2013年 12月 12日
ネットの写真は勝手に使っていいって思ってる人多いんじゃね~昆虫図鑑のトレース疑惑に思う
「えっ、これ、かさこさんが全部撮影した写真なんですか?」
講演の際に説明するスライドにあった写真を見て、ある人がこんな発言をした。
私はその意味する言葉がわからなかった。
だって他人の写真を勝手にパクって使うのって基本的にまずいだろうし、
というかそもそも私はカメラマンだから、自分で撮った写真を使うのが当たり前だし。

思い返せば、無料のミニ写真集「かさこマガジン」を見せても、
ホームページやブログを見せても、時々そんな感想をいう人がいる。
「えっ、これ、かさこさんが全部撮影した写真なんですか?」と。

「はい、もちろんそうです。自分が写っているプロフィール写真以外は」と答えると、
意外そうなリアクションをする。

なぜそんな当たり前のことを聞くのだろうと思ったのだが、
もしかしてカメラマンでもなければ、編集者でもない一般の人は、
ネットにアップされている写真は勝手に転載しようが、
何に利用しようがOKだというのがむしろ今の「常識」なのではないかと思い至った。

現役大学生が昆虫の交尾しているイラスト集を出版したのだが、
そのイラストの多くが昆虫写真サイトにある写真と、
そっくりだということで問題になっている。

写真を見てそのままそっくり写したトレース(模写)疑惑を画像を撮影した人が指摘。
著者は写真を見ながら描いたことを謝罪したが、出版社はトレースを否定している。

この件について、著者に対しても出版社に対しても、
「写真をパクってトレースして本にするなんてけしからん!」
という人がいっぱいいて、それはそうだと思うんだけど、でもどうだろう?
ネットにある写真を拝借してブログやSNSにアップしたり、
仕事の資料とかに使ったりしてないのだろうか?

「商用じゃないし、それでお金をもらったりしてないからいい」
というのかもしれないけれど、手間暇かけて撮影した写真が、
さもわが物かのように勝手に使うのってどうなんだろう。
トレース疑惑の著者や出版社と五十歩百歩なんじゃないと。
せめて拝借したサイトのURLぐらい記載してほしい。

私もごくごくまれにメディアのニュースで使用されている画像とか画面キャプチャを、
使うことはほんとまれにあるが、画像元のURLは記載し、
自分が撮影したものではなく、拝借先を明記するようにしている。
でも個人が撮影したものとかを拝借することはないし、
どうしても使いたいと思う場合は連絡して許可をとる。

でもデジタルデータになっちゃった写真で、
ネットにアップしてあるものはもはやどうしようもなく、
勝手に使っても構わないのが当たり前でしょって考える人って、
実は結構多いんじゃないか。

今回のように本にまでなり、それで対価を得ているから、
バレちゃったんだろうし、そこが批判されている要因だと思うんだけど、
撮影する立場でいえば、断りもなく勝手に使われるのは、
商用だろうが何だろうが、イヤだよねとは思う。

ちなみに以前に私の写真ほか、いろんな人の写真をぱくって、
旅行記を書いていた個人ブログがあり、
ブログ読者から盗用されていると訴えがあり、
コメント欄に書き込んだり、ブログ運営会社にメール送るも対処しなかったので、
ブログでさらしたら、少し時間がたってから、
本人から猛省とお詫びのメールがきて、その記事を取り下げたことはある。
バレないと思っていても意外とバレるもんです。

ただイラストやマンガを描く際、いろんな物や背景を描くのに、
自分で実際に現場に行って写真を撮るには時間的にも金銭的にも限界があるので、
人の写真を参考にして描くというのはあるし、そういうニーズがあるからこそ、
私が13冊、出版している「背景ビジュアル資料集」のような写真集が存在する。
e0171573_230215.jpg

一応この背景ビジュアル資料集は「素材集」ではないので、
写真をスキャンして写真として使うのはNGだけど、
トレースして「絵」として使うことはOKとなっている。

今回の昆虫図鑑の件はすぐにバレてしまう特異な写真だし、
それを出版して販売したから、こういう事態になってしまったんだろうけど、
実は多くの人は多かれ少なかれ、「ネットの写真って勝手に使っていいんじゃね」
って思っているのではないか。
ただそれを取り締まるのも限界があるよなという現実もある。
ネットの登場でこれまでの常識が常識じゃなくなっているのを、
すべて過去の常識にあてはめるのは限界があるし、
でもなんでもOKになってしまうとどうしようもないし、
よほどひどい利用でない限りは仕方がないのかなと思っている。
せめてネットで画像を拝借するなら、拝借先のページ名とリンク先を明示してほしい。

ネットに写真アップしなきゃいいという人もいるけど、
写真をアップしたことで仕事が入ってきたりとか、
多くの人に見てもらえるとかメリットも大きいので、それはナンセンスかなと。

※私のサイト内にある写真をブログやSNSで使用し、
写真:かさこ http://kasakoblog.exblog.jp/
という表記とURLを入れて紹介していただけるのであれば、
写真を使っていただいても構いません。
ただし転売や商用は固くお断りします。
商用利用の場合は、ご相談ください。

・写真貸出について
http://www.kasako.com/fotorental.html

<拙著背景ビジュアル資料集>
・「工場地帯・コンビナート

・「奇観建築・王宮・産業遺産・廃墟

・「ヨーロッパの邸宅・宮殿・教会

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・好きを仕事にする方法を
解説した無料冊子「かさこマガジン」希望の方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon



by kasakoblog | 2013-12-12 23:00 | ネット


<< ドキュメンタリー映画「シロウオ...      音楽ライブが無料!そのワケはア... >>