2015年 11月 05日
なぜ個別コンサルの仕事を原則しないのか
かさこ塾に入った方が費用対効果もよく
個別指導だけでなく
仲間との出会いや刺激ももらえるから。

かさこさんに個別でアドバイスを受けたい。
お金を払うのでコンサルしてほしい
という話も増えているのだが
「それなら、かさこ塾に入った方がいい」
と勧めている。

かさこ塾に入る方が私が儲かるからではない。
金儲けのことを考えるなら
個別コンサルした方がいいのかもしれない。
でも私は金儲けに興味はない。

かさこ塾なら個別アドバイスも受けられ
かつ仲間との出会いや刺激があり
受ける人にとってメリットが大きい。
だからかさこ塾を勧めている。

かさこ塾は受講生同士で
アドバイスし合える集団指導と
私からアドバイスをもらえる
個別指導とが融合した形となっている。

塾に入れば私への質問は
いくらでも何回でも自由。
別に人生相談でもいい。
それどころか塾を卒業してからも
実費のかかるものでなければ
メールでの相談はいくらでも
無料で受け付け、アドバイスしている。

でも。
所詮、私は一人の人間でしかない。
私のアドバイスが
正しいかどうかはわからない。

もちろんこれまでライター、
カメラマンでの様々な取材経験や
サラ金での経験などを通して
一般の方より客観視して
人を見る癖はついているのと
15年間、毎日ブログを更新し
様々なネット上での成功や失敗経験に
基づきアドバイスはしているので
それなりのアドバイスは
できているとは思う。

でも所詮、一人の人間である以上
アドバイスに偏りがある可能性は
十分ある。

そんな時、かさこ塾ならともに
同じ課題に取り組む仲間がいて
しかもその仲間の職業や年代がバラバラ。
その仲間同士でアドバイスし合える
機会を作っているので
「かさこさんはこういっているけど
他の人に聞いたら
こっちの意見が多いので
こっちの方がいいかも」ということもある。

好きを仕事にするための
セルフブランディングに必要なことは
いかに他者目線を取り入れるかだ。
自分だけが悦に浸って
これカッコいいと思っていることが
他人から見たらそうではないかもしれないし
逆に自分ではこんなこと特徴にならない
と思っていることが
他人から見たら「これすごいから
ここを打ち出せばいいのに!」
という話になるかもしれない。

それは他人に聞いてみないとわからない。
しかも自分のことをほとんど知らない
赤の他人に聞いた方が
より客観的な意見をもらえる可能性が高い。

だから私は個別コンサルより
かさこ塾を勧めている。
私だけのアドバイスだけでなく
他の人のアドバイスを聞いた方が
より自分を客観視できる
チャンスが増えるからだ。
でも個別に聞きたいことは
私にいくらでも聞ける。

個別指導+集団指導の両方の
いいとこどりができる
そんな塾にしたい。
その方が受ける人の効果がある。
そんな思いでかさこ塾をしているので
個別コンサルの依頼があっても
「それならかさこ塾に入った方がいいですよ」
と勧めている。

そして何よりかさこ塾に入ると
仲間ができる。
仲間ができることの価値も
個別コンサルでは提供できない
ものだと思う。

※来年の都内かさこ塾開催ですが
1/28、2/4、2/18、2/25の
夜19:30-21:30で
近日中に告知できると思います。

<かさこ塾2016年開催予定>
・大分中津(かさこ塾15期)
http://kasakoblog.exblog.jp/23832441/

・福岡(かさこ塾16期)
http://kasakoblog.exblog.jp/23832652/

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

<2時間凝縮ブログ術講義>
・11/7沖縄※残席2名
http://kasakoblog.exblog.jp/23531194/

・11/9鹿児島※残席4名
http://kasakoblog.exblog.jp/23680082/

・11/16八王子
http://kasakoblog.exblog.jp/23793706/

・11/29下関
http://kasakoblog.exblog.jp/23793511/

・セルフブランディング11か条を解説した
無料冊子「かさこマガジン5」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-11-05 11:34 | セルフブランディング


<< セルフマガジンについてのインタ...      デマはこうして作られる!~最近... >>