2014年 04月 25日
ブログで稼げるので妻子がいるのに会社を辞めましたインタビュー
e0171573_10364612.jpg
「専業主婦の妻と今度幼稚園に入学する娘がいますが、
ブログで稼げるので2013年末に会社を辞めました」
と、先日参加したイベントで驚きの発言をしたのは、
「オレガジェット」というサイトを運営するオカベテルマサさん、35歳。

私はブログのアフィリエイトだけで稼いでいくのは無理ゲーだと思っている。
アフィエイトを否定はしないが、今はよくても、先行きどうなるかわからない。
しかし妻子もいるのに会社を辞めるとの決断をしたのは、
きっと何か勝算なり独自の戦略なりがあるに違いないと思い、
2014年4月24日にインタビューした。

1:会社の仕事がバカらしいと思える報酬体系
オカベさんは高校卒業後、映像系の専門学校に通った後、
フリーターや契約社員などを経て、2008年(29歳)の時に正社員になった。

「いつまでもプラプラした生活をしているわけにはいかない」
「今の仕事はどうしてもやりたいことではない。
30歳を前に今後の人生を考え、やりたいことを仕事にしよう」と思い、
前々からやりたいと思っていたグラフィックデザイナーの勉強を半年間して、転職活動にのぞんだ。
29歳の未経験を採用してくれる会社はほとんどなく、転職活動は厳しかったが、
印刷会社がデザイナーとして、正社員で雇ってくれることになった。

給料は20万円台で平日は9時から22時の勤務。土曜日もたまに出勤がある。
とはいえ「はじめの3年間は楽しかった」とオカベさんは言う。
今までの仕事とは違い、やりたいことを仕事にできているからだ。
毎日が新鮮な経験だった。

ただ3年が過ぎて仕事に慣れてくるといろいろな不満が増えてきた。
確かにデザイナーとして仕事をしているが、クリエイティブな要素の少ないおカタイ仕事が多いこと。
年々昇給するという話だったが、2008年のリーマンショックで売上が激減し、
期待するほどの昇給がなくなってしまったこと。
一方で、仕事ができるようになると、印刷物のデザインだけでなく、
Webのデザインや映像の仕事も任されるようになり、仕事量だけは増えていくこと。
転職後、結婚もし、子供も生まれたので、この給料では生活はかなり厳しい。

「仕事量は増えているのに、どれだけ仕事でがんばっても給料が増えない」
そこで何か副業で稼げないかと思ってはじめたのがアフィリエイトのブログだった。

2:会社でがんばるよりブログでがんばれば稼げる!
当初は他人のモノマネではじめてみたがほとんど稼げない。
試行錯誤している中、スマホのアクセサリーに目をつけ、
このテーマに特化したところ、月2万円ぐらいのアフィリエイト収入が入ってくるようになった。
20万円台の給料しかない会社員にとって月2万円の収入は貴重だ。

しかしそれ以上の収入にはなかなかならない。
スマホは大好きだったがアクセサリーに特に興味があったわけではないので、
ブログを更新するのもしんどくなってきて、
毎日の会社仕事も忙しいので、いつしかブログは放置するようになった。

しかしブログを辞めれば収入は減る。
そこでオカベさんは「やるなら本気でやろう!」と、
2012年1月にお金を払って独自ドメインとサーバーを借りた。

ところがサイトのデザインはどうしようかとか、
どんな内容のブログを書こうかなどとあれこれ考えていたら、
なかなかサイトを更新することができず、はじめて記事をアップしたのは7月のこと。
しかもその後もなかなか更新は続かず、
有料でサーバーを借りたのに、2012年は7月と8月にわずか6記事しかアップできなかった。

このままではマズイ。生活もなんとかしたい。
ブログで稼ごうとの気持ちを新たにし、2013年1月に気合いを入れ直して更新をスタートした。

会社員のかたわら、ほぼ毎日のように記事を更新。
はじめの3ヵ月はアフィリエイトや広告収入はなかったが、
2013年4月に約1.5万円、5月に約3万円、8月には約8万円になり、10月には約20万円に達した。
1ヵ月で20万円といえば勤める会社の給料分に近い金額だ。

この時、オカベさんは思った。
「会社でいくら仕事をがんばっても給料は増えないが、
ブログでがんばれば、がんばった分だけ収入が増える」
こうしてオカベさんは会社にいる時もブログを更新するようになった。

社内でブログを更新していることが社長にみつかり、注意を受けた。
その時はすみませんと謝ったが、1週間後、
再び社内でブログ更新しているところを社長に発見され、
今後どうするのか、決断することになった。
会社をとるか、ブログをとるか。

オカベさんの心はもう前々から決まっていた。
このままこの会社で働き続けても、給料は増えず、拘束時間は多く、
家族との時間もとれないし、貧しい生活から抜け出せない。
これを機に独立しようと考え、2013年12月末で退職することにした。

