2015年 02月 20日
「私は裏方でいい」は逃げ。旗を掲げ、表に出る勇気と覚悟を持て
日本人の特性なのだろうか。
みんながみんな「どうぞどうぞ」と言わんばかりに、前に出るのを恐れている。
表に出るのはイヤ。リーダーになるのはイヤ。
メディアに出るのはイヤ。前に出るのはイヤ。
自分の情報を開示するのはイヤ。自分をアピールするのはイヤ。

私は裏方でいい。
私はリーダータイプじゃない。
私は表に出るタイプじゃない。
私の名前なんか出さなくていい。

でもそんなんじゃダメだと思う。
だって、そんなの、ただの責任逃れでしょ。
仕事や活動に責任を持っていない証拠。

名前を出したくないとか、
一番先頭になってやりたくないとか、
ようは責任逃れの逃げ道を残しておきたいということでしょう。

それに出る杭は叩き潰されるから怖い。
批判されるのが怖い。
目立つと周囲から批判されるからイヤだ。
だから私は名もない裏方でよく、
誰かを表に出させることで、批判の盾にしているだけ。

いや誰かが表に出ている人がいるなら、
その人を全力で支えるサポーターになればいい。
でも実際はそうじゃない。
自ら名乗り出る人を「あいつは目立ちたがり屋だ」
「あいつは売名行為をしたいだけ」と陰口を叩き、
裏方どころかリーダーの足を引っ張りする。
何かあったら「あいつが責任者だ」と自分の責任を放棄する。
「私は言われた通りにやっただけ」と逃げる。
誰かがやってくれればよくって、でも自分はやりたくない。
そういう人間が増えれば増えるほど、組織も仕事も社会も腐っていく。

実は私も昔はそうだった。
絶対にリーダーとか表に出るとかそんなのイヤだった。
だって面倒くさいでしょ。
だって批判されるでしょ。
だから「私はリーダータイプじゃない」だとか、
「私は裏方タイプだ」と言い訳して責任を回避し、
でも表に出る人間の悪口を言っている最低の人間だった。

でももうそんな逃げの裏方意識では、
厳しい時代を生き残ってはいけなくなる。
自分がしたいこと、できることの旗を掲げ、
ネットなりリアルなりで堂々と発信し、
活動していくことが必要な時代になった。

自分ならこうした方がいいと思っていることがあるなら、
自ら名乗りでて、責任を引き受け、リーダーになればいい。
向き・不向きの問題じゃない。
誰かがやってくれるのを待つんじゃなく、おまえがやるんだよ。

誰もが社会の成員として、個人力で生きていく時代。
自らの情報を公開し、自らの顔をさらし、
自らのプロフィールをさらし、自らの年齢をさらし、
自分がしたいこと、できることをネットやリアルで発信する。
それは何も相手を無視した押し付けや押し売りやでしゃばりとは違う。

自分が自分のプロデュースをして、自分で自分を商品化し、
自分を世に売り込んでいく。
誰もが表舞台に出て社会での役割を演じなければならない。
たとえ舞台裏にいたとしても、自分はこういう人間だと、
ちゃんとアピールしなければならない。

「私は裏方でいい」という逃げの意識は捨てて、
自分が自分の人生の舞台の主役であることを意識し、
自分で舞台に出て自分でスポットライトをあてて、
他者に自分がどんな人間なのかをアピールせよ。

たとえ社会での役回りは「主役」じゃなく、
「脇役」だったり「裏方」だったとしても、
個人名刺を持ち、個人ブログを持ち、個人ホームページを持ち、
セルフマガジンを持ち歩き、
「私はこんなものです」と自分で自分を紹介していく。

それでもし誰かがあなたのことを評価してくれて
「ぜひ舞台の上に立ってください」と言われたら、
「いえいえ、私なんて・・・」みたいな、
ほんとどうでもいい謙遜なんかしてないで、
「いえいえ、まだ私はそんな実力はないんです・・・」みたいな、
努力を放棄する安全策をとる逃げをするんじゃなく、
堂々と舞台の上に立って全力を尽くせ。

人生にそんなチャンスはない。
せっかく声をかけてもらった時に、
いらぬ謙遜からチャンスを逃しているようじゃ、
したいこともできないし、人生つまらないまま終わってしまう。

いつまでもウジウジしてるんじゃない。
自分の仕事なり活動なりに勇気と覚悟と自信を持て。
自分のしていることに社会的使命があるなら、
自分のしていることに立派なビジョン=理念があるなら、
その旗をみんなの見えるところに堂々と掲げ、
失敗してもいいから、堂々と出るとこ出ろ。
何も怖いことじゃない。むしろ楽しくなる。
毎日が充実した日々になる。

まずは自分がしたい活動の旗=ビジョンを掲げろ。
旗を掲げれば、手伝ってくれる人が必ず現れる。
旗を掲げたら、毎日ブログで情報発信せよ。
それがあなたの活動のストック=資産になるし、プロモーションにもなる。

政治家が悪いという前に一人一人の意識と行動が変わらなければ、
政治も社会もよくなるわけがない。
暮らしやすい社会になるわけがない。

旗を掲げて表に出る勇気と覚悟を持て。
大人なら責任を放棄するな。
一歩踏み出せば、今までとはまったく違った、
おもしろくて輝かしい未来がある。
だから裏方でいいという逃げの意識を捨てた方がいいと私は思う。

<かさこマガジンについて>
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送いたします。
※以前にマガジンを希望した方で、住所を変更した方は、お知らせください。


かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽にフォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-02-20 00:16 | セルフブランディング


<< とろろ飯が食べ放題の店!浅草む...      4/25に福岡で「好きを仕事に... >>