2015年 06月 10日
出る杭にならないと生き残れない時代がやってきてしまった
時代は変わった。
今までだったら出る杭になるのはバカげた戦略だった。
変に目立てば叩きつぶされる。うざがられる。ジャマ者扱いされる。
だから目立つのは得策ではない。
自分の意見を言うのは得策ではない。
決められたことを決められた通りにやるのが、
最も賢い戦略であり、それがうまく世を渡る秘訣だった。

でも残念ながら時代は変わってしまった。
もちろん未だに根強く出る杭を打つ風潮はあるが、
そういう会社や個人はこの先、どんどん衰退していくのではないか。
なぜなら昔みたいに人口が増えていて、
作れば売れた時代ではなくなってしまったからだ。

人口が減る。需要が減る。
そんな中、今までわんさか世に存在する、
サービスや商品の中から、
自分や自社を選んでもらわなくてはならない。

自己開示しない。自分発信しない。
自分の意見がない。自分PRができない。
今までと違ったことが提案できない。
おもしろいことを実行できない。
そういうところはどんどんジリ貧になっていくだろう。

多分もう時代の変化に気づいている人は気づいていて、
人口減少時代に生き残るため、今までのマインドを変えて、
必死に出る杭になろうとしている。

「なんか目立つと叩かれるよね、日本って」
なんて言葉に騙されると、数年後にとんでもないことになるだろう。

リストラや会社倒産などでいい歳して、
会社を放り出されてしまった人が結構、最近多い。
そんな時、組織のイエスマンで出る杭になれてないと、
マジで転職も独立も厳しい。

「それであなたは今まで何やってきたの?」
「いい歳して、できるのはこれだけ?」
「それであなたは何ができるんですか?」

自分の意見を持ち、自分のスキルを磨き、
自分のキャラを磨き、自己発信していないと、
ほんとにね、これまで所属していた組織から放り出された時、
マジで自分の存在価値まったくないよ。

これまでだったらなんとなく同業他社に移れたりしたかもしれないが、
今はそう甘い時代ではない。
まして若い年代ならともかく、年齢を重ねれば重ねるほど、
どんどん厳しくなる。

だから。出る杭になれ。
意見がないっていうのは考えてないからなんだよ。
意見がないっていうのは真剣に取り組んでいないからなんだよ。

もしかしたら今までは出る杭があったけど、
それを必死に抑えて出さないようにしていただけかもしれない。
でもそういうのが長年続くと、出せる杭がなくなってしまう。
そうなったらかなりマズイ状況だ。

自分の牙を磨いておいた方がいい。
出せる杭を用意しておいた方がいい。

出る杭になればそれを気に食わないと思う人も当然いるだろう。
でもね、出る杭になればそれを気に入ってくれる人も必ずいる。

今までは透明人間みたいな人材が重宝されたけど、
今はしっかり色のついた人材でないと生き残っていけないと思う。
自分は赤なら赤。
赤が嫌いだという奴は相手にする必要はない。
切り捨てればいい。
赤が好きって言ってくれる人を見つけて仕事をすればいい。
自分は青なら青。
青が嫌いだという奴は相手にする必要はない。
切り捨てればいい。
青が好きって言ってくれる人を見つけて仕事をすればいい。
自分の旗色をはっきり示した方がいい時代になっている。

みんなに好かれようとするから誰からも好かれない。
みんなに気を使いすぎるから誰からも好かれない。

嫌われないように嫌われないようになんてしていたって、
嫌う奴は嫌うんだよ。
だったら自分をさらけだして好き嫌いの味方・敵をはっきりさせた方が、
よっぽどこれからの時代に生き残っていくために戦いやすい。

無難とか普通とかみんなと一緒とか、
もうそんなものは幻想になりつつある。

リアルで発信する勇気がないなら、
ネットで自己発信して訓練を積んでおいた方がいい。
発信することで、自分の考えが深まり、思考が整理され、
自分なりの意見が持てるようになる。
自分の個性が出てくるようになる。
自分の旗色が彩られていくようになっていく。

出る杭になれ。
出ないようになんてしていると、
マジで数年後はマズイことになると思う。


<お知らせ>
・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-06-10 21:50 | セルフブランディング


<< 自分にとって当たり前と思うこと...      「SNSがあるから名刺は不要」... >>