2013年 11月 12日
目先のマネタイズを考えるから成長・飛躍ができない
マネタイズって言葉がなんか嫌い。
マネタイズとは、無収益のサービスを収益を生み出すサービスにすること(Yahoo!辞書)。
主にネットの無料サービスからどうお金をとるかという意味合いでよく使われる。

お金がなければ質のよいサービスを提供し続けることはできないので、
課金なり広告収入なりお金が入る仕組みを考えることは重要だ。
ただなんかサラリーマンが会社がイヤだから、
ネットでお手軽にあぶく銭を稼いでやろうとか、
もしくはサラリーマンをやめたいから、
個人でネットで手っ取り早く稼げる方法を模索したいみたいな、
なんというか短期的な日銭稼ぎみたいなニュアンスが強くて、それってどうなのかなと思う。

企業として組織としてやるならマネタイズは重要なんだろうけど、
個人であまり若いうちからマネタイズ・マネタイズなんて騒いでいると、
小さくまとまって小物になっちゃう。
短期的な利益を稼ぐために、もっと大きな利益を逃してしまうことになりかねない。

今日、駅の改札口には郵便局員が必死こいて年賀状を売っていた。
年賀状なんてどんどん売れなくなって、大変なんだろうなと思いながら、
私はもう年賀状を買うことはなく、
例年通り、40ページぐらいの無料冊子「かさこマガジン」を、
希望者の方に無料で郵送する予定でいる。

2014年1月に発行する「かさこマガジン4」は広告を入れるのをやめた。
2013年1月に発行した「かさこマガジン3」は広告を9社・人ぐらい入れて、
30万円前後の収入があり、5500部の印刷代をほぼペイできた。

個人の冊子なのに広告がこんなに入っていてすげえ!
ということをわかる人にPRするための意味合いがあったのだが、
今年は広告をやめて、全額自費出版にすることにした。
多分60万円か70万円ぐらいの費用になるだろう。

でもね、それで十分もとはとれると思ってる。
目先のマネタイズ考え、かさこマガジンが広告だらけになって、
せっかくの自分のコンテンツが埋もれてしまうようなことになれば本末転倒だ。

なので今度のかさこマガジンは広告をやめることにした。
私自身のコンテンツ力を見てもらえる純粋な読み物、
純粋なセルフブランディングツールにした方が、
目先の広告収入は得られないかもしれないが、
それによってもっと大きな「利益」が得られる可能性があるからだ。

また「こんなにクオリティが高いものを無料にするなんてもったいない。
有料にすればいいのに」という声も聞くのだが、それもする気はない。
例えば「かさこマガジン3」がきっかけで、映画監督やってくれないかという話が入ってきた。
映画監督は無報酬だけど、私がやったことのないジャンルに挑戦でき、
それが形に残り、かつその制作過程は取材のネタにもなるとなれば、
私としては金銭以上に十分すぎるメリットを得られる。

例えばマネタイズしなきゃと思い、1部300円とかで売ったら、
前々からのファンや読者の方は購入してくれるかもしれないが、
映画監督の声をかけてくれた人は一度しか会ったことのない人だから、
まず買ってはくれなかっただろう。
無料にすることで多くの人の目に触れ、
思わぬ人から自分にとってプラスになる¥話が舞い込んでくる可能性がある。
これぞ本当の「マネタイズ」だと思う。

「かさこマガジン1」にしても「かさこマガジン2」にしても、
無料で送付することで、まったく新規の出版社から仕事が入ってきたりして、
金銭的なメリットにもつながっている。

短期的なマネタイズをすると広がりがなくなる。
有料メルマガを「アルファブロガーとか言われてた人のメルマガって、
一線退いた芸能人のその後のディナーショーみたいなもんでしょ? 嫌すぎるよねw」
とツイッターでコメントした人がいて昨年話題になったが、
目先のマネタイズにとらわれすぎると、思わぬチャンスは得られない。

いや一線退いた芸能人ならそれでいいんです。
でも若くして短期的なマネタイズばかり考えていたら、それ以上の成長はなくなってしまう。
みなさんはそれでいいんですか?と思うわけです。

私の場合は、ブログやかさこマガジンは自身の営業ツールとわりきって、
そこで金をとることなんて考えていない。
編集、執筆、撮影というスキルを活かして、
いろんな仕事をしているから、そこでしっかり稼ぎ、
そこで稼いだお金をセルフブランディングのために投資する。
無料でブログやマガジンを“ばらまき”、
その内容がよければ、いろんな人の目にふれることで、いろんな人と出会えたり、
映画監督のようなおもしろい話が舞い込んできて、
金銭では表せないかもしれないけど、はるかに自分にメリットになる。

そこでまた自分の活動範囲が広がったり、
知識や経験が広がったりして自分が成長し、
そのアウトプットとしてブログやマガジンを出して、
またそこから新たな人の目に触れるという、いいプラスのサイクルができている。

お金にするのは大事なことだ。
お金がなければ生きてはいけない。
でも自分のすべての活動をマネタイズしようとするがために、
チャンスや成長をふいにしているなら、
自分への投資とわりきって、マネタイズを考えないお金を使うだけの活動もした方がいい。

投資をしないでマネタイズしようとするから、小っちゃくまとまっちゃうんだ。
小っちゃくまとまって継続的に安定収入が得られて生きていけるなら、
それはそれで理想だが、そういうのは得てしてジリ貧になる。
特に若いうちは小金を稼ぐことばかり考えてないで、
金を払ってでも経験を買ったりする方がいいんじゃないかなと思います。

というわけで年明けに「かさこマガジン4」を希望者に無料で送ります。
今、何部ぐらい刷るべきか計算中ですので、
欲しい方は遠慮なさらず、お早めに申し込みください。
その方が私にとっても助かります。
増刷はしないつもりだし、まとめて刷った方が安上がりだし、
年明けに一斉配送した方が手間が省けるので。

ちなみに「かさこマガジン1」「かさこマガジン2」は全部配りきって在庫は完全なし。
「ああ、あの時、希望しておけばよかった」といっても時すでに遅し。
※PDFでネットには公開してます。

「かさこマガジン3」は残り数百となった。
「かさこマガジン」の若い号から持っていれば持っているほど、
あとで「俺はこんなに早くからかさこさんに目をつけていた!」
と自慢できる日がくると思いますので。

・かさこマガジン申込み先
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
※過去にマガジン希望のメールを出している方で、
住所変更、希望部数変更の方も上記メールまで変更先をメールください。

<お知らせ>
・2014/1/25映画「シロウオ」前売り券販売開始!当日券より500円OFF!
http://atnd.org/event/E0021290

Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2013-11-12 01:03 | 働き方


<< 日本のサラリーマンは社畜でなく...      消費者が違いがわからなければ偽... >>