2013年 05月 31日
不正確なオムロン体温計のせいで振り回された話~買う前にアマゾンレビュー見ないとダメ
「お子さんが38度の熱が出ているので引き取りにきてください」
上記のような電話が保育園から3日連続かかってきた。

30分前に家で測ったら37.0度。
高熱ではないから大丈夫だと思って連れて行くと、
預けて10分もしないうちに保育園から電話がかかってくる!
送ったのにまたすぐに迎えにいかねばならぬムダ。
しかも昼間に予定があったら組み替えなくてはならない。

それにしてもおかしい。
3日連続も。
しかも家で測ってそんなに熱がないのに、
すぐさま熱があると電話がかかってくる。

慣れない保育園に行くと熱が出るのかと思っていたが、
どうもそんな理由でもなさそうだ。

測り方が悪かったのかと思い、
ある時、3回、同時刻にオムロンの体温計で測ってみた。
(オムロン 電子体温計 けんおんくん MC-680)
するととんでもない結果が!

37.2度
37.9度
37.5度

はあ?なんじゃこりゃ?
毎回体温が違う。
おかしい。

いやでも子供が動いたりするから正確に測れないのかと、
自分に試してみると、やはり0.5度ぐらいの差が出る。

ひょっとして原因はこのオムロンの体温計がおかしいんじゃないか。
だから家で測って熱がないのに、保育園だと高熱になるんじゃないか。
そこでネットでアマゾンのレビューを見てみた。
すると、やはりオムロンの体温計はどうしようもないぐらいダメだった。

レビューは11件のみで2.7点/5点と低評価。
高評価をしている人もいるが、2件が2つ星、4件が1つ星の評価だ。

そしてコメントはこんな感じだ。

「実際の体温より高めに予測値が表示されることがあり、
発熱したと思い込み小児科に駆け込むと実際には微熱程度。。。
ということが何度もありました。」

「酷いときは±0.5くらいになりますし、
1度目と異なる結果になる事が多く、
正確なのか少し信用できません。」

「大体36.0℃~36.5℃と計測され、ちょっと鼻水出てるけど大丈夫かな?
と登園させましたが、朝一で保育園で担任が
園のテルモの体温計で測り直すと37.9℃で急遽お帰りすることに」

「激しい頭痛と高熱を感じ、この体温計で測ってみた所
「37.3℃」「37.7℃」「36.9℃」でした。」

いや~、まさにうちと同じ!
ひどすぎる。
というかちゃんとアマゾンレビュー見てから買うべきだった。

で、この不正確極まりないオムロンの体温計では、
実生活に実害を及ぼしどうしようもないので、
類似商品のテルモの体温計を見てみると、
レビューが230件もあり、4.3点/5点と高評価。
(テルモ 電子体温計 C231)

コメントも正確で早いというものが多く、早速購入。
子供を何度測っても、自分を何度測っても誤差はほとんど出ず、
熱がないはずなのに、すぐさま保育園から高熱だということはなくなった。
(2~3時間たって熱が出てきたというのはある)

で、値段が違うかといえば大差はない。
テルモは参考価格2625円でアマゾンの現在値は1645円。
オムロンは参考価格2625円でアマゾンの現在値は1545円。

我ながら反省した。
ちゃんと商品を買う時はアマゾンレビューをチェックすべきだと。
オムロンはアマゾンで買ったわけではなくスーパーで買った。
だから低評価のレビューを見逃していた。

アマゾンで体温計を比較検討して購入すれば、
実生活に支障をきたすことがうんと少なくなったのに。

ちなみにどちらも実測検温ではなく予測検温の比較。
オムロンのは15秒だが、誤差があまりにひどすぎる。
テルモのは20秒だが、誤差がほとんどない。

もちろん体温計だけに頼りすぎるのではなく、
体にふれて熱いかどうかとか、
元気がないとかだるそうだとか、
そういう肌感覚もあわせて確認する必要はあるとは思うが、
誤差がありすぎるのでは話にならない。

もちろんアマゾンレビューはすべてが「正しい」わけではない。
特に書籍なんかはひどくって、
出版社関連・著者関連のさくらもどきの絶賛レビューで、
買ってみたらひどい本だったということは結構あるし、
逆にアンチみたいな人たちが、著者が気に食わないという理由で、
いやがらせのように低評価をつけまくっているけど、
中身を読んだらすごくいい本だったということは結構ある。

でもそういうのってレビューの件数とか、
コメントの中身を見ればだいたい想像がつく。
さくらコメントは短いコメントばかりだし、
アンチコメントは本の中身でなく、著者の好き嫌いを書いている。

アマゾンレビューに関しては、
私の著書に本の内容とはまったく関係のない、
嫌がらせのようなコメントを数冊にわたって同時に書かれたことがあり、
アマゾンに要請して削除してもらったこともある。

また中身のないひどい内容の本だったが、
明らかにさくらが多いと思われる絶賛レビューで埋め尽くされた本に、
酷評レビューを書いたら、すぐさまそのレビューが削除されただけでなく、
私の他のレビューまで削除させるという、
おかしなことをやる出版社とおぼしき仕業もあった。
明らかにおかしいのでアマゾンに連絡し、
不適切でもないのに次々と削除したレビューは復活してもらった。

こうしたやらせみたいなこともあるし、
実際に私もアマゾンレビューのステマを強要されて、
それを拒否した結果、会社を辞めることになって、
昨年独立することになったりもしたわけだけど、
アマゾンレビューは参考になります。

そもそも本やDVDとかではなく、
子供用のおもちゃ商品なんかでも、
リアル店舗で買うより1000円安いとかざらにあるし、
しかも自分で運ばずに済み、翌日には持ってきてくれる。
レビューを見落とさずに無駄のない商品購入をするには、
やっぱりアマゾンがいいなと今回再認識させられた。

ぜひみなさんもアマゾンで買おうが、
リアル店舗で買おうが他のネットショップで買おうが、
アマゾンのレビューを見た上で購入判断した方がよいと思います。

また他の人が無駄な買い物をしないよう、
ひどい商品があったらどこがひどかったのか、
きちん低評価レビューを書くべきです。

・お子さんのいる方はテルモの体温計がおすすめです。

・アマゾンレビューの「ステマ」を強要された話~マネーヘッタチャン
http://kasakoblog.exblog.jp/17361713/

※残席わずか!懇親会もあります!
「ブログで好きを仕事にする方法~人気ブロガーが教える仕事につなげるブログ術」
6月15日(土)17:30~。サンクチュアリ出版(千駄ヶ谷)にて開催。http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=608

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-05-31 23:13 | ネット


<< REM      SNSで無駄なこと書いてんなら... >>