2013年 08月 19日
忙しい時に営業をしておいてよかった話
当たり前の話だけど、仕事が忙しい時ほど人は営業しない。
なぜなら忙しいし、今、仕事があるからだ。
そして仕事が暇になってから営業をする。
だから失敗する。だから業績が上がらない。

仕事が暇な時って世間的にも景気がよくない可能性が高い。
景気がよくない時に営業熱心になったところで、
仕事が少ないからとれない。
どこも営業しているから消耗戦の価格競争になる。
いいこと何にもないんです。

仕事が忙しい時って世間的に景気がいい時の可能性が高い。
景気がいいから仕事がいっぱいあって仕事がとりやすい。
景気がいいから仕事の単価も下がりにくい。
結果、いい仕事が入ってきやすくなる。
だから忙しい時に営業すべきなんだと思う。

フリーランスになってまだ1年しかたっていないので、
特に今、仕事がなくて困っているわけではないが、
いろんな営業機会には出ておくべきだろうと思い、
7月に3日間、クリエイターEXPOという展示会に9万円出して出展した。
出展を決めたのは半年ぐらい前だったので、
7月に忙しいのか忙しくないのかもわからなかったが、
アベノミクスのおかげで金融関連の仕事が増え、
7月ぐらいまで大忙しだった。

なのでクリエイターEXPOが近づいてくるにつれて、
「今、こんなに忙しいんだし、もうお金も払っちゃったけど、
出展しなくてもいいんじゃないか。
それより3日間、時間が潰れてしまうより、
家でその分、仕事してた方がいいんじゃないか」と。

でももったいないし、この先どうなるかわからないので、
せっかくなのでということもあり、
前日付け焼刃的に、自宅のプリンターで苦肉の策の展示方法を考え、
3日間、張り付いていたのだが、その甲斐あって、
今、お盆時期でそんなに忙しくない時期にもかかわらず、
クリエイターEXPOで名刺交換した取引先4~5社から、
実際に仕事を何件ももらったり、
まだお金になるかはわからないが、
企画打診や提案をしているところもあり、
今になって「忙しい時期だったけど、営業機会を持っておいてよかった」
と思った次第だ。

忙しい時ほど営業せよというのと同時に、
どんなに忙しくても、今できることではなく、
今後やりたいことを毎日続けろというのも、
将来のキャリアプランを考える上で重要な要素だ。

今できることしかやらなければ、いつかはジリ貧になる。
こんなこともやってみたいとか、
本当はこんな好きなことがあって、それを仕事にしたいというなら、
どんなに忙しくても、そこに時間やお金をかけて、
先々の事業の柱になるよう投資すべきだ。

個人レベルで置き換えたら、仕事以外にブログを持ち、
好きなテーマで情報発信することがそれにあたる。
私もこの10数年、毎日ブログを書き続けているが、
フリーランスになったこの1年、
特にアベノミクスバブルの恩恵に預かったこの半年、
あまりにも忙しくて、
何度、「今日はブログを更新するのをやめよう」と思ったことか。
でも目の前の仕事に追われているだけでは未来はない。
それに仕事だけでなく、仕事以外にも書きたいことがあり、
伝えたいことがある。
そう思ったら毎日書かずにはいられない。
どんなに忙しくても、それが将来のキャリアにつながったりするから。

また営業することで取引先が増えれば、
イヤな仕事、イヤな取引先の仕事を断ることもできる。

今追われている仕事だけにならず、
将来の種まきになるような営業や新規事業や投資は、
忙しい時でもしっかりやっておきたい。

・個人最強の営業ツール!
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

・かさこができること
http://www.kasako.com/work.html

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽にフォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2013-08-19 03:09 | 働き方


<< ダメな取引先の3大暴言「担当者...      夏休み気分 >>