2013年 05月 19日
弱者を気取った強者=車椅子の王様・乙武氏の横暴極まれり
「五体不満足」の乙武洋匡氏が、
予約していた銀座のレストランで、
車椅子だからと入店拒否された件で、
店名を晒してツイッターで批判。
店に非難が殺到しているというが、
今回の騒動はあまりにも乙武氏がひどい。
弱者を気取った強者が王様気取りで弱者をぶっ潰す。
とんでもない事件だ。
e0171573_11134392.jpg

車椅子ならなぜ事前に店に連絡しないのか?
たったそれだけのことをすればいいだけの話。
大手チェーン店や高級ホテルのレストランならともかく、
銀座の雑居ビルの小さな店で、
店のホームページには、
「ドトールの2Fになります。
2階はエレベーターが止まりませんので
おきおつけくださいませ。」とも書いてある。

仮にホームページの情報を見落としたとしても、
場所と店の規模を考えたら、予約の際に、
「車椅子なんですけど大丈夫ですか?」
というたったその一言がなぜ言えないのだろうか?
それとも日本の店はすべてバリアフリーになっていて、
すべての店が車椅子対応できるとでも思っているのだろうか。

客は王様じゃない。
店の対応を非難する前に、
自分を守るためにも「車椅子ですけどいいですか?」
という気遣いや配慮がないのか。
弱者を気取って弱者をいじめるとんでもないクレーマーじゃないか。

例えばギャーギャー泣き叫ぶ赤ちゃんを連れて、
予約時には乳幼児がいることも知らせず、店に押しかけて、
「ベビーカーなのにエレベーターはないのか!」
「店員で店まで運んでくれないのか!」
「授乳スペースもないのか!」
「乳幼児の来店を拒否するなんて差別だ!」
と騒いだらどうだろう?
とんでもないクレーマーだと思うのではないか。
店側にすれば事前にそう言ってくれれば、
対処のしようもあるだろうし、
設備の不備や店の方針から予約段階で断ることもできるだろう。

いきなり押しかけて対応しろって、何様なんですか。
はっきりいって乙武氏のやっていることは逆差別だ。
車椅子はどんな奴よりも偉い。
事前に言わなくても対応するのが当たり前。
対応できなければツイッターで晒して店潰すぞという、
悪徳クレーマーじゃないか。

店を批判している人は、
いとも簡単に「エレベーターないなら運べばいい」という。
バカじゃないのか。
車椅子の対応慣れしていないスタッフが、
雑居ビルの狭い階段で運んで、
万が一すべって転んだりして、
車椅子の方にケガをさせたらどうなるのか?
それこそ大問題だ。
自分が絶対に安全に運べる自信があるのだろうか?
それでケガさせて責任とれるのだろうか?

車椅子の人だからといって差別するのはおかしい。
しかし車椅子の人なら区別をしなくちゃいけない。
普通の人とは違った配慮が必要になる。
だからそれに対応するには事前に客側が言うのが当然だろう。

ただ今回の件はツイッターのつぶやきを見る限り、
その断り方がよくなかったのかもしれない。
「誠に申し訳ありませんが、車椅子の方には危険なビルの造りになっていることと、
スタッフの人数が限られているため、
事前にご連絡いただけないときちんとした対応ができませんので、
申し訳ありませんが、今回はご遠慮願えますでしょうか」
みたいな言い方をすればよかったのだろうが、
乙武氏によると店主がぶっきらぼうな対応で、
「忙しいから無理」「これがうちのスタイルなんでね」と言ったために、
「接客業のくせに、この断り方はなんだ!」と乙武氏が怒り、
この対応が店への非難が殺到したのだと思う。

もちろん乙武氏の言い分なので、
本当にそんな言い方をしたのかはわからないわけだし、
店主はネット上でそうした断り方はしていないとしている。
ただこれは水掛け論だし、立場によって受け止め方も違うので、
どっちがどうかということはわからない。
第三者が推測で批判する筋合いのことではない。

