2015年 08月 21日
これであなたもセルフマガジンを簡単に作れる!8ページ自己紹介冊子の作り方
自分の仕事内容や活動内容を紹介する、
紙の冊子=セルフマガジンの破壊力は計り知れない。
ネット全盛の時代だからこそ、
リアルな場面でネットに誘導するためにも、
アナログな冊子の威力は絶大だ。

私もセルフマガジンを発行して5年目5号目になるが、
お金と時間をかけても十分ペイできる効果を得ている。
そんなわけでぜひみなさんにも、
自己紹介冊子であるセルフマガジンを作って欲しいのだが、
ブログを開設して更新するのより10倍難しい。

ただ何もないよりはやっぱり紹介できる冊子があった方がいい。
そこでみなさんに、簡単にセルフマガジンが作れるよう、
8ページのマガジンの中身の作り方を教えよう!

・自己紹介冊子の定番構成パターンで作ってみる
どのページにどんな内容を入れるかで迷ってしまうと思うのだが、
自己紹介する冊子なら、このパターンで作ってみるといい。

P1:表紙※後で詳しく解説
P2:活動理念、活動への思いなど
P3:活動内容1
P4:活動内容2
P5:活動内容3
P6:仕事以外の活動や趣味、プライベートなこと
P7:詳細プロフィール
P8:略歴/ネットツール紹介/活動内容リスト/連絡先

だいたい上記要素が入っていれば、
自己紹介冊子として成立する。
具体的にどんなイメージか、
下記事例を見ていただければわかると思う。

P2-3
e0171573_218103.jpg

P4-5
e0171573_2182572.jpg

P6-7
e0171573_2183937.jpg

P8
e0171573_2185656.jpg


要素は上記のものが入っていれば、
構成はこれにこだわる必要はない。
たとえば、ホームページやブログなど、
ネットツールの紹介を詳しくしたいのであれば、
詳細プロフィールを省いて、
ネットツール紹介に1ページ割いてもいいし、
順番も、活動理念を後ろにもってきて、
まずは自分の詳細プロフィールをP2に持ってきてもいい。
物販など売り物があれば、売り物紹介ページを作ってもいい。

何ページも作ろうと思うと大変だが、
8ページぐらいだったらそんなに構成に悩む必要はないので、
8ページで自己紹介冊子を作ってみてはどうだろうか?

あと問題は表紙。
表紙は冊子の顔なのでなかなか難しいのだが、
簡単に作れるパターンをいくつか紹介しよう。

<基本パターン>
e0171573_2192239.jpg

活動内容のキャッチコピーと肩書きと名前を入れて、
何か1点、写真なりイラストなりビジュアルなりを入れれば、
表紙っぽくなる。

・表紙パターン1:イメージ写真案
e0171573_2193747.jpg

自分の活動内容がわかるイメージ写真を入れてみる。

・表紙パターン2:自分の写真案
e0171573_2195460.jpg

自分のバストアップの写真でもよいし、
もしくは仕事風景の写真でもよい。

・表紙パターン3:作品を並べる案
e0171573_21101010.jpg

自分の作品を複数並べてみる表紙案。

・表紙パターン4:図表案。
e0171573_21102238.jpg

自分の活動を図示する表紙案。

表紙は考え出したらキリがないし、
いくらでもこだわりようがあるのだが、
表紙でつまずいてしまうと、
結局、何もできないまま終わってしまうので、
上記のような簡単なパターンに当てはめて、
作ってみてはどうだろう。

とりあえず自分で簡単にできる方法は、
パワーポイントを使って作ってみること。
パワポの「ページ設定」で用紙サイズを決め、
横から縦かを選び、写真や文章を入れて作ってみたらいい。
別に印刷しなくても、パワポで叩き台を作って、
PDFで保存すればネットで紹介できるし、
Jpgで保存してページを画像化して、ネットで紹介できる。

もちろん本格的に作るなら、
このパワポの「ラフデザイン」をもとに、
プロのデザイナーに頼めば、
いいデザインになるのだが、
そこまでコストを出せない方は、
自分でパワポでがんばってみてもいい。

セルフマガジンの威力は絶大。
特に話すのが苦手な人にはおすすめ。
人とコミュニケーションとるのが苦手でも、
「この冊子、見てね」と一言言えば、
自分で話さなくても自分の活動を説明することができる。

これからますます個人力が問われる時代。
個人の活動内容を知ってもらうためのセルフマガジンは、
1人1冊あるのが当たり前の時代になるのではないか。
ぜひ一度、みなさんもセルフマガジンを作ってみるとよいです。

そして何よりセルフマガジン作ってみて、
別に印刷しなくても、ネットにアップしなくても、
セルフマガジン作りは自分の棚卸しになる。

ぜひセルフマガジン作ってみるとよいかと。

・作成の参考に私のかさこマガジンのバックナンバーをご覧ください
(ネットからPDFで閲覧できます)
http://www.kasako.com/kasakomz.html

・より作成方法を知りたい方はセルフマガジンの作り方DVD販売中
http://kasakoblog.exblog.jp/22102339/

・無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.comまでメールください。無料で郵送します。
※Yahooのフリーメールはこちらに届かないので、別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-08-21 21:10 | セルフマガジン


<< ブログのアイキャッチ画像に無料...      自分史「親の雑誌」の着眼点に学... >>