好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 21日

ドコモショップ代々木店のクソ神対応に学ぶ。客の印象を悪くする最悪営業方法教えます!

いやー、ドコモショップってすごいね!
こんなひどい最悪営業方法しているとは
前代未聞の出来事。
もしみなさんが客の印象を悪くして
自らの顧客を手放したいのなら
ドコモショップ代々木店の
最悪営業方法を学ぶとよい。
私が体験した顧客満足度マイナス100の
ドコモショップ代々木店の対応を
みなさんにご紹介しよう。

私が使っているドコモのスマホで
設定を間違ってしてしまったせいか
急にネットに接続できなくなった。
自力で解決しようとしたが
わかりにくいヘルプを見てもわからず
ならばドコモショップに行った方が
早かろうと、アポとアポの合間をみて
9/10、16時過ぎに
ドコモショップ代々木店に行った。

窓口に案内されて要件を伝えると
「~~モードになっているからですね。
すぐに直しますね」といって
パソコンを操作し始めた。
私は窓口のお姉様の前に
スマホを置いておいたのだが、
スマホをいじらなくても
すぐ解決できるとのことだった。

30秒もせず、窓口のお姉様は
パソコン操作を終えた。
もうこれで治ったのか!
次のアポへ急ごう!と思ったところ
パンフレットを取り出し
「雑誌に興味はありますか?」
と唐突に話をふってきた。
イヤな予感がしたので
「雑誌に興味はありません」と答えたが
そんな答えはまったく無視して
「月額400円でいろんな雑誌が読める
サービスがありまして~~~」と
セールストークを始めた。

はあ?なんだコイツ。
興味がないっていってんだろ。
そもそもネットは
つながるようになったのか?
セールストークを無視して
スマホを操作したが
まだネットにつなげない。
「それでもう治ったんですか?」
と話をさえぎって聞くと
「すみません」といって
パソコンのボタンをカシャっと
ワンタッチするとすぐ問題は解決した。

何それ?
問題解決のために店に行ったのに
問題解決を先送りにして
客がいらないというアプリの
セールストークするとは何事?
バカにもほどがある。

いやさ、セールストークしたいなら
まず依頼事項の問題解決
してからにしろよ。
それをほったらかしにして
急いでいるのに
興味がないと言っているサービスを
売りつけようとする信じられない
クソ神対応。
ドコモショップってのは客に嫌がらせして
他社に乗り換えてくれとでも
考えているのだろうか。

いやほんとサービス業として
接客業としてあり得ない。
客から頼まれたことを放置して
セールストークを始めるなんて
今時どんなアコギな金融機関でも
そんなことはしないだろう。

10数年前にマクドナルドで
アルバイトしていたことがあった。
客が注文した品以外に
単価アップをはかるため
他の商品を勧めるサジェストというのが
マニュアルにあったが
先輩マネージャーからは
1:まず客の注文を聞くこと
2:その上で勧めること
3:客がイヤそうなら無理に勧めないこと
ということを教わった。

こちらの都合で勝手に商品を勧めるわけで
下手をすると客の印象を
悪くしかねないので
細心の注意を払い、無理にはするなと
教え込まれた。

ドコモショップってのは
今や大赤字で消滅危機に瀕している
マクドナルドで教えていることすら
まったくできず
1:客の依頼事項をする前に勧める
2:興味がないのに無理やり勧める
3:客から催促されるまで
依頼事項をほったらかしにして
興味がないセールストークを延々続ける
という愚を平然と行っている。
開いた口がふさがらないとは
こういうことだ。

それにしてもどうしてこう
あまりにも愚かでバカな対応を
平然としてしまうのか。
このバカな店員一人の問題ではなく
店として企業として
ちゃんとした教育をしてないから
なんだろうなと思う。

そういえば店に行った時は
かなり暇そうで
受付案内の3人のスタッフは
客がいる前で平然と
おしゃべりに興じていた。

いやあのサービスが悪いと評判の
マクドナルドでさえ
そんなバカなことをしている店は
ほとんど見ることはないのだが
ドコモショップというのは
殿様商売だから平然と客の依頼を無視し
入りもしないサービスを勧めたり
客がいるのにおしゃべりに興じたり
するのだろう。

サービス業や接客業に関わるみなさま。
客をバカにして客を他社に手放したいなら
ドコモショップ代々木店のクソ神対応を
マネるとよいだろう。
間違いなく顧客満足度はマイナスになり
あなたの店から去っていくだろう。

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」希望の方は
申込フォームよりお願いします。
無料で郵送します。
申込フォーム

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-09-21 01:25 | 一般


<< フリーランスになると5連休でも...      女性ポートレート:ソフィア・エ... >>