2013年 07月 04日
名刺集めをしない。チラシ集めをしない。たった1人のいい出会いがあればいい
e0171573_2317499.jpg
異業種交流会とか展示会とかいくと、根本的な目的を忘れてしまい、
目に見える即物的な成果を手に入れようとしてしまいがちだ。
例えば、やたら名刺を交換しまくって、
名刺をたくさん集めて満足したり、
やたらチラシや資料をもらいまくって、もしくは配りまくって満足したり。
でも数だけ稼いでもたいした意味はない。

東京ビッグサイトで「クリエイターEXPO」に出展している。
私はブースにいて、興味がある人に声をかけてもらう待ちのスタイル。
でもちょっと迷うわけです。
ただ座って待っているだけでは、せっかくお金と時間をかけているのに、
もったいないのではないか。
ブースの前に立って、通りがかる人に手当たり次第、
チラシやかさこマガジンを渡した方がいいんじゃないか。
そうしているクリエイターもいるしと。

でも、それは違うんじゃないか。
興味のない人に無理やり渡しても、どうせ捨てられるだけではないか。
そんなことより、ブースのPRを見て、
相手から「話を聞かせてください」「名刺を交換させてください」
という方だけに対応した方がいいんじゃないかと。

展示会に来ている見学者の中には「これが成果だ」といわんばかりに、
やたらチラシや名刺をもらいまくっている人もいるけど、
あんなにいっぱいもらったところで、
後でじっくり見るとはとても思えないし、
そういう人って何のためにこの展示会に来ているのか、
目的があやふやなんだと思う。

「こういうライターさんを探している」
「こんなイラストレーターさんを発掘したい」
といった風に、普段の仕事の中で明確な課題があって、
その課題解決のためにここに来ているのなら、
やみくもに資料や名刺をかき集めたりはしないはず。
ただなんとなく来てみましたという人に、
やみくもに渡してもあまり効果はないと思う。

1日目は自分から声をかけた方がいいか迷っていたけど、
2日目は基本的に声をかけるのをやめて、
相手から声がかかるのを待つことにした。
しばらく誰にも話しかけられない時間帯もあるけど、
相手から話しかけてくる場合は、
そのほとんどが具体的案件や明確な課題を想定しているので、
わりと話がとんとん拍子に進む。
お互いに「こんな人、探してたんですよ!」といった具合に。
2日目もすごくいい出会いがあった。

交流会や展示会、セミナーなどに参加した際は、
名刺集めやチラシ収集で満足してしまうのではなく、
明確な目的を持って参加したい。

そして欲張らない。安易な数稼ぎにはしらない。
今の時点でつながっても意味のない人100人と名刺交換するより、
たった1人、お互いが求めているような人に出会えればそれでいいって、
そういうスタンスで参加するといいと思う。

※というわけで金曜日は最終日。
10~18時ぐらいまで基本的に会場におります。
もしクリエイターEXPOに来られるようでしたら、遠慮なくお声掛けください。
在庫わずかですがあれば「かさこマガジン3」を差し上げます。

・クリエイターEXPO
http://www.creator-expo.jp/

・お知らせ:8/4(日)写真教室開催決定!!参加者募集中
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=636

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-07-04 23:20 | 働き方


<< それであなたは何ができるんです...      600人のクリエイターが集まる... >>