好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 08月 02日

半沢直樹続編「銀翼のイカロス」おもしろかったけどパターン化してきたかも(ネタバレ注意)

テレビドラマで世間をあっと言わせた痛快ドラマ「半沢直樹」は、
とっても中途半端な形でテレビは終わってしまったが、続編は本で読める!

テレビの続きは「ロスジェネの逆襲」を読めばよいのだが、
さらにその続きである「銀翼のイカロス」が8/1に発売!
早速読みましたが、期待を裏切らず、とってもおもしろい内容でした!
テレビの半沢直樹を見ておもしろかった方は、本で続編を読むとよいと思います。

ここから「銀翼のイカロス」のネタバレ注意

・・・・・

おもしろかったはおもしろかったし、
あっという間に読み終えたのだが、
正直にいうともうちょっと予定調和的になってきたというか、
ワンパターン化してきたかなとの懸念もある。

半沢直樹が今までよりすごく窮地に追い込まれた感があんまりなく、
結構さらっと切り抜けてしまう印象で、
なんとなく読んでいて「どうせ切り抜けちゃうんだろうな」
みたいな安心感が生まれてしまう。

またなんとなくこれまでとパターンが同じで、
結局は「敵」となる行内派閥のドンの不正融資で最終決着、
みたいなのも、今までの話と似たような繰り返しなのかなと思わなくもない。

ただ今回は政権交代とJAL破綻をテーマにしているところが今までとは違い、
政治家がらみのありそうな権力闘争や腐敗の絡みの中で、
どう半沢直樹が立ち回っていくかという意味ではおもしろい。

ただ正直、今回のは半沢直樹が活躍したというより、
いろいろな立場の人間がそれぞれの立場で、
自分の利益になるよう最適に動いたらこうなっちゃいました、
という感じにも見えなくもない。
結局は「敵」が一枚岩でなかったことが、
彼らの敗北だったような気がする。

とはいえ半沢直樹節は炸裂でおもしろいことはおもしろいです。
前述の通り、半沢直樹の活躍というより、
航空行政をめぐる政治家の動きみたいなところが、
今回の一番のおもしろいところなのかなと思います。

「銀翼のイカロス」
「ロスジェネの逆襲」

・半沢直樹に学ぶ。昇進至上主義の愚かさが日本をダメにする
http://kasakoblog.exblog.jp/21010137/

・元金貸しから見るドラマ半沢直樹
http://kasakoblog.exblog.jp/21006050/

・日本に半沢直樹が足りない~おかしなことはおかしいと言うべき
http://kasakoblog.exblog.jp/20920160/

・ドラマ半沢直樹に見る、夫の力量は妻で決まる
http://kasakoblog.exblog.jp/21105517/

<お知らせ>
・8/7、サンクチュアリ出版にて
「好きを仕事にするセルフブランディング術&ブログ術」講義開催。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=824

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布!3500部増刷しました!
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka


by kasakoblog | 2014-08-02 13:42 | 書評・映画評


<< 意味もなくディスカウント要求す...      会社の人へのお祝いプレゼント強... >>