2015年 04月 18日
ネットで情報発信して批判されるのが怖い?~ネットは誰が敵か味方を見分ける踏絵になる
今、みなさんはものすごい恵まれた時代に生きている。
ネットがあるからだ。
コネも金も実績もない人でも、ほとんどお金をかけることなく、
ネットで情報発信することで、集客、宣伝、顧客開拓など、
仕事につなげることができるからだ。

今まであったら大金なければできなかったことが、簡単にできる時代。
これ、すごいことですよ。
どれだけ恵まれた時代なことか!

しかしネットで情報発信しようというと、
始める前からリスクを考えてしまう人が多い。
「誰かから批判されたらどうしよう?」
「炎上したらどうしよう?」
「ママ友に見られたらどうしよう?」
「地元の人に見られたらどうしよう?」

他者の批判を恐れるあまり、
他人に気を使い過ぎ、何をいいたいかわからないぼやっとした内容になり、
読む側はつまらないと感じてしまい、
本人も書きたいことを書けないので苦痛だし、
結局、誰のためにもならないブログになってしまう。

だから、他人の批判なんか気にせず、
堂々と自分の意見を書けばいいんです。

もしかしたらそれを見て「友達」を失うかもしれない。
でも結局そういう人って、もとから友達でもなんでもなかったってことだと思う。

地域のしがらみなんかもそう。
「しがらみがあるから発信すると批判される」
でもそうやってみんなしがらみに縛られ、
思うようなことを言えず、上っ面だけ付き合い、
みんながみんなしがらみに疲弊するって囚人のジレンマそのもの。

誰も幸せになれない。
みんな「地域だから仕方がない」と思っている。
でもみんなイヤならイヤな付き合いなんてやめちゃえばいいのに。
みんなイヤなのにみんなやめられないと思っているから、
みんなイヤイヤ付き合っているという。

例えばブログを始めた。
それを見てリアルな人間関係の人が見て、
いちゃもんつけてきたり、陰口言ったりしてきたとする。
ならそんなやつと付き合わなければいい。
よかったじゃないか。
「こいつは私の味方じゃない!敵だ!」と、
ブログを書くことでわかったのだから。

ブログを書いたぐらいで壊れる人間関係なんて、
もとから仲のいい関係ではなかっただけに過ぎず、
もしくはもとから考え方の違う人だっただけに過ぎず、
ブログを書かなくてもきっと何かのことで批判し、
決裂する運命にある人間関係なんだと思う。

ただブログを書くことによって、お互いどう思っているか、
すぐに本性を暴けることになるのでこんないいことはない。
いわばブログは踏絵。
ブログを批判するような人は上っ面だけでの関係でしかなく、
何かあったら簡単に壊れる関係に過ぎない。
ブログを書いても「実は私もこう思っていたんです!」
という人がいれば、上っ面ではそんなに仲良くなかったのに、
実はこの人、私と気が合いそうとわかるじゃないか。

人生短い。
イヤな人と無理やり付き合っていても、そんなものはお互いにプラスにならない。
だからブログに本音を書いて踏絵を踏まさればいいわけだ。
本ねブログを書いても嫌いになるのかならないのかを。

そうやってみんながみんな本音を書けば、
みんなイヤだと思っている建前上の人間関係が少なくなり、
みんながみんな人間関係に悩まされなくて済む。

だから他人の目を気にし過ぎる必要はない。
本音でブログを書いたらいい。
上っ面だけの友達は減っても、真の友達が間違いなく増えると思うから。

・人生を楽しくするためのセルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。
無料で郵送します。

※マガジンを無料でもらって申し訳ないという方は、
Amazonで買い物する際、下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこフェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-04-18 22:11 | セルフブランディング


<< 必要とされていることが愛されて...      かさこ地方講義ツアー:現在開催... >>