
今の社会にとってなくてはならない重要なツールだと思うので、
SNSを使いこなすことは重要だと思うのだが、
最強の時間泥棒でもある。
私たちは「時間がない!」「忙しい!」と口ぐせのように言う割に、
細切れ時間をどうでもいいSNSに吸い取られている可能性が高い。

昔、ダイヤルアップ時代に、チャットにはまったこともあったが、
今やツイッターやフェイスブックは、
24時間365日、全世界で開催されているチャットルームのようなもの。
ここをのぞくともうキリがない。

私なんかも家で一人で仕事をしていると、
ついつい仕事の合間にツイッターやフェイスブックが気になってしまう。
そこで見てしまうと、しばらくそこから抜け出せなくなる。
ほんの2~3分ぐらい見るつもりが、
20~30分も見てしまったとか。
もしその時間を仕事や他のことに使えば、
相当、いろんなことができるのではないかと思ったりもする。

だからSNSを見る時間を制限してはどうか。
見る時間を朝と昼と夜の3回にするとか決めれば、
今までSNSに費やしていた時間を相当浮かせることができる。
移動中にSNS見ている暇があったら、本読んだ方がいいと思うし、
ただだらだらSNS見ている時間をなくし、
仕事にあてるなどしたら、仕事がその分、多くできたり、
早く終えられたりすることもできるはず。

そんなわけでSNSに無駄に時間を費やしている人は、
SNSとの付き合い方を見直し、
だらだら見るより目的意識を持ってSNSを活用し、
時間制限や閲覧時間を決めるなどして、
時間を有効活用したい。

<イベントのお知らせ>
・「かさこマガジン」無料配布中。
欲しい方は、郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数をメールください。
kasakotaka@hotmail.com

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2013-02-22 11:17 | ネット


<< 日本企業の病理がよくわかる良書...      ブリュッセル写真 >>