好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 05月 19日

そうだ!あの作家がムカつくからAmazonレビューに批判を書いちゃえって人生を棒に振るあなたへ

なんかあの作家ムカつくよね。
たいして文才もないくせにさ、たまたま運よく本出して、
本が売れているからってさ、生意気だよね。
あんな文章だったらオレの方がよっぽどうまいよって。

メディアにも取り上げられてえらそうなこといって、
あいつすげえムカつくんだよね。

でもあいつムカつくってブログで書いてもフェイスブックで書いても、
ほとんど反応ないのよね。
だってオレは無脳だからフェイスブックの友だち数も少ないし、
ブログのアクセス数も全然ないし、あのムカつく野郎を批判しても何の影響力もないわけ。

でも!いいこと思いついた!
無脳なオレでもあいつにギャフンと言わせる手段思いついた!
あいつの本のAmazonレビューにさ、批判書きまくってやればいいんだ!
そしたらさ、無脳なオレが発信するブログなんて誰も見てくれないけど、
多くの人の目にふれるしさ、一つでも一つ星でひどいレビューがあれば、
こいつの本、売れなくなるよね。

ざまあみろ。
Amazonレビューにどんだけ無脳な俺様がムカついているか、
文才のあるところ見せていっちょ書いてやるか!!!

って、本もろくに読まず、本の内容ともほとんど関係なく、
ただただ筆者の文句が言いたいがためにAmazonレビューに書いたあなた。
そんなことしていいんですか?!
ムカつく筆者のレビューを書いたせいで、
名誉毀損や業務妨害で訴えられて、自分の人生を棒に振っていいんですか?
そんなことしたらムカつく筆者の思う壺じゃないですかね?

えっ、何?訴えられたって罪にはならない?
罪になってもたいした賠償金にはならない?
いや、そんなことじゃなく、変なレビュー書いてあの人訴えられたのよって、
会社とか取引先とか客先とか地域とかで広まったら、
たとえあなたの批判が正しくてもあなたの負けよ。
訴えられたという事実だけで、あなたは頭おかしい人と見られ、
生活に実害が生じてします。
きっとそうなったら、ムカつく筆者の方がざまあみろ!バーカ!と思ってるはずですよ。

いや仮に訴えられなかったとしてもね、
ネット上のアカウントなんて匿名だから大丈夫なんてたかをくくって、
でもいろいろ調査されて身元割られて、
それこそムカつく筆者がその影響力を活かしてさ、
訴えないけど、ネット上であなたの個人情報がさらしものになったらどうする?

そういうのって一生消せないよ。
消したところで誰かがちゃんとメモしておいて、
「こいつは著者がムカつくからって誹謗中傷のレビューを書く馬鹿者だ」
って影響力ある筆者によって、世に広められちゃうよ。
たったあなたが筆者がムカつくからAmazonレビュー書いてやれって、
ただそれだけの行為で下手したら人生棒に振ることになるのよ。

きっと書かれた筆者は大喜びするだろうね。
Amazonレビューのガイドラインには、禁止事項として、
「商品と関連のない内容で、個人を誹謗中傷する表現又は悪意を含む内容や表現」
って書いてあるのに、ITリテラシーもない頭の賢いあなた様が書いちゃったせいで、
筆者にとっては批判するバカをネットでさらして叩き潰せるのだから。

いいの?そんなことになって?
ムカつく筆者のせいで、自分の人生めちゃめちゃになって。
筆者がムカつくんだったらさ、画面に向かって「地獄へ堕ちろ!」って叫んで、
終わりにすればいいじゃない。
一度やってみな。
大声でさ、「地獄へ堕ちろ!」って叫ぶとスッキリするから。

それで終わりにして、ムカつく筆者なんか相手にしなきゃいいじゃない。
筆者がムカつくんなら、そいつ以上に素晴らしい文章をブログでも本でも書けばいいじゃない。
だってあなたはムカつく筆者より100倍優秀なんでしょ。
あんなバカに負けないはずでしょ。

あなたがもし無脳なバカでないなら、ムカつく筆者を喜ばせるために、
商品と関係のないAmazonレビュー書いて人生棒に振る必要はない。
まああなたは無脳じゃないからわかっていると思うけど。

ムカつくやつのために我を忘れてAmazonレビューに書いちゃうなんて、
最も愚かな行為はやめた方がいいと思うよ。

そういえば私のところに商品とはまったく関係のない、
批判レビューを書いたバカが5~6年前にいたけど、
Amazonから注意を受けてレビュー削除されたみたい。
5~6年前は、Amazonレビューに悪質なコメント書いて、
筆者の評判を落とすみたいなやり方が結構流行っていて問題になったけど、
さすがにもう今の時代、そんな天然記念物みたいな、
ITリテラシーのないことするバカはもういないと思うけど。

かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-05-19 22:54 | ネット


<< 出版のきっかけはセルフマガジン...      ブログ文章を生き返らせる!ブロ... >>