好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 10月 01日

どれだけ技術が進歩しても問題意識のない企業や人間に進歩はない~西友レジの行列問題

10年前、20年前と違い、ネット環境とかデジタルデバイスとか、
様々なものが進歩し、ものすごく便利な社会が実現できるはずなのに、
それを使いこなして世の中をもっと便利にしようとか、
無駄をなくそうとか、そういう発想が人間にない限り、
どれだけ技術が進歩しても社会に進化はない。

スーパーの西友鶴見店の話。
西友鶴見店は地下1階と1階の2フロアが食品売り場になっており、
どちらのフロアでお会計してもよいことになっているのだが、
時間帯によってレジの込み具合が極端に違う。

昨日は夜20時過ぎだったせいか、お惣菜などがある1階のレジ3~4台に、
7~8人の大行列ができていて、
「これは地下1階のレジの方が早いな」と、
1階で私がほぼ毎日食べ続けているポテチを買い込み、地階1階の食材が多いフロアに行くと、
レジはほとんど並んでいる人はおらず、すぐに会計ができた。
レジを済ませて1階に上がるとまだ大行列。

なぜこんなバカげたことをするのだろう。
昼間の時間帯は地下1階で食材を買い込んで調理する主婦の方が多いから、
地階1階に人員を増やせばよく、
夜の時間帯は仕事帰りの人が多く、これから料理を作る人より、
惣菜や弁当などを買って済ませる人が多い傾向があるのだから、
1階に人員を増やせばよいのに、いつまでたっても改善をする様子はない。

今時、多額の投資をする必要はなくても、
1階と地下1階のレジの様子は、デジタルデバイス使ったりすれば、
互いに簡単にわかるわけで、連絡しあって、
暇な地下1階のレジの人が1階に行けばいいだけの話なのだが、
たったそれだけのことができない。

何もこの話は昨日に限った話ではなく、2年前にも同様の記事を書いていて、
西友のお客様相談室に連絡したのだが、返信もなく、
その後もまったく改善する気もない。
いつも行く度に行列ができていると「ああまたか」という感じで、
自分で時間帯を見て、空いているレジのフロアに行くようにしている。
その方がはるかに早い。
たまに両方のレジが混んでいることもあるが、
だいたいはどちらかのレジが極端に混んでいることが大半だ。

客も客で何度もこの店に来れば、
どの時間帯がどっちのレジが混んでいるかわかりそうなもので、
アホみたいに7~8人も並んでいる行列に並ばなくても、
1つフロアを降りてさっさと会計済ませればいいわけだけど、
たったそれだけのことができない。

行列って時間の無駄じゃないですか。
どっちのフロアでお会計してもいいのに、
片方のレジががらがらで店員が暇そうにしていて、
片方のレジが大行列でてんやわんやしているなら、
店員をシフトすればいいだけの話。
これだけデジタルデバイスが進化し、
いろんなことがそれほどお金をかけなくてもできる時代になっても、
時間の無駄をなくそうとか、客を効率的にさばこうとか、
そういう改善意識のない人間が多い限り、
どれだけ技術や機器が進歩しても問題は解決しないんだなとしみじみ思う。

未だにメールで連絡すればいい話を、
わざわざ電話してきて、逆に連絡がとれないとか、
整理券配布すればいいだけの話なのにわざわざ並ばせたりとか、
意味不明なことが行われているのは、技術を使う側の人間に進歩がないからだろう。

人生に無駄は必要だと思うけど、しなくてもいい無駄が多すぎて、
でもそれは今の技術や機器があれば簡単に解決できるはず。
そうしれば企業側もコスト削減や売上アップにつながり、
客側も無駄な時間の削減や待たされてイライラすることもないわけで、
双方にとってメリットがあるんだから今の技術を使えばいいのにと思う。

そういえば寿司チェーン店のアルバイトが、
ハサミを天ぷらにした写真をネットに載せて炎上しているらしいけど、
スーパーしかり飲食店しかり、コスト削減のために、
社員を使わず、社員が店をしっかり見る余裕もなく、
アルバイトやパートを教育せず、効率的な対応や客への接客をちゃんと教えず、
ほったらかしにして安い給料でやらせているから、せっかくの技術をいらんことで使ったり、
片方のレジが暇で片方のレジが行列していようが、そこに問題意識を感じる人間もいない。

安い給料でバイトやパート任せにするから、
かえってアホなことされたり、客の対応が悪かったり、
要領が悪かったり効率が悪かったりして、
かえってコスト増になっているという問題に気づかないのだろう。

どれだけ技術や機器が進歩しても、
やる気のない、向上心のない企業や人間によって生み出される問題は、
何も改善される傾向はないようだ。

2年前にも西友に問い合わせて何の返信もなく、
未だにバカげたレジ対応しているわけだが、もう一回、問い合わせてみよう。
客に聞く耳がある企業かどうかはわからないけど。
まあ仕方がない。
鶴見駅前は競合がなく、西友の一人勝ちだから殿様営業ができるのだろう。

※2014/10/1 13時追記
2年前と違い、西友のお客様相談室よりメールがすぐにきて、
「指摘店舗への指導を行い、スムーズなレジ運営をします」
といった趣旨の丁寧なメールをいただきました。

<お知らせ>
・好きを仕事にするセルフブランディング術&ブログ術=かさこ塾四期生募集開始。
20名限定。現在19名申込。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

・セルフマガジン「かさこマガジン4」無料配布中。
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


by kasakoblog | 2014-10-01 01:03 | 一般


<< 社員が会社を辞めるのは自由なの...      死ぬまでに行きたい世界の絶景1... >>