2014年 11月 12日
不言実行はかっこよくない。言いふらした方が夢は叶う
今まで不言実行がかっこいいと思っていた。
不言実行とは、何も言わずに実行すること。
目標なりやりたいことを周囲に言わず、自分の胸のうちにだけ秘めておいて、
それが実現した時にだけ周囲に言えば、「すごい!」という話になる。

でも不言実行にするのは「すごい」と思われるためだけではない。
言わなければ失敗しても恥ずかしい思いをしなくて済むからだ。

例えば「私は本を出したい!」と周囲に言いふらしているのに、
実現できなかったら「あいつは口だけだ」と思われてしまう可能性があり、
みっともないし、恥ずかしい。
でも「本を出したい」という夢を人に言わなければ、
本が出せなくても恥ずかしい思いをしなくて済む。

だから不言実行。
ようは自分で逃げ道を作っているだけなのだ。

でも周囲に言わないとしたいことの実現確率はぐんと下がる。
なぜならこの人が何をしたいのかわからないから、手伝いようがないからだ。

逆に実現できるかどうかはわからないけど、
周囲に「こんなことをしたい!」を言いふらせば、
「それならこんな人、紹介してあげようか?」とか、
「それならこんな情報あるよ!」と教えてくれる人が出てくる。
周囲に言うことで、情報が集まり、実現確率が高まっていくのだ。

そうはいっても言うのは恥ずかしいし、
失敗したらかっこいいと思う人は多いだろう。
私も以前はそう思っていた。

でもね、私も最近気づいたけど、それって自意識過剰なだけだから。
はっきりいって人は他人のことをそんなに気にしていない。
言っていたことが実現できなかったとしても、
それをわざわざ指摘してくれる人なんてごくわずか。
多くの人は「ああ、そういえばそんなこと言ってたね」ぐらいの感覚だと思う。

だから恥ずかしいとか失敗したらどうしようなんて気にせず、
どんどんしたいことを言えばいい。
「100人に夢を話せば叶う」とよく言うけれど、それってホント。

そこで大事になるのが相手への伝え方だ。
自分は何をしたいのか明確に相手に伝えることができるかどうか。
昨日、好きを仕事にするセルフブランディング術
&ブログ術実践編=かさこ塾4期の最終回の授業があり、
塾生に3分間プレゼンをしてもらったのだが、
自分のしたいことを伝えるのが、いかに難しいかを目の当たりにした。

不言実行ではなく、したいことを言いふらすためには、
自分の中で自分がしたいことが明確になっていて、
それをシンプルで端的にわかりやすく伝えていくこと。
それができれば夢の実現は早い。

しかも今の世の中便利になったのは、
リアルで言いふらすだけでなく、ネットを使い、
ブログやSNSでこういうことがしたい!と、
多くの人にアピールできるようになったことだ。
しかもリアルで話すとの違い、文章なら何度も書き直せる。

リアル=対面で自分のしたいことを言いふらすことももちろん重要だけど、
ネットを使えば、威力は2倍、3倍、ひょっとすると10倍ぐらいにもなる。

不言実行なんて今時かっこわるい。
失敗した時のための逃げ道でしょ。
リアル、ネット双方を駆使してしたいことをどんどん発信していくことが、
夢の実現のはじめの一歩だと思う。

・4期生受講者の感想
http://ameblo.jp/yuko-brandnew/entry-11951323050.html


・セルフマガジン「かさこマガジン」無料配布中。
かさこマガジン希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。

・以前にマガジンを希望した方で、住所を変更している方は、お知らせいただければ幸いです。
年末に最新号をお送りいたします。

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

・Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon
(有料メルマガに頼らない私の方法 http://kasakoblog.exblog.jp/18718552/


by kasakoblog | 2014-11-12 09:53 | セルフブランディング


<< フリーのクリエイターがジリ貧に...      かさこマガジン5は11月末に完... >>