好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 30日

書評「心」姜尚中著

アンチではないがこの本はあまりに稚拙・ひどい。
姜さんのアンチとかではありません。
テレビで特集されていておもしろそうなので買ってみました。
しかしあまりのひどさに絶句。

この子供じみたメールのやりとりは何ですか?
震災を無理やり絡めれば、生死がテーマになっちゃうんですか。
こんな書き方で一体何が伝わるんですか?

期待しただけにこのあまりに稚拙・駄文の話に、
唖然としてしまいました。

買わない方がいいです。
ひどい中身です。

息子さんの死を考えるのがテーマなら
姜さんを特集した番組見れば十分。

・懇親会もあり!6/15(土)「好きを仕事にするブログ活用術」講演参加者受付中!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=608

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-05-30 21:45 | 書評・映画評


<< SNSで無駄なこと書いてんなら...      “負け組”から右傾化・カルト思... >>