でも仮に断り方がひどいと感じたからといって、
車椅子を差別しているというのは論理が飛躍している。
単に接客が悪い店というだけの話だし、
しかもその原因は今回に限って言えば、
客側が事前に伝えていなかったことによる。
それをやれ車椅子を差別しているなどというのは、
お門違いの批判だと思う。

このため、俺は王様だ、車椅子は王様だと思っている、
障害を逆利用した横暴クレーマーがいるために、
店側は今後の対応についてこんなコメントを、
ホームページに掲載している。

・・・・・
各種媒体に「車椅子の方は事前に連絡をしてください」
と掲載してなかった事が申し訳ありませんでした。

私の常識の甘さだったんですが
車椅子の方は事前に連絡をしていただけると思っていた

今日中に各媒体に車椅子の方は
事前にご連絡くださいと掲載いたします
・・・・・

もうこれだからいらぬ注意書きやディスクレーマーが増えるんだよ。
読解力・想像力のない客が増えているから、
ありとあらゆる場面を想定して、
「このような方はこうしてください」と書かなきゃいけない。
こうしてどんどん注意書きだらけになっていく。

「インフルエンザにかかっている方は、
他のお客様に感染する恐れがありますので、
治ってからご来店いただけますようお願いします」とか、
「身長2mを超える方は狭く感じると思いますがご容赦願います」とか、
「体重200kgを超えた方が座れる椅子は当店にはご用意しておりません」とか、
ありとあらゆることを書いておかないといけない。
なぜなら「そんなことホームページに書いてなかったじゃないか!
それで入店断るなんて差別だ!」
ととんでもない非常識な客がいるからだ。

今回の乙武氏の行動は、店のぶっきらぼうな対応があったとしても、
あまりにも非常識すぎる。
こういうおかしなクレーマーがいるから、
ますます多くの店では、
車椅子の方を受け入れると、どんな文句言われるかわからないから、
事前に断ってしまった方がいいと思うのではないのだろうか。
逆効果だと思う。
乙武王様が恐れ多くて、
少しでも落ち度があればどんな批判をされるかもわからず、
どこの店も受け入れに慎重になるか、もしくは、
他の客を犠牲にして、乙武王様に店員がかかりっきりにならざるを得ないだろう。

弱者を気取って60万人ものフォロワーがいる強者が、
小さな店を攻撃するというのは、
これこそ弱者いじめの典型ではないか。

すべてがバリアフリー対応しているわけじゃない。
人で運べなんていうけど、
安全に運べる環境にないところもある。
車椅子の方が、たった一言、
自分の安全を確保するためにも、
スムーズに店を利用するためにも、
「車椅子ですけど大丈夫ですか」と言えばいい。
たったそれだけのことですよ。
そうしたら今回のような騒動は起きないはずだ。

乙武氏はそんなこともできないんですか?
店側の配慮のなさを糾弾する前に、
自分の配慮のなさを反省すべき。
あなたはこの国の王様じゃない。

※乙武氏ツイートの銀座の店に行き、店主に取材しました
http://kasakoblog.exblog.jp/20523301/

・差別意識のないめいろまさんの金玉発言
http://kasakoblog.exblog.jp/20517827/

<他の方の反応>
・隠れ家イタリアンレストランTRATTORIA GANZOの店主高田晋一さんが
乙武洋匡さんとその軍勢60万と遭遇
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65747814.html

・小さな飲食店は障害者の人に対応する余裕なんて無い
http://anond.hatelabo.jp/20130519044709

・調子に乗るなよ、乙武とその取り巻きどもよ
http://d.hatena.ne.jp/kyoumoe/20130519

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld


by kasakoblog | 2013-05-19 11:10 | ネット


<< 谷本真由美の金玉発言      育児がなければ今の1.5倍の仕... >>