好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 09月 25日

TBSに倍返しだ!半沢直樹続編「ロスジェネの逆襲」すぐ読むべし

ドラマ半沢直樹の最終回に失望した人は、
今すぐ続編である小説「ロスジェネの逆襲」(池井戸順著)を読むといいと思います!
スカッとします!

※ここからドラマ半沢直樹の内容のネタバレを含みますのでご注意ください。

ドラマ半沢直樹の最終回に失望・落胆させられた人は多いだろう。
勘違いしている人も多いと思うが、頭取の人事についてではない。
あの人事は当然だ。
半沢直樹の活躍は拍手喝采ものだが、大和田常務の個人口座の残高まで洗い出すなんて、
あり得ないコンプラ違反だ。
そして何より、私は原作を読んでいないからわからないが、
ドラマのあの描き方を見る限り、頭取が大悪党なのではなく、
頭取は半沢直樹のやりすぎの戒めと彼のさらなる飛躍のために、
あえて出向を命じたのではないかと思った。

だからムカついているのは半沢直樹が出向されたことではない。
TBSのあのひどい終わらせ方だ。
あんなひどい終わらせ方があるか。
こんなに視聴率がとれるとは思わず、あわてて放送延長を打診したが、
役者のスケジュールを抑えられず、あわてて撮影したから、
あんなおかしな終わり方になったに違いない。

出向人事は当然だし、だいたいあんなわかりやすいドラマの描き方を見れば、
予想通り2階級特進にはなりませんよと前ふりでさんざん言っているようなものだ。
出向人事を言い渡しただけで終わるなんて、あまりにひどすぎる。
原作がそうなっているのかしらんが、原作は原作、ドラマはドラマだ。
最低限、あれだけ視聴者を期待させて、意外な結末を迎えたのだから、
少しは出向人事に対するリアクションを描くとか、続編があると思わせるシーンを入れるとか、
最終回のラストぐらい投げっぱなしジャーマンによる責任放棄的な結末はやめてもらいたい。
そりゃ、続編はいつかという苦情が殺到するのは当然だ。
TBSに続編を期待しているのではなく、途中みたいなところで終わらせるなというクレームだろう。

ただ何がヒットするかもわからず、10回で打ち切ってしまう無能なTBSが、
いつ続編つくるかなんて期待していても、いつになるかはわからない。
我々視聴者が倍返しすべきは、頭取ではなく、TBSだ。
あのモヤモヤした終わらせ方をしたTBSに倍返しする。
すなわち、続編はドラマなんかで見るのではなく、小説で読んでしまえというわけだ。

ドラマ半沢直樹の続編は小説「ロスジェネの逆襲」(池井戸潤著)を読めばいい。
私が最終回を見て真っ先にしたことは、急いでアマゾンで「ロスジェネの逆襲」を購入したことだ。
あんなモヤモヤした最終回でたまるか。
TBSの続編なんか待ってられるか!小説で続編読むぞ!

というわけで「ロスジェネの逆襲」が届き、一挙に数時間で読み終えたが、
むちゃくちゃおもしろいし、スカっとします!
ドラマの最終回のモヤモヤがすべて吹き飛びます!
ぜひドラマの最終回に不満があった人は買って読んだ方がいい。
読み終えたらスッキリするから。

はじめの方はちょっと違和感を覚えるかもしれない。
やっぱりあのドラマというインパクトでこの物語を読んでしまった人に、
文字情報だけというのはインパクトに欠けるし、
出向直後の半沢直樹の態度は「なんかドラマの人物像と違くね?」と違和感を覚えた。

でもそれははじめの方だけ。
物語の内容も数年前のあの話題をモチーフにするかと、
しらけた感じがするかもしれないが、
話が進んでいくとおもしろくなり、話にのめりこめるはず。

そして何よりもこの「ロスジェネ」まで読んで、一つの話に区切りがつける。
ドラマはなぜこの「ロスジェネ」までやらなかったのか。
怠慢だ。

それとこの「ロスジェネ」はドラマで見るより、多分、本で読んだ方が10倍、
いや100倍いいかもしれない。
タイトル通り、ここには世代論としての働き方もテーマになっていて、
そういうものって多分ドラマでは語れない。
文章だからこそ語れることがあると感じだ。

だからこれを読むと、ドラマのやや戯画的な現代版時代劇の嫌味がなく、
むしろ痛快なストーリーの背景に流れる、
働くとは何か、会社とは何か、仕事とは何かといった、
今の人たちにも真剣に考えさせられるテーマが通底していて、
そういう部分をドラマではなく小説なので行間から読むことができ、
単なる「倍返しだ!」というカタルシスだけでなく、
自分はじゃあどう働くべきなのかということも真剣に考えられるようになるだろう。

そんなわけでドラマ半沢直樹にはまった人は、ぜひこの「ロスジェネの逆襲」を読むといいと思う。
超おすすめ本です。

・「ロスジェネの逆襲

・本の入荷予定が遅い場合は電子書籍版「ロスジェネの逆襲」

・外を知らないから企業は腐敗する~半沢直樹最終回
http://kasakoblog.exblog.jp/21103323/

・映画「風立ちぬ」とタバコ。ドラマ半沢直樹との共通点
http://kasakoblog.exblog.jp/20935285/

・ドラマ半沢直樹に見る、夫の力量は妻で決まる
http://kasakoblog.exblog.jp/21105517/

・日本に半沢直樹が足りない~おかしなことはおかしいと言うべき
http://kasakoblog.exblog.jp/20920160

・半沢直樹に学ぶ。昇進至上主義の愚かさが日本をダメにする
http://kasakoblog.exblog.jp/21010137/

・元金貸しから見るドラマ半沢直樹
http://kasakoblog.exblog.jp/21006050/


Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-09-25 02:34 | 書評・映画評


<< リヤドホテル写真      シカが歩道を歩く奈良の日常~地... >>