2013年 04月 15日
村上春樹新作感想
読む必要はありません。
2013年4月に発売された村上春樹新作、
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」。

これだけ話題になると、
一応読んでおいた方がいいのかな?
ひょっとしてすごい小説なのかな?
と思う人がいるかもしれないが、
そういう人は読む必要性はまったくない。

世の中にはこんな本より、
おもしろい本や読むべき本はいっぱいあり、
人生が有限であることを考えると、
短い人生の中で、この本に数時間あてるのはもったいない、
というのが私が読んだ結論です。

悪くはないと思うけど、ぜんぜんよくはない。
読むのがバカらしくなって、
途中でやめてしまった「1Q84」なんかより、
最後まで読めるだけかなりいいかもしれない。

この本を読んでおもしろいと思うのは、
村上春樹作品を今まで一度も読んだことのない大学生ぐらいか。
村上春樹作品を読んだことがある人は、
中身が100万部とか売れるようなものではない。
暇つぶしにいいかっていうと、
それだったら池井戸潤でもいいし、東野圭吾でもいいし、
いくらでもこんな本よりおもしろい小説はいっぱいある。

今回、村上さんは最近駄作続きだったので、
私的には村上春樹作品の最高傑作だと思っている、
「ノルウェイの森」みたいなものをもう一度書けないかと思い、
挑戦してみたけど、「ノルウェイの森」の劣化版というか、
モノマネというか、でも底が浅い作品になってしまいましたといった感じか。

作家って大変だと思う。
自分が過去に素晴らしい作品を出しちゃうと、
もはや読者はそれとの比較でしかどうやっても読めないから。
「ノルウェイの森」の再来を期待したけどダメだった。
でもそれとは違う種類のもので勝負しようと、
「1Q84」みたいなものを出したけどダメだった。

きっとお金には困ってないんだろうから、
一般庶民と違って売れる、売れないなんてそんなに関係ない。
むしろ過去の自分を超える作品を作りたいと、
作家だったら思うのではないか。
でも残念ながら過去は超えられないな。
いや過去どころか、もしこの本に作者名がなく売られたら、
「村上春樹のモノマネ小説でひどい!」なんてレビューがつくはず。
ほんとは本人が書いたのに。

<ここからネタバレ注意>

前半はほんとだるい。
にもかかわらず後半はものすごく駆け足で、
最後はあっけなく読者の読後感を裏切る感じがたまらない。

謎解きの部分だけはおもしろいけど、
あまりにもあっけなく次々と解決してしまう。
その反面、灰田の話は何だったの?という蛇足もある。

結論を書き切ることが、
小説にとっていいことかはわからないけど、
終わり方ってなんかひどくないとも思ったりもして。
どうせなら残酷なまでに、
彼女に中年彼氏がいるけど、
それでもつきあいたい?みたいな、
そのぐらいの現実の悲しさ、
心の傷つけっぷりを貫くぐらいの方が、
かえってリアリティがあっておもしろかったかも。

でも読んですごいなと思うのは、
よくも何十年も小説書いてきて、
年をとっているはずなのに、
いまだにこんな小説書けるよなということ。
いい意味で青年文学。
高校生とか大学生とかには、
こういう小説は受けるかもしれない。

セックスがまだ観念で妄想で、
リアルにしたことがない若い世代には、
こういう話は受けるかもしれない。
でも年をとって、社会人経験を積んだ時、
こういう青年文学みたいなもの読まされても、
なんだか浮世離れした懐かしさぐらいしか感じない。

ちなみに私はハルキストでもなくアンチでもない。
全部は読んでないけど、そこそこは読んでます。

村上春樹の新作を読む無駄な時間あったら、
何より読んでおきたい小説をいくつか紹介しておきます。

「手紙」天空の蜂」東野圭吾

「鉄の骨」空飛ぶタイヤ」池井戸潤

マグマ「ハゲタカ」「ハゲタカ2」真山仁

「希望の国のエクソダス」村上龍

「深夜特急」」沢木耕太郎

「白仏」「海峡の光」辻仁成

「プラハの春」春江一也

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/
かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)


by kasakoblog | 2013-04-15 23:08 | 書評・映画評


<< 読者はこう思っているはずだ!と...      僕は政治家ではなくオセロをしたい >>