2015年 08月 16日
デザイナー佐野氏のパクリ疑惑なんてどうでもいいと思ったのだが!我が敬愛する「ぶりぶりざえもん」が!
2020年東京五輪公式エンブレムでパクリ疑惑が持ち上がった、
デザイナー佐野研二郎氏だが、
当初は業界関係者から「そんな人じゃない!」と擁護の声が上がり、
きちんと説明もして「これはパクリじゃないのかも」と思いきや、
ネット上で他の佐野氏デザインについてのパクリ検証が行われ、
なんとサントリーのバッグのデザイン60種類のうち8種類について、
共同で制作していたデザイナーが、
第三者のデザインをそのまま使っていたことが発覚した。

うわー。マジでパクリやってたのか。
しかもたまたま似ちゃったとかではなく、
このバッグのデザインについては完全にクロだ。

ただ思うんだけどさ、今の人たちって、
ネットにあるものは何でも「拾って」きて、
平気でブログやSNSに勝手に転載してるよね?
パクったデザイナーがどういう人なのかわからないけど、
「ネットコピペの何が悪いの?」世代なのだろうか。
いや世代の問題ではなく、
ネットリテラシーのない年配世代も、
意外と平然とネット上の写真やイラストをパクったりするのだが。

ただ佐野氏がパクったかパクってないかなんて、
わりとどうでもいいことなんだけど、
っていうかもうオリンピックなんて無駄金使う事業、
とっととやめろうということしかないわけだけど、
佐野作品パクリ疑惑に見逃せない一品が!!!
なんとTBSの豚キャラが佐野デザインではないか!
e0171573_21583128.jpg

Boo Channel(TBSテレビ)より
http://www.tbs.co.jp/boobo/profile/

あのTBSの豚も佐野氏だったのか。
いや佐野氏なんてこの騒動が起きる前まで名前知らなかったのだが、
このTBSの豚、前々から気になっていたのだ。
ぶりぶりざえもんのマネじゃね?!って。
e0171573_2214641.jpg

パクリ疑惑検証一覧サイトに、
ぶりぶりざえもんがパクリ元ではないかとの指摘があり、
驚いたのだ。
やっぱり、そう思う?!
似てるよねって。

なんたって私はクレヨンしんちゃんのお菓子のおまけに、
稀に入っているぶりぶりざえもんフィギュアを、
ネットオークションで1体1500円ぐらいで落札し、
6体ほど持っているぶりぶりざえもん好きで、
クレヨンしんちゃんアニメで時々しか出てこない、
ぶりぶりざえもんの出演話だけを集めた、
超スペシャルなDVD
「クレヨンしんちゃん ぶりぶりざえもん ほぼこんぷりーと」
ももちろん購入して持っているぐらい、
ぶりぶりざえもんが好きなので、
あのTBSの豚は前々から気にはなっていたのだ。

それがよりによってパクリ疑惑のデパート佐野氏のデザインとは!
やっぱりあれか。
ぶりぶりざえもんの素晴らしい愛くるしいキャラをマネて、
TBSの豚キャラに使ったのか!と感情的に怒りたいところなのだが、
ただやっぱりそこは冷静に見極めたい。
e0171573_21563584.jpg

いやね、私ぶりぶりざえもん大好きだけど、
でも豚を題材にしてイラスト描けば、
まあだいたいこんな風にはなるんじゃね。
もちろん日本のアニメ史上、一、二を争う、
素晴らしいキャラだと私が勝手に思っている、
ぶりぶりざえもんを参考にした可能性は高いが、
バッグデザインの丸パクリの完全クロとは違い、
これまで「パクリ」「盗作」というのは、
ちょっとどうかなと。

いやもちろんパクリ疑惑の宝庫佐野氏デザインと知る前から、
ぶりぶりざえもんLOVEな私は、
「TBSの豚、ぶりぶりざえもんに似ているな」
と我が敬愛するキャラを汚された感じでイヤな気分にはなったけど、
いやでもぶりぶりざえもんLOVEという変態的な愛を差し引いてみれば、
「豚ってだいたいこんな感じになるよね」
というのが冷静な判断ではないか。

だからパクリ疑惑、盗用疑惑って難しい。
完全クロの場合もあるけど、
たまたま何らかのものに似るというのは可能性としてあるわけで、
しかも豚といったよくある動物を題材にすれば、
まあ五十歩百歩にはなるよなと。
参考にするということも十分あるわけだし。

そもそもパクリ疑惑のオリジナルといわれているものが、
実は何かのパクリかもしれないわけで、
そこまですべてのパクリ検証はできないよなとか。
「私のオリジナルをパクリやがって!」
といっている作品が、実は同じようなデザインが、
昔にあったのかもしれないわけだし。

パクリ、盗用はいけないけれど、
1つパクリだったからといって、
他のも全部パクリだというのは言い過ぎだし、
よくあるデザイン、よくあるイラストの範疇なのかって、
意外とどこまでで線引きするかってかなり難しい。
e0171573_22134982.jpg

我が敬愛するぶりぶりざえもんフィギュア6体は、
子どもが誤飲すると困るので、しばらく封印していたわけだが、
すっかりこのパクリ騒動でぶりぶりざえもんLOVEを思い出し、
久々にフィギュアを取り出し、観賞して癒されている次第です。

というわけで、みなさんも、
佐野氏はひどいやつだ!とか批判している前に、
自分自身が他人の写真やイラストや漫画を、
「拾った」とかいって勝手に盗んで、
ブログやSNSに掲載しないように気を付けたい。

もちろん、そんなことよりも、
ぶりぶりざえもんの偉大さを知らない人は、
ぜひこの機会にぶりぶりざえもん出演DVDを見るように。
マジでこのキャラ、素敵すぎるから!

「感動!ぶりぶりざえもんの物語」
http://kasakoblog.exblog.jp/13509474/
※この日記はクレヨンしんちゃん映画、
「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」のネタバレを含みますので、
お気をつけください。

・DVD「クレヨンしんちゃん ぶりぶりざえもん ほぼこんぷりーと」

・セルフブランディング11か条を解説した無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※Yahooのフリーメールはこちらに届かないので、別のメールでお送りください。

<どなたでも参加できるかさこオフ会>
・9/8福岡
http://kasakoblog.exblog.jp/23533732/

・10/18に都内老舗旅館でかさこオフ会
http://kasakoblog.exblog.jp/23558327/

<年内のかさこ塾=全4回の実践編の予定>
・京都:9/17(木)~定員18名、申込16名
http://kasakoblog.exblog.jp/23307991/

・東京・広尾:10/7(水)~定員15名※満席、キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/23488102/

・福岡:10/16(金)~定員20名、申込6名※10名以上集まれば開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23472519/

・東京サンクチュアリ:10/29(木)~定員20名、申込5名
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<2時間凝縮のブログ術講義+懇親会>
10/15佐賀
http://kasakoblog.exblog.jp/23510376/

11/7沖縄
http://kasakoblog.exblog.jp/23531194/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-08-16 22:01 | ネット


<< かさこ最新曲「Over the...      戦争も東芝も原発も新国立競技場... >>