2015年 10月 28日
自分の強みがわからないのは他人とたくさん話をしていないから
自分の強みがわからないという人が多いが
それは多くの人と話をしていないから。
自分はこんなことしていて
こんなことしたいと思っていて
これまでこんな経歴で
こんな風に仕事をしてますって
できるだけ多くの人に話をすれば
「えっ、そんなこともできるんですか!」
「それ、ぜひお願いしたい」
みたいな話になる。

自分一人で自分軸だけで
できるかできないかを考えているから
強みがわからない。
強みって絶対的なものではなく相対的なもの。
たとえばオリンピック選手並みの
実力がなくても
一般よりうまくできれば
その能力は重宝がられ
場合によっては仕事になる。

つい先日、私自身にこんな経験があった。
「記事広告制作ができる人を探している」
という会社があって
取引先から「なら、かさこさんがいい」
ということで紹介してもらった。

そこで私が普段どんな風に
仕事をしているか話していると
相手はものすごく驚いていた。

「えっ?最短で取材翌日でも
原稿出してくれるんですか?」
「デザインも含めたゲラの初校まで
取材後、最短で3日ぐらいで
出してくれることもできるんですか?」
「ゲラの修正は何度でも
受けてくれるんですか?」
「ゲラの修正も翌日対応してくれるんですか?」

私にとってはすべて当たり前のことだ。
クライアントの要望に従い
よほど無茶な話でない限り
迅速に原稿もデザインも修正も対応する。

しかし今まで頼んでいる会社は
私が当たり前にやっていることが
すべて当たり前ではないらしい。

原稿制作には1週間かかる。
ゲラを出す初校まで10日ぐらいかかる。
修正依頼しても3日ぐらいかかる。
ゲラの修正は3度までしか受け付けない……。

うひょー!
私の方が驚いた。
そんな時代錯誤な殿様制作している
会社さんがまだあったなんて。

10年ぐらい前までは
「そんなやり方おかしい」
みたいなことも通ったけど
今やもうそういう時代じゃなくなり
臨機応変に修正に対応し
できるだけ原稿もゲラも
スピーディーに出すことが
当たり前になったと
私の中では思っていた。

しかし。
見る人が見ればそれは当たり前ではない
とてつもない価値になる。
だから私に仕事を頼みたいと。

私からしたら驚きだ。
ちゃんと私のように対応している人は
私以外にもいっぱいいるだろうが
でもその会社さんにとっては
そんな風に対応してくれる人が
皆無なのだから
私の対応は神対応に見える。

自分が当たり前にやっていて
それが強みとも思わないことが
いろんな人に話してみれば
素晴らしい価値となり
仕事につながることもある。

だからいろんな人と話そう。
話だけじゃない。
名刺やセルフマガジンでアピールしたり
ブログで発信したり。

自分にとって当たり前のことが
人にとっては強みと見え
思わぬ仕事につながる可能性があるから。

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を新規で欲しい方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

・かさこ塾イベント一覧
http://kasako.jp/event

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-10-28 00:30 | セルフブランディング


<< なぜ人口の少ない田舎町で一見お...      小川町・淡路町のおいしいラーメ... >>