2015年 03月 23日
ブログ文章を生き返らせる!ブログ文章添削講座3:ブログ文章の黄金パターンで書け!
一生懸命、ブログを書いているのに、
なぜかあまり反響が少ない・・・。
なぜかあんまり伝わっていない・・・。
そんな方のためにネット上で添削事例を紹介。
私ならこうするという、ブログ記事のビフォア/アフターを提示します。
(あくまで私の主観で改造)

文章添削講座第3弾は、HIPHOPダンサーで、
アロマテラピーアドバイザーをしているMAKIさん(かさこ塾5期生)のブログより。
今回の添削記事は、みなさんにも応用できる、
ブログ文章の黄金パターンに変えることができるので、
ぜひ参考にしてみてください。

ブログ文章の黄金パターンとは、
1:疑問形のタイトル
2:答えをズバリ本文の早めに書き、
3:その理由を2~3個に分けて解説する
4:結論
というものです。

まず添削記事ですが、読まれる黄金パターンにするために、
いらない文章を徹底削除します。
e0171573_2312489.jpg
e0171573_23121498.jpg

画像をご覧いただければわかるように、
元記事に赤線を引っ張ったところが削除するところ。

まず前置きが長いです。
「精油はどこで買うの?」というタイトルなので、
「早くどこで買えるのか教えて!」と読者は期待します。
なので前置きはばさっと削り、

前回のブログでアロマテラピーで一番重要な
精油(エッセンシャルオイル)についてお話しました。
でも、どこで買うの?
「アロマテラピー専門店」をお勧めいたします。


という文章に変えれば、4行目にタイトルの答えが出てきます。
疑問形のタイトルの場合は、なるべく早く答えを書いてあげないと、
読み手がいらいらしてしまったり、
もしくは読まずにすぐ違うサイトにいってしまいます。

で。
精油はどこで買うの?
というタイトルで疑問を投げかけ、
アロマテラピー専門店です
という答えを書いた後、
なぜアロマテラピー専門店がよいのか、
その理由を書けばよいわけです。

ただこの元の文章。
よく読めば理由を書いているのですが、
読み手にとってこれが理由というのがわかりにくい文章になっています。

そこで「>ーーー<1」と書いたところに、
なぜアロマテラピー専門店がよいのか、
理由は2つあります。

といったように、読者にわかりやすい文章を入れます。

その上で、
理由1:日本はどこでも売っているけど、
ヨーロッパでは処方薬として出される管理が難しいものなので、
ちゃんと管理・保管している専門店がよい
理由2:自宅での保管方法も難しいが、
専門店ならお店の人に聞ける
と書けば、なるほど!と思う記事になるわけです。

で、問題は最後。
読者は具体的な情報を知りたいわけです。
ところが原文は、
「専門店のweb通販も検討されてみてくださいね」
という投げっぱなしジャーマンになっていて、
「その専門店のweb通販って例えばどこ?!」
と消化不良な終わり方になっています。

ですので、最後に、
「AAAAAAA」という専門店や、
「BBBBBBB」という専門店などで買うとよいでしょう。

と具体的な店名を出して、店のホームページを紹介してあげれば、
「なるほど!こういうところで買えばよいのか!」となるわけです。

では、元記事と改造文章を比較してみましょう。

・・・元記事・・・
精油はどこで買うの?【アロマテラピーweb講座 3】

皆様、こんばんは。
このブログに「アロマweb講座」と検索して
やってきていただいた方がいらして嬉しいです(*^▽^*)
でも記事がまだまだ足りないので、
どんどん書いて充実させていきますね☆

さて、前回のブログでアロマテラピーで一番重要な
精油(エッセンシャルオイル)についてお話しました。
まず、これがないとアロマテラピーは始まりません。

でも、どこで売ってるのか?
たくさん種類がありすぎて、何を基準に選べばいいのか??
初めて精油を手にする方は疑問でいっぱいだと思います。

まず、100均では買えないことは
前回のブログでお分かりいただけたと思います。
じゃあ、どこで買うの??
これ、やっぱり
「アロマテラピー専門店」をお勧めいたします。

日本では精油(エッセンシャルオイル)は、
「雑貨」扱いですので、雑貨屋さんなどにも売っていますし、
アマ○ンでも取り扱っています。
特に規制がないので、だれでも売って大丈夫です。

