2013年 03月 13日
店で働いている人は風速予報をチェックして欲しい件
「おい!何やってんだ!のぼり旗が倒れてるだろ!!!」
大学生時代、マクドナルドでマネージャーとして、
アルバイトをしていた時のこと。
私はオープンを担当していて、
朝6時から10時まで店のしきりを一任され、
社員は10時になると来る。

今日は朝のピークをうまくさばいて、
仕事がスムーズにできたな、なんて思っていたら、
社員が来た途端、怒られたのだった。
風が強かったために、外に掲示している、
のぼり旗などが倒れまくっていたのだ。

「マネージャーなんだから外にも気を配れ!
雨だけじゃなく風も気にしろ。
強風でのぼり旗や立て看板が倒れて、
もしお客さんがケガしたら大変なことになる。
最低でも1時間に1回は外に出てチェックしろ!」
20歳だった私はなるほどなと思った次第だった。
e0171573_022448.jpg

しかし今はラクだ。
だって風速予報が見れるんだもん。
私が20歳だった頃は今のようにネットが発達していなかったから、
テレビの天気予報ぐらいしかなく、
晴れか雨かと、最高気温と最低気温ぐらいはわかるが、
さすがに風速予報までしてくれる番組は皆無だ。

でも今は違う。
明日の天気、気温、風速は、
いつでもネットをチェックすれば詳細に出ている。
1時間に1度、外をチェックし、風の確認なんかしなくても、
明日の午後は風が強くなる予報だから、
早めに倒れやすいものはしまっておこうとか、
倒れないようしっかり固定しておこうとか、事前に対策がとれる。

にもかかわらず、こうした情報を活用できない、
ずさんな管理の店があまりに多い。
強風予報にもかかわらず、のぼり旗、立て看板などを、
いつも通り出しているがために、
店の前に旗や看板が倒れて、
歩道や車道にはみだしているものも非常に多い。

つい先日も強風予報なのにのぼり旗を出している、
アホなコーヒーショップがあり、
みんなのぼり旗が倒れていた。
ちゃんと風に対する注意が認識されていないのだ。

コーヒーショップに限った話ではなく、
店で働いている人は社員やアルバイトに限らず、
風に対する意識をもっと強く持ってもらいたい。
前日に天気予報とともに風速予報を見て、
風速が5mを超えるようならかなりしっかり固定し、
10mを超えるような日には外に出さない方がいい。

いかんせん人は、晴れか雨かとか、
暑くなるか、寒くなるかしか見ない。
でも風も重要。
風が強くなれば、京葉線なんかすぐ止まるわけで、
交通機関への影響も大きいし、
女性ならスカートで行くか行かないか、
といったことにも影響するだろう。

私が大学生だった10数年前より、
誰もが格段にいろんな情報を入手できる環境にありながら、
その情報を的確につかめず、対策ができないのでは豚に真珠。
ネットの情報をきちんと活用し、
風速予報などもしっかり見て、
仕事やプライベートでトラブルを少なくする努力が必要だと思う。

特にこの季節は強風が多いので、
ぜひ注意して天気予報をチェックしたい。

・無料冊子「かさこマガジン」を新規で欲しい方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽にフォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2013-03-13 00:02 | ネット


<< iPhoneパノラマ写真      命をつなぐ~原発を止めた人たち >>