2015年 11月 06日
おまえ誰だよブログから早く卒業すべし
わざわざブログを書いているのだから
多くの人に読まれたい。
できれば仕事につなげられたらラッキーだ。
でもなぜ一生懸命毎日ブログを書いても
多くの人に読まれないのか。
それはあなたのことを
多くの人は知らないからだ。

多くの人にブログを読まれたいと思うのなら
自分は芸能人だと勘違いしているところから
考え直さなくてはならない。

えっ?別に芸能人なんて思ってないよ。
いやいや思ってるでしょ。

テレビに出ている誰もが知っているような
芸能人なら何を書いてもいいんです。
なぜならみんな知っているから。
でも一般人はほとんどの人に
知られていない。

ところがブログの書き方を見ると
私知っている前提で書かれてしまっている。
例えば記事のタイトルで
「私のお気に入り!」
とか
「今日はA子ちゃんとランチ!」
とか
「ケガしちゃった」
とか
「今日はハロウィーン!」
とか。
そんな記事タイトルばかりでは
ないだろうか。

知らない人から見たら
「おまえ誰だよ!」って話だ。

有名なアイドルが
「私のお気に入り!」
とか
「今日はハロウィーン!」
とか書いても注目して
ブログを読んでくれる。
でも多くの人が知らないのに
「私のお気に入り」とか書かれても
「てめえのお気に入りなんか
知りたくねえよばーか」で
終わってしまう話だ。

もし多くの人に読まれたいと思うのなら
自分は多くの人に知られていないし
興味も持たれていない存在だという
前提で文章を書くことだ。

知られていないから
1行目に毎回うざい肩書きの説明を
入れろという話ではない。
知らない人が読んでも
おもしろい、または役立つ記事を
書けばいい。

例えば
「私のお気に入り」というタイトルで
記事の内容が、持ち運び便利で
愛用しているノートパソコンだったとしよう。

ならばタイトルを「私のお気に入り」
ではなく
「外出先での仕事に便利な
おすすめノートパソコン紹介!」
と書けば、あなたが知らない人が読んでも
役立つ記事になるわけだ。

そういう風にして
ブログを自分目線ではなく
他者目線、読者目線に置き換えてかく。
私がお気に入りっていう
自分目線の芸能人気取りで
愛用パソコンを紹介するのではなく
私は誰も知られていない存在だけど
こんな便利なパソコンがあるんですよ
という書き方に変えれば
あなたを知らなくても役立つ記事になり
多くの人がブログを読んで
くれるようになる。

そうやって自分は知られていない前提で
ブログを書いていけば
多くの人に読まれて
結果として自分のことを
知ってもらえるようになる。
それによって仕事の依頼がきたり
同じ価値観を持つ友達ができたりするわけだ。

多くのブログが
ブログを読んでいる人が私を知っている
目線でのタイトルや記事になっている。
だから日記になり、親か友達ぐらいしか
興味を持って読んでもらえない。

いやそれならフェイスブックで
いいんじゃね?
ブログでやる意味ないよね。

毎日自分日記を書いても
ブログのアクセス数は増えることはない。

毎回毎回自分が知らない人が
たまたまブログを訪れても
違和感なく読めるタイトルや本文に
なっているかどうか。
知らない人が読んで
価値があると思われる情報を
発信していれば
ブログはとてつもない威力となり
知られていない自分を
知ってもらえる
強力な宣伝ツールとなるだろう。

おまえ誰だよブログからの卒業。
それができれば
ブログから仕事が入ってきたり
集客ができたり販売につなげたり
することができるだろう。

くれぐれも自分は知られていない
からといって
はじめに肩書きとその説明をする愚は
しないように。

知らないからはじめに
自己紹介されたところで
てめえに興味を持って
読みに来たのではなく
タイトルの内容、先ほどの例でいうなら
外出先で便利なパソコンについて
知りたいと思ったから
読みに来てくれたのだ。

だからまずタイトルに対する
アンサーをちゃんと誠実に答える。
一番最後に自己紹介をすればいい。


・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」を新規で欲しい方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
顔写真でフェイスブックをアクティブに
使っている方は友達申請していただければ
メッセージなしでも承認します。
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-11-06 10:54 | ブログ術


<< 何の役にも立たない、くだらない...      セルフマガジンについてのインタ... >>