2015年 09月 23日
結婚したい女子全員読むべし!男心わしづかみ!「崖っぷち女子が年収1000万円超の男性と結婚する方法」
e0171573_22184934.jpg
結婚したいけどなかなか
結婚できない女子はこの本を読むべし!
この本、マジすごい。
ここまで徹底して他者(男性)目線で
書かれていて、かつ具体的な婚活本は
見たことない!

「崖っぷち女子が年収1000万円超の
男性と結婚する方法」ひろん著

いやもうほんとすごい。
何がすごいって
ここに書かれていること実践したら
とりたててルックスがいいわけではない
女子であっても男心をわしづかみ
すること間違いなし!
だって男の私が言うのだから間違いない。

なぜ結婚したいけどなかなか
結婚できないのか。
それはこの本でも指摘しているように
戦略がないからだ。
しかも相手(男心)を知らな過ぎるからだ。
結婚に戦略というと
計算高くてイヤな感じがするかもしれないけど
でもぶっちゃけ結婚に現実的な
経済的基盤を求めているのって
男性ではなく女性でしょ。

だからこそちゃんと戦略を
練らなければならない。
別に好きでもない男と
結婚するってことじゃなく
好きな人でかつちゃんと生活できる人と
ずるずるだらだら付き合うだけで
気が付いたら婚期を逃し
子供が欲しかったのに
年齢的には難しくなってしまい
結婚も子供もあきらめた
みたいな風になってしまうのは
この本が指摘しているように
ちゃんとした計画や戦略がないから。

この本は女性が書いている。
だから女性蔑視で書いているわけではなく
女性としての肉体的年齢的
限界があることをちゃんと理解した上で
だからこそ男性みたいに
結婚はいつでもいいなんて
のん気に構えずに
ちゃんと考えて結婚しようという本だ。

しかもこの本がすごいのは
対策が実に具体的だ。
例えば、ブランド品を身に付けるのは
男性受けしないからNGとか、
もういいね!を100回連打したいぐらい
男性の心をよくつかんだ
具体的なアドバイスだ。

こうした実に細かなアドバイスが
全ページにわたって実に細かく
散りばめられているのだが
全体を通していえるのは
徹底して男性目線が貫かれていること。

なぜ素敵な女性なのに結婚できないのか。
女性目線で婚活してるから。
結婚とはいうなれば男性を攻略することで
男性に気に入られなければ
何事も始まらない。

ところが!
世の女性の多くは男性の気に入る
ポイントがわかっていない。
しかも残念なことに
男性は気に入らないけど
女性が気に入ることをしてしまう。
女友達が「いい!」なんていう
ファッションやメイクや仕草をしても
女性にはうけても男性にはうけないから!
という間違ったアドバイスが
いかにこの世にあふれているか。

そのような意味で
ブランド品つけるのは贅沢臭するから
男性からみるとNGとか
下ネタウエルカムの女にはなるなとか
男性は奢って当然みたいな
クレクレ女子は嫌われるとか
手料理は凝った豪華な料理ではなく
素早く作れることがポイントだとか
もう男性なら「それだよそれ!!!」
と100いいね!連打したいことが
ぎっしり書かれている。

結婚できない女子の失敗って
女性目線でしか物を考えていない。
攻略するのは男性なのだから
上記のように男性受けすることを
考えて行動すれば
そんなにルックスが良くなくても
男性はいちころで落せる。

はじめは男性だって見た目や年齢で
女性を選ぶ。
でもね、結婚するとなったら話は別。
きれいだけの金のかかりそうな女や
男性は奢って当然などと思う女は
遊び相手にしても結婚相手にはしない。
いくらかわいくても
ブランド品ばかり身に付けて
「こいつ金のかかる女だな」
と思った瞬間、遊び相手にはしても
本命には絶対にしない。
そういうことがわかっていない女子が
「奢らない男子って最低よね」
みたいに勘違いした判断で
婚活するからいつまでたっても
結婚できないし、結婚しても失敗するのだ。

徹底した男性目線、男性受けを考えた
女性著者によるアドバイス本というのが
この本の素晴らしいところだ。

でもだからといって
すべて男性のいいなりになれ
というわけではない。
例えば
婚約前提でない限り同棲はしちゃダメ
なんてアドバイスはほんとその通り。
男性は同棲しちゃったら
結婚する理由なくなるから
同棲女は便利な女に成り下がり
結果付き合いは長く
同棲も長いけど結婚できず
でもケンカしたら別れると
すでに婚期は過ぎているという
よくあるダメ女子パターンに
なってしまわないよう
男性目線の受けを狙いつつも
ちゃんと結婚というゴールを
実現させるために線引きするところは
線引きするといった具合に
実に的確なアドバイスがなされている。

いやほんとマジでこの本すごい。
結婚したいけど結婚できない女子は
全員読んだ方がいい。
あとは結婚したけど失敗した女性も
この本読めばきっと何が悪かったのか
原因がわかるはず。

女性目線から脱せず
男性から見たら「はあ?」
みたいなポイント外れをしてしまい
結婚のチャンスを逃している
女子のみなさま。
ぜひこの本を読み
ここに書かれているアドバイスを
実行したらいい。
外見かわいくなかったとしても
こんなことされたら
男性はその人のことかわいくみえる!
ということがすべて書かれているから。

「崖っぷち女子が年収1000万円超の男性と結婚する方法」ひろん著

・セルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<年内のかさこ塾>
・10/7スタート全4回の東京かさこ塾※残席2名
http://kasakoblog.exblog.jp/23488102/

・10/16スタート全4回福岡かさこ塾※残席1名
http://kasakoblog.exblog.jp/23657498/

・10/29スタート全4回の東京かさこ塾※残席1名
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=960

<2時間凝縮講義>
・10/15佐賀で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/23510376/

・10/24大分日田で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/23663071/

・11/7沖縄で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/23531194/

・11/9鹿児島で2時間凝縮ブログ術講義
http://kasakoblog.exblog.jp/23680082/

<その他のイベント>
・10/31大分中津で、かさこトークライブ&写真術講義開催
http://kasakoblog.exblog.jp/23675696/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-09-23 22:18 | 書評・映画評


<< 3歳の子供に学ぶ。自分があげた...      紀伊国屋書店のヤクザ顔負けの買... >>