しかし、ヨーロッパなどでは立派な「処方薬」として医師が出すもの。
取扱い方法、保管方法、いろいろ注意すべきことがあります。
また、100%天然成分、植物成分なので
保存料が入っていないのはもちろんですが、
やっぱり新鮮なもののほうが良いです。
となると、ちゃんと管理して保管してくれているであろう、
そして商品の回転も速いであろう、
「アロマテラピー専門店」での購入をお勧めする、
という至極当然といえば当然な結果になります(・∀・)

もちろん、自宅での保管や取扱いにもある程度の注意が必要ですので、
このブログでも書いていきますが、
お店に行けば専門家の方に相談することもできますよ。

「近くに専門店なんかないわい!」
という方は、今後書いていく記事を参考にしながら
専門店のweb通販も、検討されてみてくださいね♪

次回は、精油の選び方について書きたいと思います。


・・・改造文章・・・
精油はどこで買うの?【アロマテラピーweb講座 3】

前回のブログでアロマテラピーで一番重要な
精油(エッセンシャルオイル)についてお話しました。
じゃあ、どこで買うの??
「アロマテラピー専門店」をお勧めいたします。

なぜアロマテラピー専門店がよいのか、
理由は2つあります。

1番目の理由は、管理や保管がしっかりしているから。
日本では精油は「雑貨」扱いですので、
雑貨屋さんなどにも売っていますし、
アマゾンでも取り扱っています。
特に規制がないので、だれでも売って大丈夫です。
しかし、ヨーロッパなどでは立派な「処方薬」として医師が出すもの。
取扱い方法、保管方法、いろいろ注意すべきことがあります。

となると、ちゃんと管理して保管してくれているであろう、
「アロマテラピー専門店」での購入をお勧めする、
という至極当然な結果になります(・∀・)

2番めの理由は、自宅での保管方法などを店員に聞けること。
自宅での保管や取扱いにもある程度の注意が必要ですので、
専門店に行けば専門家の方に相談することもできます。

「近くに専門店なんかないわい!」という方は、
「AAAAAAA」という専門店や、
「BBBBBBB」という専門店などで買うとよいでしょう。

次回は、精油の選び方について書きたいと思います。

・・・・・・・・・・
どうでしょうか?
できるだけ無駄な文章を排除し、
ブログ文章の黄金パターンで構成すると、
すんなり文章が入ってきます。
しかもこの文章なら「次回の精油の選び方も読みたい!」
と思われるはずです。

というわけで、第3回のブログ文章の秘訣は、
Q&A&理由&おすすめ情報の黄金パターンで文章を書け!
でした。

・MAKIさんのブログはこちら!
http://ameblo.jp/makiblaque/

・ブログ文章添削講座2:テーマを絞ってオチをつける!
http://kasakoblog.exblog.jp/22901086/

・ブログ文章添削講座1:導入を変えれば記事は様変わりする!
http://kasakoblog.exblog.jp/22900471/

・かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

<「好きを仕事にするブログ術&セルフブランディング術」地方講義ツアー>
・4/3(金)京都(13:30-15:30)
定員18名、予約10名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22832611/

・4/16(木)宇都宮(15:00-17:00)
定員12名、予約8名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22825084/

・4/18(土)大阪(14:30-16:30)
定員20名→40名に変更(大きな会議室に変更)。予約25名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22820592/

・4/19(日)岡山(9:30-11:30)
定員14名、予約7名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22832966/

・4/24(金)大分中津(13:00-15:00)
定員10名。残席1名。
久本千恵子さんにメッセージでご確認ください。
https://www.facebook.com/100002685837213

・4/25(土)福岡(14:30-16:30)
定員20名、予約16名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22820596/

・4/30(木)秋田(14:30-16:30)
定員10名。予約6名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22834287/

・5/15(金)名古屋(19:00-21:00)
定員40名、予約7名。
http://kasakoblog.exblog.jp/22871317/

<かさこマガジン5無料配布中!>
人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-03-23 23:13 | ブログ術


<< ブログ文章を生き返らせる!ブロ...      ブログ文章を生き返らせる!ブロ... >>