2014年 07月 12日
サラリーマンとフリーランスは仕事の意識がまったく異なることをつくづく痛感
e0171573_1193684.jpg

台風なのになぜわざわざ出社しなくてはならないのか。
スマホやネットがあれば午前中、待機して、
家で仕事をすればいいじゃないか、
みたいなことを記事で書いた時に、
「サラリーマンは台風だろうが出社しなければならない」
というとんでもない時代錯誤な危機管理意識ゼロの、
情けないコメントが寄せられて、あらためてうんざりした。
あんたの仕事は9時~17時で会社の椅子に座ることなんですか?

昔は高度成長で無能な人間でもたいした会社でなくても、
右肩上がりで成長し、一生安泰、給料も上がるという仕組みだったが、
今やはもうそんな時代じゃない。
いつまで時代錯誤な価値観に捉われ、仕事ごっこをしているのだろうか。
そんな意識で働いていると10年以内に間違いなくリストラされるだろう。
低賃金で優秀な外国人労働者に仕事を奪われるか、
ロボットや機械に仕事を奪われるか、
会社そのものがなくなっているかのどれかだろう。

今、バリ島に来ているんだけど、
普通に仕事のメールのやりとりもしている。
ゲラの修正のやりとり、入稿、見積もりの返信、
打ち合わせのアポイントなどなど、
海外に旅行してようが、日本にいる時と変わらないレスの早さで、
仕事を進行させている。

私はまだフリーランスになって2年。
それまで会社員生活は4社15年。
でもすっかり仕事に対する意識が変わった。

会社員時代は絶対に休日や休暇中に仕事はしなかった。
なぜなら平日会社に束縛されていて、
その束縛時間の対価に給料をもらっているのだから、
会社から離れたら仕事するなんてうんざりだと。
会社を出たら仕事のことは一切しない。
休日や休暇中、旅先から仕事するなど論外。
そんな風なスタンスで仕事をしていた。

しかしフリーランスになったら、
会社員時代の非効率的な仕事ごっこをしていたことを、
我ながら恥ずかしくなった。

オフィスにさえ行けば仕事をしていることになり、
オフィスから離れたらもう仕事はしないという、
上記で批判した、台風だろうが出社しなければならない社蓄と、
五十歩百歩しか変わらない程度の人間だったのだ。

フリーランスになって2年もたつと、
社蓄時代とは違って仕事のありがたみや、
仕事への重みが十分理解できるから、
バリ島にいようが石垣島に家族旅行してようが、
休日だろうが休暇だろうが、やるべき仕事はする。
なぜなら台風でも定時に行けば金がもらえるお気楽なサラリーマンとは違い、
実際の仕事をしない限りフリーランスはお金をもらえないからだ。

定時に行くことが仕事。
会社に決められた時間内にオフィスに行き働くこと。
それはフリーランスで仕事をするという意味で、
はっきりいって何の意味もない。
そんなんでお金をもらえる甘い世界ではない。
オフィスに行こうか行くまいが、日本にいようがいまいが、
定時に出社しようがしまいが、仕事を実際に進めること。
それが何より大事。

だからバリ島にいても空き時間を使って、
仕事のメールのやりとりを普通にしている。
旅行は旅行で存分に楽しむけど、夜ホテルに帰ってきたら仕事をする。
何の不思議なことでもない。

でもサラリーマン時代はまったくこの意味がわからなかった。
私が提供しているのは会社への拘束時間であって、
拘束から解き放たれて仕事するなんてばからしいと。
なんて仕事の中身とは関係ない社蓄丸出しの意識!

昔はそれでも食べていけたらよかったけど、
今はもうそういう時代じゃない。
10年後に正社員が全滅してもおかしくはない。
みんな企業とのフリーランス契約になり、
定時にくるとかこないとかなんか一切関係なく、
仕事の成果でシビアに判断される社会がやってくる。
いわば一億総完全歩合制社会だ。

台風だから出社してえらいでしょ、
という仕事の中身と関係のない人間は淘汰される。
会社の命令ではなく、自分の頭で、
いかに仕事を効率的効果的に行うかを考えられる人間だけが生き残る。
もうそういう時代になっているんです。

いや別にフリーランスがどうの、
サラリーマンがどうのということはなく、
サラリーマンでも仕事ごっこではなく、
個人ブランドを意識し、きちんと仕事をしている人はいっぱいいる。
でも社蓄意識丸出しの会社に行けばそれでいいという、
無能な人間の給料を払うために、
意識の高い仕事のできるサラリーマンが搾取されている。
社内に給料泥棒社員いるでしょ、きっと。

いい加減、目を覚まさないと、10年後に大変なことになると思うけど、
でも会社の命令なら非合理的なら何でもするという腐った人間は、
国にとっては使いやすいとっておきのカモだ。
そう、会社にしがみついて落ちぶれてしまって、
路頭に迷った人間こそ、戦争という名の最大の公共事業に、
駆り出すにはうってつけの人間だからだ。

台風だろうが原発が爆発しようが、
電車が大幅に遅延していようが、会社に特攻する社蓄こそ、
国のために人殺しの手先になる絶好の人材なのだ。

今、日本が急速に右傾化し、軍国主義化に傾いているのは、
自分の頭で考えられず、会社の命令なら絶対服従してきたのに、
その見返りがもらえず、むしろリストラされる対象になれない、
落ちぶれた社蓄の危機意識が、今度は企業ではなく国の庇護を求めて、
何でも言うこと聞きますから給料くださいという人間が、
急速に増えてきているからに他ならない。

でもそうならないように、
会社への依存から国家への依存に切り替わるのではなく、
自立してお金が稼げるよう、
仕事の仕方や進め方を自分でしっかり考えた方がいいと思う。

・“負け組”から右傾化・カルト思想が生まれてくる~元オウム・上祐氏の話
http://kasakoblog.exblog.jp/20573644/

・スマホ時代の働き方~定時しばりの意味のなさ
http://kasakoblog.exblog.jp/18304569/

・「正社員全滅時代を生き抜くセルフブランディング術」
「好きを仕事にするブログ術」講演再録DVD販売中
http://kasakoblog.exblog.jp/20700792/

<お知らせ>
・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布!3500部増刷しました!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2014-07-12 01:21 | 働き方


<< 3時間ごとの天気予報を活用せよ...      羽田空港の国際線ターミナル内に... >>