好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 21日

イスラム国とつまようじ男の共通項に見るYoutubeの可能性

一見、関連性のないこの2つに共通することとは何か。
犯罪行為をYoutubeに投稿していることだ。

スーパーの菓子につまようじを指すなどの行為をした19歳の男は、
これらの行為をYoutubeにアップしていた。
またイスラム国は日本人人質の殺害予告メッセ―ジをYoutubeにアップした。

えっ、イスラム国までYoutubeなのか?と驚いたのだが、
万国共通の動画メディアプラットフォームとして、
Youtubeの認知が高まっているかがよくわかる。

今までだったらね、犯罪者は自分で録画した動画を、
メディアに送りつけるぐらいしか方法はなかったわけ。
でもメディアが取り上げてくれるとは限らない。

でもネットのおかげで今や自分の主張を、
瞬時に、無料で、ある意味ではほとんど検閲なく、
全世界に発信することができるようになった。
つまようじ男にしてもイスラム国にしても、
その使われ方が犯罪行為なので残念ではあるものの、
Youtubeがいかにすごいメディアかがわかるだろう。
テレビが「Youtubeの映像より」って映像を流している時点で、
テレビって終わったなと思うわけだけど、
メディアの情報源すら今やYoutubeになっている。

ただね、Youtubeで稼げるYoutuberになろう!なんて、
金目当てのアホな幻想は捨てた方がいい。
Youtubeもアフィリエイトもそうだけど、自分で報酬設定できず、
他者に報酬ルールが握られている、
他人のふんどしで相撲とるみたいなことしてると、
ルールを変えられたら一挙に収入はガタ落ちなわけ。

動画広告レートが急に落ち込む 収入「激減」にユーチューバー嘆く
http://www.j-cast.com/2015/01/09224990.html

YouTuberが儲からなくて大変らしいですね
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20150119-00042372/

だから金儲けのためにYoutubeを使おうという発想はやめた方がいいけど、
本来なら一生、注目されなかったであろう、
つまようじ男が日本全国に注目されるようになったのは、
Youtubeのおかげだといっていい。
そのぐらいYoutubeには可能性がある。

ただツイッターにアホな投稿するバカッターと同じで、
犯罪行為で悪目立ちしようというのは、
一生を棒にすることにもなりかねないのでやめておいた方がいい。
そんなことより、自分が好きなことや自分の伝えたいことを、
文章や写真で伝えられないのならYoutubeを使えばいい。

もちろん膨大な動画投稿数の中で注目されるのは至難の技だが、
何もしないよりYoutubeにアップしておけば、
何らかのチャンスが生まれるかもしれない。

そんなこともあって私は昨年からYoutubeに力を入れている。
現時点でそれほどチャンネル登録者数も多いわけではないし、
再生回数だってたかが知れているのだが、
私が投稿した動画でテレビ局から番組で使いたいと、
問い合わせがあったりもした。

※問い合わせがあったのは、川崎鶴見臨港バスの暴走動画

https://www.youtube.com/watch?v=ip4bW7WsKzE
ちなみに依然として川崎鶴見臨港バスの赤信号無視は続いている。

誰がどこで見ているかもわからない。
無限の可能性があるのがYoutubeといえるのではないか。

だからね、つまようじとか殺害予告なんかじゃなく、
悪目立ちしなくていいから、再生回数が少なくてもいいから、
人のためになること、人をおもしろがらせる動画をアップしたら、
自分のブランド力アップにつながり、人生、楽しく幸せになれるのに。

ブログが登場した時に一億総ジャーナリスト時代なんて言われたけど、
Youtubeが登場して誰もがみな「自分テレビ局」を持てる、一億総テレビ局時代がやってきた。

ぜひ動画で表現した方が伝わることは、Youtubeにチャンネル作って、
アップしていったらいいと思う。

それにしても思うのは、犯罪行為をYoutubeに投稿したら、
そこから発信元や発信者の特定などして、
犯罪者の取り締まりに役立たせることできないのかな?

・かさこYoutubeチャンネル:ぜひチャンネル登録を
https://www.youtube.com/kasakotaka

<かさこマガジン5について>
人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送いたします。
※以前にマガジンを希望した方で、住所を変更した方は、お知らせください。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-01-21 19:52 | ネット


<< バラナシ・ガンジス河・ガート(...      あなたが何ができて何が好きなの... >>