好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 05月 17日

声を上げるものを叩き、自分は安全地帯にいて声を上げない人がこの国をダメにする

福島県いわき市の津波被災者から、原発被災者ばかりが優遇されているという話があり、
取材して記事にしたのだが、原発立地自治体の被災者の何人かから、
「原発被災者は事故当時、大変な被曝をさせられ、
今も苦難の生活を送っているのに、
なんだ、あのいいがかりみたいな記事は!」
というお叱りの意見をいくつかいただいたことがある。
「一津波被災者だけの声を取り上げるんじゃない」とも。

「ならばぜひあなたの話を聞かせてください。
原発事故後、どんなことが起きて、
今どんなことに困っているのか、取材をさせてください。
内容によっては記事にしてブログで掲載します」
と返したのだが、一向に返信がない。

だからダメなんだよ。
他の被災者やそれを取り上げたメディアを、
陰で叩くことばかり必死になって、自ら声を上げようとしない。
それで「自分の苦悩をわかってほしい」といわれても、
そんなもん、誰もわかってくれるわけがない。

いや別に私に取材されるのがイヤなら、
自分でブログでもSNSでもはじめて、
福島原発事故のせいでどんな被害を受けたのか、
今どんな状況にあるのかネットで発信して、世に訴えればいいじゃないか。
そうすれば自分はもちろん、社会を良くするきっかけになるのに、
そんなこともせず、声を上げた人間を陰で叩くことにばかりに夢中になる。

そうやって自分の体験や意見を述べた被災者や、
取材をしたメディアを叩けば叩くほど、
こうした声が世にどんどん出づらくなり、
結果、国や自治体や電力会社に問題が認識されないまま、
泣き寝入りする国民が増えることになる。

被害者づらして自分はかわいそうだと、
悲劇のヒロインを気取っている暇があったら、
ちゃんと自ら声を上げるべきだ。
声を上げた他人を批判するなら、
自分が経験したことや自分が感じたことを、
きちんとネットなり何なり自分の意見として発表し、
それをもって反論にかえればいい。

美味しんぼの鼻血騒動でもそう。
私は鼻血に疑問なので自分の体験から意見を書いたが、
ただただ作者をバッシングしたり、風評被害だとわめく前に、
自分で直接経験したことを自分で発表すればいいじゃないか。

逆に「福島で鼻血の人はいっぱいいるから!」と思っている人がいるなら、
自分のブログなりSNSなりで、噂ではなく直接体験を書けばいい。
でもそれはしないで、人の意見だけ叩いたところで真偽は何もわからない。
批判するなら自分の体験したことをもって反論にかえればいいじゃないか。

そうやって一人一人が声を上げれば、
どれがウソの情報でどれがホントの情報かが見えてくる。

別にみんなが記者やブロガーやジャーナリストになれといっているのではなく、
メディアが信用ならない時代だからこそ、ネットで自分の声を上げること。
他人の批判だけをしている暇があったら、
自分の主張なり意見なりを発信すればいい。

自分は叩かれるのは怖い。
自分はいつも高みの見物で安全地帯にいたい。
誰かが声を上げてくれれば自分が声を上げなくていい。
誰かが何か行動してくれれば、自分は自分の生活だけをしていればいい。

そういう他人任せでありながら、
でも自分の気に食わない意見は陰で叩くという、
腐った根性の国民が多いからこそ、
国民は国になめられ、企業になめられ、
ますます社会は悪くなり、生活は苦しくなる。

社会に文句があるなら堂々と自分で意見を発表すべきだ。
他人任せではなく自分で行動すべきだ。
そういう個人が増えていかないと、
右傾化するこの国の未来に待っているのは、
物言わぬ国民を社員という名の社畜化し、
フリーランスという名の家畜化し、
最終的には戦争という名の人殺しをさせる奴隷にされるだけ。

一人一人がぜひ自分の体験したことや意見を、
ブログなりSNSなりで発信すべきだと思う。

他人に文句だけ言って行動しない人間はクズだと思う。

<お知らせ>
・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2014-05-17 20:06 | ネット


<< 心が晴れていれば世界は輝いて見える      もし北海道で原発事故が起きたら... >>