2015年 06月 14日
少年Aの手記「絶歌」のAmazonレビューになぜ本を読んでいないクズレビューが書き込まれるのか
Amazon自身が本を読んでいない人であろうと、
本の感想ではなくても、書き込むことを推奨しているから。

1997年に、小学生2人を殺したほか、3人に重軽傷を負わせた鬼畜の14歳、
元少年Aである加害者が32歳になった今、
手記「絶歌」を出版したことが大ブーイングの嵐となっている。

ただ皮肉なことだが「こんなもの出版するな!」とわめけばわめくほど、
「一体こんなひどい本ってどんな内容なんだろう?」と余計に注目を集め、
元少年Aの利益に貢献する宣伝行為になっている。

私もまったく買う気もなかったのだが、
一体、そんな酷評するほどの手記ってどんなものなのか、
Amazonのレビューを見たのだが、まあひどい。
クズレビューだらけ!

何がクズかって、本を読んでいない人が、
単なる文句を言っているだけのレビューがわんさかある。
いや、これじゃさ、この本がどんなものなのか、
まったくわからない。

本来、商品レビュー、ブックレビューとは、
本を読んだ人が感想を書く場だ。
読んでひどかったのであればひどかったと書けばいい。

ところがだ。
Amazonレビューは本を読んでいないで、
ただ文句をつらつら書いているクズレビューばかり。

でもね。
こうした書き込みをする人たちがクズであるという前に、
Amazonのレビュー運営に対する姿勢がクズなのだ。

本書ではないが、本も読まずに、
本の感想でもなく、ただただアホみたいな文句を書くバカがいたので、
Amazonに削除依頼を要請したのだが、まったく受け付けなかった。
なぜか。

Amazonのカスタマーレビューは、
1:商品を購入しているかどうかは問わない。
2:商品についての感想を書かず、著者や発売元の企業の活動批判も書いていい、
とのことだからだ。

えっ?何それ?
私はAmazonレビューというのは、
商品を使用した人がその感想を書くものだとずっと思っていたのだが、
Amazonのカスタマーサービスのチームリーダー照井様より全否定された。

買わなくてもいい。
本の感想じゃなくてもいい。

だから少年Aの手記「絶歌」のAmazonレビューは、
本を読んでいない、本の感想でもない、
クズ文言がわんさかあふれる結果となっている。

中にはちゃんと本を読んで、
この本がいかにひどいかをきちんと書かれているレビューもある。
しかしクズレビューが多いので、
そうしたレビューを探すのが大変だ。

Amazonのカスタマーサービス自体が商品レビューという意味をわかっていない、
クズ集団であることはさておき、
わざわざAmazonレビューに文句を書き込む人たちの心の貧困さは、
まるで小学生を殺す少年Aの鬼畜とどれほどの差があるのだろうか?

いやさ、本がダメならちゃんと読んでダメな感想書けよ。
本を出版することが許せないなら、
自分のブログなりSNSなりに意見を書けよ。
本自体を販売すべきではないと思うのなら、
レビューに書くんじゃなく、Amazonカスタマーサポートに連絡しろよ。
本の出版をするなと抗議するなら、直接出版社に連絡しろよ。
書く場をわきまえないバカにもほどがある。

なぜわざわざAmazonレビューに書く?!
あの酒鬼薔薇聖斗を名乗った少年Aのように、
そんなに目立ちたいのか?

私は少年Aのような鬼畜は死刑にするか終身奴隷刑にすべきだと思っているが、
でもそれはAmazonレビューに書く話ではない。
本を読みもしないのに、わざわざ本の感想を書くレビュー欄に、
自分の「正義」をふりかざす神経が恐ろしい。

やるなら自分の土俵でやれ。
他人の土俵でやるな。

まあ自分の土俵で自分の意見を書けない、
クズな人間たちのストレス発散の場として、
Amazonレビューがあるのかもしれないけど、
純粋にこの本は買って読む価値があるのかそうでないのかが、
Amazonレビューから判断するのが大変。

何のためのレビューだ?
Amazonはバカじゃないのか?
自由闊達な議論の場を提供したいのなら、
Amazonは商品レビューではなく、
Amazon2ちゃんねるでも立ち上げて、
誰でも自由な意見を書ける場を設けたらいいじゃないか。

いつまでAmazonはこのクソみたいなレビュー運営方針を続けるのだろうか。
これでは商品を買うかどうかの参考にならない。

多くの人はすでにご存知だとは思うが、
くれぐれもAmazonレビューは、
商品の感想ではないクズレビューが多いことも、
ネット上の常識として頭に入れておきたい。

※ちなみにこの手記について非常に役に立った感想はこちら。
・「酒鬼薔薇聖斗」の“人間宣言”――元少年A『絶歌』が出版される意義
http://bylines.news.yahoo.co.jp/soichiromatsutani/20150613-00046627/

・Amazonの公式見解!Amazonレビューは商品に関係なく
著者や企業の批判を書いてもいいそうです!
http://kasakoblog.exblog.jp/23152114/

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

かさこフェイスブック(申請どうぞ。基本承認します)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-06-14 20:33 | ネット


<< プロにタダで教えてくれという平...      6/30祝島でドキュメンタリー... >>