2013年 08月 19日
ダメな取引先の3大暴言「担当者変えろ!」「上司を出せ!」「取引先変えろ!」
いばりちらすだけで実は自分が裸の王様で、
社内からも社外からもそっぽを向かれていることに気づかない、
実は自分が一番無能だってことをわかっていない、
かわいそうな取引先の担当者ってどの業界にもいる。

そういうダメな取引先がよく言うのが、
「担当者変えろ!」「上司を出せ!」「取引先変えろ!」の3つの言葉だ。

担当者変えろ!
自分の仕事の指示ややり方がまずいのに、
取引先の担当者がすべて悪いと言ってしまうパターン。
いや確かに担当者によって雲泥の差がある会社も多いけど、
基本的に担当者を変えなくてはならないというのは、
指示を出したあなた自身が悪い場合が多い。
その証拠にいくら担当者が代わっも仕事がうまくいかないのは、
「みんながバカだから」ではなく「あなたがバカだから」。
代わった担当者の方が、「あんな変な人じゃ、前の担当者悪くないよな」
「あの取引先とは仕事したくない」と思っている場合が多い。

でも無能な人ほど自分の責任をうやむやにするために、
他人に目に見える形での責任を求めたがる。
仕事がうまくいかない→担当者が悪い→担当者を変えた→俺に責任はねえという論法だ。

最近まさにこの手のパターンがあった。
前の担当者が悪いからといって、私のところに仕事が回ってきた。
でもそういう仕事の入り方って、たいがいよくないので、イヤな予感がした。
なぜならなんでも担当者に責任を押しつけるタイプの人の可能性大だからだ。

案の定、ちょっともめた。
きっとこの人は毎回のように「担当者を変えろ」と言い続けるはずだ。
自分の仕事のやり方を変えなければ、
永遠に担当者を変え続けねばならないだろう。
毎回、慣れない担当者になるわけだから、余計にうまくいかなくなる。

これと同じパターンが「取引先変えろ!」。
担当者同士はとてもうまくいっている。
にもかかわらず何か少しでもミスがあったら、
自分の地位を守るために、取引先を変えることで、
対策をしたと勘違いしてしまうタイプだ。

これもまた担当者を変えろと同じで、取引先を変えたところで、
発注主の仕事の仕方、依頼の仕方が変わらない限り、
取引先を変えて目先は変わっても、
実はアウトプットはそれほど変わらない。
下手をすると新しい取引先を使うことで、
また別の問題が発生してしまうかもしれない。

現場の担当者は「え~、慣れている取引先なのに、
なんで変えなきゃいけないの」と文句たっぷりなのに、
「ミスの責任を誰かに取らさなければならない」
という上司のゴリ押しで取引先が変わってしまい、
結果、かえって事態が悪化するということはよくある。

これも最近、私のところにあった事例。
ミスをしたのは社内にも責任があるのに、
社外にすべて責任を押しつけ、取引先を変えて、
私のところに仕事が回ってきた。
前の取引先の仕事を見たところ、
確かにミスはあったが総じて悪くない。
担当者は取引先変えたくなかったオーラ全開。
そんな状態でうまくいくわけがない。
ことあるごとに「前の取引先ならこうしてくれたのに」と一言。
まるでいつまでも振られた前の恋人と比べてしまうような状態で、
新しい“恋人”とうまくいくわけがない。

だから「前の取引先に戻した方がいいですよ」と言ってみたのだが、
上司からノーをつきつけられているので、変えられない。
前の取引先のことは一度忘れて、
今の取引先は前の取引先とは違うんだと、
わかって付き合ってくれればいいんだけど、
いつまでも引きずっている思いがあるから、結局うまくいかなくなるのだ。

そして最後は「上司を出せ」。
上司を出させれば自分が勝ったみたいな、
勘違いをしているパターン。
上司を出させて問題が解決するならいいが、
たいがいは単なる自己満足に過ぎないのではないか。
だって上司が出てきてもやるのは担当者。
上司を出せと言われた担当者のモチベーションが下がることは当然。
「恥をかかせた取引先のいうことなんか聞くもんか」
と下手をしたらすねてしまう可能性もある。

「いや~上司にこさせてね、たっぷり説教しましたよ、
あははは」なんて自慢している輩は使えない。
そんなことで悦に浸っているなら、
現場レベルで仕事がうまくいくための知恵を出せばいいのに。

これもつい最近、仕事をしている中で見て、
なんとなくイヤな気分になった。
上司を呼びつけて自分がエライと勘違いしてないか。
あんたの指示があいまいなんじゃないの、と思ったりもしながら、
私には関係のないことだし、変に飛び火しても困るので黙っていた。

もちろん仕事の取引先は、単に能力の問題だけでなく、
担当者同士の相性とか、タイミングの良し悪しとかもある。
だから目先を変えるというのは有効な手段ではあるが、
自分のミスを棚に上げて、担当者や取引先を変えれば、
仕事がよくなるという幻想を抱き、
自分の仕事の仕方に疑問を持たないと、
知らぬ間に社内外、誰も仕事を手伝ってくれない、
裸の王様になってしまうので、
ぜひ胸に手を当てて、自分がそんな態度をしていないか考えてみたい。

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-08-19 22:41 | 働き方


<< はだしのゲン騒動に見る少数クレ...      忙しい時に営業をしておいてよかった話 >>