2015年 03月 23日
ルミネCMに思う。自分に信念がないから他人の評価に振り回される
セクハラ、パワハラ全開のルミネCMが、
Youtubeで公開したものの大炎上し、
またたく間に削除、謝罪にすることになった。

批判の多くは「女性差別だ!」「女性蔑視だ!」とのことだが、
私がこのCMを見て感じたのは女性を差別しているのではなく「容姿差別」。
CMに出てくるセクハラ・パワハラ男は、
かわいい女の子は誉め、かわいくない女の子はけなしている。
つまり容姿で差別している。

ルミネがなぜこんなCMを作ったのかと推測するに、
女性は外見が大事だから、ルミネでおしゃれな服買って、
見た目のイメージを変えようということなんだと思うけど、
犯罪レベルのセクハラ社員の一言がきっかけで、
変わらなきゃ、だからルミネで買わなきゃ、
という点が大いにまずかったのだと思う。

ルミネが本気でこのCMが悪かった、
多くの人に不快感を与えて本気で謝りたいと思うのなら、
削除、謝罪、とんずら、うやむやにして、
時間がたてば忘れるだろう戦略ではなく、
このCMをちょっとだけ作り変えて、
セクハラ防止啓蒙CMに変えてはどうだろうか?

ルミネCMが描いたように、女性の容姿差別・外見差別は実社会にはある。
相手女性との信頼関係もないのに、男性社員が、
歩きながら堂々と言い放ってしまうその無神経さは大問題だ。
だからそういうことにならないよう、
このCMをセクハラ防止啓蒙CMに変えてネットにアップすればいいじゃないか。
ルミネが本気で悪いと思っているのならの話だけど。

そしたらイメージガタ落ちのルミネは少しは見直されるのではないか。
本気でまずかったと思っていることが、
消費者に伝わるのではないか。
ルミネはセクハラを許さない企業ですとPRすることもできる。
何が悪かったか本気で反省したことがわかる。
でもきっとそんなことはしないだろう。
だって本気で謝っているわけじゃないんでしょ。
炎上したから削除し、謝罪しておけば、
それでいい程度の認識なんだと思う。

ただルミネCMの件で思うのは、
別に女性に限った話でなく、男性もそうだけど、
見た目や服装は大事だし、それによってイメージが変わり、
差別されたり優遇されたりするのはなくならないということ。
それは生まれもった外見のいい悪いという問題ではなく、
化粧や服装やこれまでの生き方や気持ちなどで、
人の印象は大きく変わるのは厳然たる事実だからだ。

もしあのセクハラ男が主人公の女の子と仲の良い友人で、
例えば「もてないんだけどどうしよう?」みたいな相談を受けて、
「もっと明るい印象の服着たらかわいくなるんじゃない?」とか、
「髪型変えた方がきれいになるんじゃない?」とか、
アドバイスする感じだったら、セクハラでもなんでもなく、
とても貴重なアドバイスになる。

ルミネCMがひどいのは確かだし、
セクハラはいけないと思うけど、
ルミネCM叩いて喜ぶだけで終わらず、
この騒動をきっかけに、外見で差別される実社会で生きていく上で、
見た目をよく見せる努力は必要なんじゃないか。

ただ「よく見せる」には他人の評価に振り回されず、
自分がこう思われたいというセルフイメージをしっかり持つことだ。
何がかわいいか、何が美しいか、何が好印象かは人によって違う。
他人の評価に振り回されていたらキリがない。
自分はこんなことをしたいから、自分はこんな風に思われたいから、
こんな風な服装をしているという信念があれば、
例え、あのひどいルミネCMのような男に何か言われたとしても、
傷つくようなことにはならないのではないか。

自分に信念がなく、人の評価ばかり気にしているから傷つく。
自分はこれでいいという信念を持っていれば、
容姿や服装のことをとやかく言われようが、
そんなバカは無視すればいいだけの話だ。
それで仕事上の待遇や評価を変えるようなことがあれば、
セクハラなりパワハラなりで訴えればいい。

自分がこう思われたいというセルフイメージを持ち、
内面はもちろん外見もセルフプロデュースする。
それもセルフブランディングの一環。

自分にやりたいことがないから、他人に振り回される。
自分がこうなりたいという理想がないから、他人に振り回される。
自分がしたいことを実現するんだという、
強い意志がないから、他人に振り回される。

そういう自信のなさは顔や服装や外見や雰囲気に表れ、
だから他人から突っ込まれて傷つく。
自分の信念=したいことがあれば、
表層的な容姿差別も気にならなくなり、
他人にとやかく言われようが気にせずに済む。

自分のしたいことがないから自信がなく、
他人の評価に振り回され、悩んだり傷ついたりする。
自分のしたいことをしていれば、
極端な話、どんな服装をしていても、
輝いてみえるのではないかと私は思う。

・悩みを減らすたった2つの方法
http://kasakoblog.exblog.jp/22896120/

・かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

<「好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術」地方講義ツアー>
・4/3(金)京都(13:30-15:30)
定員18名、予約10名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22832611/

・4/16(木)宇都宮(15:00-17:00)
定員12名、予約8名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22825084/

・4/18(土)大阪(14:30-16:30)
定員20名→40名に変更(大きな会議室に変更)。予約25名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22820592/

・4/19(日)岡山(9:30-11:30)
定員14名、予約7名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22832966/

・4/24(金)大分中津(13:00-15:00)
定員10名。残席1名。
久本千恵子さんにメッセージでご確認ください。
https://www.facebook.com/100002685837213

・4/25(土)福岡(14:30-16:30)
定員20名、予約16名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22820596/

・4/30(木)秋田(14:30-16:30)
定員10名。予約6名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22834287/

・5/15(金)名古屋(19:00-21:00)
定員40名、予約7名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22871317/

<かさこマガジン5無料配布中!>
人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-03-23 01:14 | セルフブランディング


<< ブログ文章を生き返らせる!ブロ...      悩みを減らすたった2つの方法 >>