3:ブログだけで稼ぐなんて無謀なことはしない
会社を辞めた翌月の2014年1月は、ブログ収入がなんと前職の給料を超え、
過去最高金額を達成した。
しかしその後、右肩上がりにブログ収入が増えているわけではなく、
やや収入が落ち込んだ月もあった。

ただこの辺はオカベさんもしっかり念頭においていた。
「会社を辞めて主にブログで稼いでいますが、ブログ一本だけで稼ぐなんて怖すぎてできません。
仮にブログからの広告収入やアフィリエイト収入がなくなったとしても、
生活できるよう、収入を分散化させる柱を1つ1つ作っています」

1つはグラフィックデザイナーの仕事。
5年間も印刷会社でデザイナーの仕事を任されていたら、一通りのデザイン仕事はできる。
ブログだけで稼ごうという無謀な人とは違い、
ちゃんとお金にできる手に職のスキルを持っていることが、オカベさんの大きな強みだ。

2つ目はブログ術セミナーやスマホセミナー、ブログやスマホの指導。
といってもブログで稼ぎましょうという内容が主ではなく、
むしろブログで情報発信して、ネット上で存在感を高めて、
個人事業主の宣伝や集客につなげたり、地域活性化につなげようというものだ。

スマホ好きなこともあり、地方のシニア層などに、スマホやタブレットの使い方を教えつつ、
ブログの始め方を教えるなどのセミナーも考えており、すでにいろいろと根回しを始めている。
セミナーの実績を作るべく、無料セミナーも始めた。
またブログの内容が評価され、執筆依頼もきている。

3つ目は農業。
これはすぐにすぐの話ではないが、オカベさんが理想とする生活は、
自然に囲まれた地方で自分たちが食べれる分ぐらいの農業をしながら、
ブログを更新して広告収入を稼ぎつつ、地方の方にスマホやブログを教えるというもの。
子供が小さいうちに、田舎暮らしをさせたいとの思いもある。

日々ブログを更新しながら、3つの柱を育てる準備にも余念がない。

オカベさんが会社を辞めて大事にしているのは家族の時間。
今まで会社勤めの頃は9時~22時は会社にいたので、
妻にも子供にもほとんど会えないが、今は多くの時間を家族と接することができる。
近くの図書館に9時半から17時ぐらいまでブログ更新などをした後、
家に帰り、オカベさんが夕食をつくって、家族とのんびり過ごす。
「会社を辞めて家族でいられる時間が増えたのがうれしい」と話す。

またオカベさんの場合、独立してブログでボロ儲けしたいという発想はない。
家族との時間を大切にしながら、家族が食べていける分を稼げればそれでいい。
「贅沢するほどのお金を稼ぎたいとかいう欲求はないです。
稼ぐためにあやしげなことやあくどいことはしない」とポリシーを持ってやっている。

他人の迷惑をかえりみず、ネットで手軽に稼いで、
ボロ儲けできればいいやみやいな考えは彼にはないし、
また地方出身者にありがちな、ネットで年収何千万円稼いで、
都内で豪遊し、ヒルズに住んで贅沢しないみたいな、おのぼりさん的発想も一切ない。
地に足つけながら、現実をきちんと見て、
でも先行きのない会社生活は決別し、自分で稼げる道を1つ1つ切り開いている。

・・・・
最近、ネット上でのアフィリエイトや広告収入で手軽にある程度は稼げることから、
安易に会社を辞めてブログだけで食べていこうという無理ゲーをする、
無謀な人があまりに多いが、オカベさんのようにしっかりした考えや戦略を持ち、
身の丈にあった生活をしながら、ブログ以外の収入源も確保していくスタイルを参考にしてほしいと思う。

※またオカベさんには、セルフマガジンを作りたい人のために、
デザインを担当してもらおうかと思っています。
かさこマガジンを見て「私もセルフマガジンを作りたい!」という人が多く、
マガジンの中身の作り方や編集的なことは私の方で教えられるので、
セルフマガジン作成セミナーを開催しようと計画中ですが、
デザインは私にはできないので、プロのデザイナーであるオカベさんにお願いし、
みなさんのセルフブランディングに役立つセルフマガジン作成を、勧めていこうと思っています。

・オカベさんのサイト「オレガジェット」
http://oregadget.net/

・オカベさんのもう1つのサイト
http://okabeterumasa.com/

・生き方・働き方ページ
http://www.kasako.com/life.html

<お知らせ>
・5/13スタートのかさこ塾は定員20名に達しましたので申し込みを締め切りしました。
次回、三期生の募集までしばらくお待ちください。

・5/18札幌で映画上映会およびかさこオフ会開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/21851984/

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2014-04-25 10:35 | 生き方


<< バカッターは中学2年生だった~...      残業代ゼロにするなら、定時を撤... >>