2013年 10月 06日

今年も無料冊子「かさこマガジン」作ります!~希望者はメールください

今年も無料冊子「かさこマガジン」作ります!~希望者はメールください
毎年恒例となった年賀状代わりに希望者のみなさんに無料で配布する、
ミニ写真集「かさこマガジン」の最新刊「かさこマガジン4」を、
年末までに作成し、年始に配布する予定でいます!

まずすでに、かさこマガジンの送付希望で、
住所をお知らせいただいている方は、特に何もしなくても、
前回の住所に、前回の希望部数をお送りします。

もし住所や氏名が変わっている方は、
メール便のため転送されないこともありますので、
新住所の郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前を
下記メールにお知らせいただければと思います。
kasakotaka@hotmail.com
希望部数変更の方は、お名前と新たな希望部数をお知らせください。

まだ、かさこマガジンをもらったことがないけど欲しい、
または講演やイベントなどで手渡しでもらったけど、住所は知らせていない、
という方は、無料でお送りいたしますので、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
上記のメールにお知らせください。

ちなみに今年1月に発刊した「かさこマガジン3」はまだ在庫がありますので、
もし欲しい方がいれば、「かさこマガジン3希望」と書いて、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
上記のメールにお知らせください。

また、次回の最新刊の「かさこマガジン4」ですが、広告募集を中止し、
広告費掲載の純粋なセルフマガジンに戻すことにしました。
広告出稿を検討していた方は申し訳ありません。

前回の「かさこマガジン3」では、
部数の急増に伴う印刷コストの増加を広告でまかないたいということと、
個人で出しているセルフマガジンなのに広告が入っているなんてすげえ、
ということを見せたかったことと、
読者の方に広告出稿できる場を作りたいという思いがあり、広告9つ入りました。

今年は純粋にすべてのページを自分のメッセージと写真で埋めたいという思いと、
アベノミクスのおかげでというか、クリエイターEXPOに参加して、
随分仕事が入ってきて、フリーになって2年目ということもあり、
仕事が順調でしたので、セルフマガジンの費用は全額自腹にすることにしました。

このかさこマガジンは私の想いが詰まったフォトエッセイ集的な冊子で、
多くの人に見てほしいという思いがあるので、
無料だからといって遠慮せず、できれば1部といわず、
ご家族でも恋人でも知人でも職場でも、
多くの人に配っていただけることが何よりうれしく思います。
店を経営している方などは、店頭に置いてくださればありがたいです。

またそれでも「無料で物をもらうのは悪い」
「もらったからには何かお返しをしないと気が済まない」
と思ってくださる方も毎年結構おります。
もしそのようなありがたいことを思っていただけるのであれば、
アマゾンで買い物する時に、下記、
私のアフィリエイトリンクから購入していただければ幸いです。
Amazon

アマゾン・アフィリエイトの仕組みですが、
上記リンクからアマゾンで商品を購入していただいた場合、
販売代金の3%前後が私のところにキャッシュバックされます。
特に購入していただいた方が損をすることはありません。
誰が買っているかというのは私には一切わかりません。
買っていただいた商品名は統計データとして、私は知ることができます。
例えば小説「ロスジェネの逆襲」が5冊売れたといったような形です。
どこの誰が買ったかなどはわかりません。

今のところ上記リンクにご協力いただける方が何人もいて、
毎月1万円程度、年間で12万円程度の収入を得ています。
その費用を、かさこマガジンの郵送代などにあてたいと思います。
また郵送代はクロネコヤマトのメール便ですので1通80円しかかかりませんので、
「せめて郵送代だけでも持ちたい」という方も80円ですので気になさらないでください。

ちなみに「かさこマガジン」の影響から、
読者の中にもセルフマガジンを作成する方が出てきました!
私が知っている限りでは4名の方がセルフマガジンを作り、
自身の紹介ツール、営業ツールとして活用しています。
(イラストレーターの方が2人、漫画家1人、デザイナー1人)

今年でかさこマガジンも4号目になるわけですが、
何を盛り込み、何を伝えるか、毎年、悩みに悩みます。
そして何よりも、わざわざ印刷費をかけて、わざわざ郵送費をかけて、
なぜネットではなく紙でやるのか、
紙だからこそ伝わること、見せられることは何かということも悩みます。
私が日々いろんなことを取材し、経験し、ブログに書き、写真を撮り、
その中で1年の集大成として、読者のみなさんに喜んでもらえるような、
人生を考えるきっかけとなるような冊子にしたいと考え、
考えに考え抜いて、凝縮したエッセンスをお届けしたいと思います。

そんなわけで、ぜひ多くの方に見てもらいたいと思っています。
これまでかさこマガジン希望のメールを出したことがない方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまで。
住所変更、希望部数変更の方も上記メールまでご連絡ください。

まだ白紙の状態ですが、今年もまだ3ヶ月ありますので、
その期間を使って、みなさんに最高の冊子を届けられるような内容にしたいと思います。

・かさこマガジンページ(過去の1、2、3はPDFで公開)
http://www.kasako.com/kasakomz.html

・フェイスブックページ
http://www.facebook.com/kasakomz

・冊子5500部を自腹で印刷し、無料配布する奇特なブロガーインタビュー
http://kasakoblog.exblog.jp/19690793/

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-10-06 23:54 | お知らせ


<< 土下座と坊主と自己犠牲を称賛す...      踏切事故救出で死んだ人に感謝状... >>