2015年 07月 08日
笑うに笑えない。メールより電話好き営業マンのバカさ加減~できるビジネスマンは電話でなくメール
未だにメールではなく、何でもかんでも、
電話や口頭だけで仕事の用件を伝えてくるバカがいる。
そんなバカのせいで、連絡が行き違った挙句、
いざという時に電話が使えなかった笑い話=実話を紹介しよう。

営業マンAはとにかく電話タイプ。
仕事の納期も仕事のギャラも仕事内容もだ。
口頭で相談しなければならないことなら電話がいいだろうが、
決まった用件の連絡するなら、メールしてくれって話。
だって電話だったらメモ取らなきゃいけないし、
言った言わないになりかねない。

そもそも事務仕事でずっと家の中にいる人ならともかく、
私の場合、取材や打ち合わせや講演など、
外出や移動時間が多いから電話で話せる時間帯は限られている。

なので私は電話好き営業マンAの電話を完全無視し、
すべてメールで用件を送ってくるようにさせた。
メール文面を見たらわざわざ電話で話す筋合いのものではなく、
メールのやりとりですぐ完結できるものがほとんどだった。

ただメールが面倒なのか、何でもかんでも口頭で済ませようという、
いい加減な仕事ぶりは抜けず、ある日、夜遅くに電話がきて無視すると、
しばらくして取材の段取りについて、
会って打ち合わせしたいとメールがきた。

はあ?
この前、打ち合わせしたよね。関係者で。
何か変更時点でもあったの?
今さら何を打ち合わせるの?
それよりもさ、連絡の行き違いがないよう、
打ち合わせした内容をもとに、取材の段取りをメールで送るのが、
あんたのやるべき仕事でしょ。
ってことでそうメールで伝えたところ、
メールが送られてきたのだが、細かい情報がぬけぬけで使えない。
まったくちゃんと仕事しろ、ボケ。

翌日、取材があって顔を合わせた際、
次回の取材の待ち合わせ場所についての話になった。
そういう話は行き違うから昨日メール送れっていったのに、
メールには「10時にB社」としか書かれていない。
「10時に待ち合わせって駅で待ち合わせするんですか?
それとも相手先のビルの前で待ち合わせするんですか?」
と聞いたところ「駅に10時で」という。

そこで次回の取材、10時に駅に行ったのだが、
5分過ぎても彼は一向に来ない。
何か事故でもあったのか、電車でも遅れているのかと思い、
携帯に電話したのだが話し中でずっとつながらない。
メールもチェックしたがメールも来ていない。

10分過ぎても電話がつながらないので、
取材先に迷惑がかかるから、バカ営業マンAはおいて、
私一人で行こうと急いで取材先のオフィスに向かった。

するとどうだろう。
ビルの前にバカ営業マンAがいるではないか!
おまえ、駅で待ち合わせって言ったよな、昨日。
っていうかさ、待ち合わせ時間過ぎてるんだし、
行き違った時こそ電話好きなんだから電話しろよボケ!
と思ったところ、彼に文句を言えなかった。
なぜなら彼はビルの前で電話していて話し中だったからだ。

おまえさ、バカじゃないの?
電話ってのは緊急時やこういう時に使うの。
それをさ、メールで済む話を待ち合わせ時に、
バカみたいに方々に電話して仕事してるから、
いざという時につながらないんだよ。

っていうかさ、口頭での連絡は勘違いがあったり、
行き違ったりするから、だから電話や口頭じゃなく、
メールしろってさんざん言ったよね?
おまえ、バカか。
と言うつもりだったのだが、
へらへらどこぞに電話していて言えず、
電話が終わったら「あっ、すみません!
ビルの前待ち合わせって言いませんでしたっけ?」と抜かしやがった。
怒る時間もなく取材の時間が近づいていたので、
やむなく先方のところに行くことになった。

仕事の内容はおもしろかったのだが、
こういうバカとは二度と仕事しないと決め、
以後、仕事の依頼があったが断った。
こういうバカと仕事すると思わぬトラブルに巻き込まれたり、
無駄な作業が増えたりするから。

それにしてもさ。
待ち合わせ当日に場所が行き違って、
至急連絡を取りたいとかいう場合にこそ、
電話という手段は有効なのに、
普段からメールではなく電話で仕事しているから、
そういう時にも電話がふさがっていてつながらない。

そういえば思い出した。
こいつの会社に打ち合わせに行った時も、
打ち合わせ時間から10分以上待たされたのは、
電話で長話して切れなくなったからだったのだ。
だからさ、アポイントがあるんだから、
電話出るなボケって話。

それにどうしても電話しなければならない話ならともかく、
私がやりとりした限り、メールで十分な内容。
というかむしろともに情報を共有するため、
メールにすべき用件ばかり。

そういえばこのバカ営業マンではないが、
つい先日もアポイントの日程を間違え、もう一度出直すという珍事が発生した。
クライアントは水曜日17時と思っていて、
代理店は月曜日17時と思い込んでいて、
私には代理店から月曜日17時と言われたので、
クライアントのところに行ったのだが、なんとクライアントは不在。
どうやらアポイントはメールではなく電話でしたため、
クライアントは水曜日だと思い込んでいて、
代理店は月曜日と思い込んでいて、
そこに巻き込まれた私は二度出かけるはめになった。

もういい加減、電話で仕事するのはやめてほしい。
もちろん電話でなくてはならないものは電話をすればいい。
だけどさ、待ち合わせの場所とか時間とか、
仕事内容とかスケジュールとかギャラとかはさ、
言った言わないにならないよう、お互いに勘違いしないよう、
ちゃんとメールでよこせよ。

何でもかんでも電話や口頭で済まそうとする、
仕事ごっこしている仕事をしない人間とは、
できるだけ仕事をしないようにした方がよい。
ぜひみなさんも気を付けていただきたい。

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※Yahooのフリーメールはこちらにメールが届かないケースが頻発していますので、
別のメールでお送りください。

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon

・好きを仕事にした26人のインタビュー集
「マイナスな人生でもプラスになれる生き方」2015年6月に出版!

<セルフブランディングを教えるかさこ塾開催のお知らせ>
・大阪と京都でかさこ塾開催仮決定!10名以上集まれば開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23307991/

・待望の東京・土曜日開催!定員20名、申込18名。残席2名!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=739

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
※上限5000人に達している状態が続いているため、
友達申請は承認にお時間をいただく可能性があります。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/


by kasakoblog | 2015-07-08 19:53 | 働き方


<< 上手いとか下手とかそんなの関係...      都内でおいしい坦々麺!「よかろう」 >>