2015年 08月 01日
武藤貴也



SEALDsという学生集団が自由と民主主義のために行動すると言って、
国会前でマイクを持ち演説をしてるが、彼ら彼女らの主張は
「だって戦争に行きたくないじゃん」という自分中心、
極端な利己的考えに基づく。
利己的個人主義がここまで蔓延したのは
戦後教育のせいだろうと思うが、非常に残念だ。

武藤貴也
@takaya_mutou
昭和54年5月25日北海道釧路市音別町生まれ。
東京外国語大学卒業、京都大学大学院修了(専門は外交・安保・国際法)。
平成21年自民党が行った「全国公募」で自民党滋賀県第4選挙区支部長に選ばれ、
平成24年第46回衆議院総選挙で初当選。現在2期目。近江八幡市在住。O型。
e0171573_13572977.jpg
e0171573_13574057.jpg

次に「基本的人権の尊重」について。
私はこれが日本精神を破壊した「主犯」だと考えているが、
この「基本的人権」は、戦前は制限されて当たり前だと考えられていた。

・・・・・・・・・・・・
戦争=人殺しをしたくないというのは、まともな人間の感覚だと思うのだが、
戦争=人殺しをすることを平然と容認する政治家がいるとは。
さらには基本的人権まで否定!
みなさん、ちゃんと覚えておきましょう。


by kasakoblog | 2015-08-01 19:26 | 政治


<< 「できない無理」と言い続けてい...      営業が苦手な個人事業主が営業し... >>