2015年 11月 19日
イベントは中身作り以上に宣伝・告知が大事。素晴らしい中身でも宣伝に力を入れなければ意味はないんだよ
多くの人が陥ってしまいがちな間違い。
それはイベントの中身を
作ることばかりに終始し
宣伝や告知に力を入れないことだ。

いやほんとそれ意味ないから。
どれだけ素晴らしいイベント内容でも
来てくれるお客さんがいなければ
せっかくのイベントの準備も台無しだ。
だってそうでしょう?
多くの人に見てもらうために
素晴らしい内容のイベントをしているのに
来てくれる人がいなければ
せっかく作った中身は宝の持ち腐れに
終わってしまう。

イベントの準備をするのは大変だ。
しかもどうしてもイベント出演者は
宣伝・告知よりいかにイベントで
素晴らしいパフォーマンスにするか
中身作りに終始しがち。

結果、宣伝・告知が不十分で
お客さんが思ったほど来ない。
もしくはいつもの知り合いだけで
内輪イベントになってしまう。
そんなこと毎回やっていても
自分の活動の幅は広がらない。

でもイベント出演者はどう思うか。
「一般人は俺たちの良さをわからない」
「俺たちはベストを尽くしたからそれでいい」
「イベントは人数じゃない。
お客さんが少なくても中身がよければ
それでいい」みたいな
完全な負け犬言い訳ばかりし
出演者同士で「よかった」「間違ってない」
とかいいながら傷をなめ合うのだ。

完全に間違ってるよ。
いつまでそんな負け犬みたいなこと
言ってるのか。
本気でやる気あるのか?
ないだろ。
自信を持って素晴らしいコンテンツがあり
それを多くの人に
見に来てほしいと思うのなら
他人まかせにせず出演者自ら
宣伝・告知に力を入れろよ。

こういうのって音楽イベントにありがち。
宣伝するのはかっこわるい。
宣伝に力を入れるより
中身に力を入れるのが俺の仕事。
自分がしなくても広報担当の
あいつがやってくれるから
自分が告知する必要はないみたいな。

そんなんだから客が来ないし
いつも内輪メンバーだけだし
活動の幅が広がらないし
イベントやっても黒字にならず
活動を続けるのが厳しくなってしまう。

じゃあどうやって宣伝・告知するのか。
まずネット。
ブログで告知する。
それをツイッターやフェイスブックなど
SNSで流す。

言っておくけど一回告知記事書いて
SNSで一度流しただけで
宣伝したなんて思っていたら
大間違いだから!

他人はあなたのことにそんなに興味はない。
もしかしたら告知記事に
気づいていないかもしれない。
だから一回告知したらハイ終わりではなく
しつこくならない程度に
何度もSNSで告知をしたり
ブログでも毎回記事の下に
イベントのリンクを貼っておくなり
ブログも告知記事以外にも
イベントに関連した話を
これもしつこくならない程度に
ことあるごとに書き
イベントすることを知ってもらう努力を
相当気合いを入れてしなければならない。

そこまでやってる?
やってないでしょ?
だからイベントに客が来ない。
あんたの努力が足りないからだよ。

だからこそ普段からブログは
更新していなければならない。
イベントがある時にだけ更新しても
そんなブログ、誰も見に来ない。
イベントがない時でも
ブログを更新しているからこそ
ブログを見てくれる人が普段からいて
イベント告知すれば集客に役立つ。

イベントする時だけブログ更新してさ、
イベントやるから来てよなんて
どれだけ虫のいい話なんだって話。

あとは告知するにしても
単にやりますよ的なものだけではダメ。
自分の意気込みなり情熱を伝えないと
イベントにはなかなか来てもらえない。

いかにこのイベントにかけているか。
いかにこのイベントに力を入れているのか。
そういう意気込みや気持ちが伝わる
告知をしないと
単なる宣伝っぽく見えて終わってしまう。

そこまで気合い入れて
告知記事書いている人いる?
私はたまにしかそういうのを
見たことないし
そういう気合入った告知記事見て
まったく知らないバンドだったけど
思わずライブに行ってしまったこともある。
そのぐらい宣伝・告知って大事なんだよ。

昨年あるイベントの主催者が
ブログを使って毎日イベントの出展者
数十名を紹介するという
めちゃくちゃ気合いの入った
宣伝活動をしたのを見て
感動したのを覚えている。

主催者から何としてでも
このイベントに来てほしいという
情熱を感じて心動かされた。
そのぐらいやってる?

あとはネットだけでなく
リアルでの宣伝・告知。
人に会ったらイベントのことを話す。
ポストカードやチラシで宣伝する。
いかにこのイベントが素晴らしいかを
うざくならない程度に
相手の関心度を見極めながらも
情熱的に紹介する。

ネットの告知も有効だけど
リアルで当人から誘うって
ネットとはぜんぜん違う効果がある。

でも多くの人はリアルで宣伝しない。
イベントの準備で忙しいから
それどころではないと
リアルに出ていかない。
そうやって狭い世界の中で
閉じこもっているから
どんなに素晴らしい中身でも
お客さんが来ないんだよ。
来たとしても常連か内輪だけ。
でもそうやって常連や内輪だけで
傷をなめ合いよかったねなんて
言っているから成長もないし
収益がないから活動が持続できない。

イベントするなら中身作りだけでなく
それと同じぐらいの労力を使って
告知・宣伝しなければ
無駄なイベントになるだろう。
いや内輪だけで楽しみ
別に赤字になろうが
お互いをほめ殺しし合う
おままごとがしたいのならそれでいい。
それなら宣伝・告知する必要はないし
趣味でおままごとを楽しめばいい。

あなたがするイベントは
おままごとなんですか?
それとも多くの人に見てもらいたい
本気の活動なんですか?

中身作りに忙しいから
宣伝告知ができないなんて
そんな言い訳しているなら
イベントなんかやめちまった方がいい。
本気で自分のイベントが
素晴らしいと思っているなら
うざがられない程度に
でも気合いを入れて
宣伝・告知にも力を入れろ。

それができないのは単なる怠慢か
イベントの中身に自信がないかの
どちらかだろう。

・なぜ好きが仕事にならないかって?
内輪の馴れ合い仲間だけで
おままごとみたいな
活動しているからだよ
http://kasakoblog.exblog.jp/23866750/

・無料冊子「かさこマガジン」を新規で欲しい方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-11-19 11:15 | セルフブランディング


<< 今回も目の前のことから逃げ出そ...      元フジアナ長谷川豊氏のブログに... >>