2015年 11月 21日
誰かが自分の良さを引き出してくれるかもしれないという幻想ジプシー
自分が何をしたいのかよくわからない。
自分の強みがよくわからない。
自分が何に向いているかわからない。

でもどこかにきっと私のことを理解し
私の良さをわかってくれる人がいるはず。
私の良さを引き出してくれる人がいるはず。

そう考えて、占いジプシーになったり
コンサルジプシーになったり
セミナージプシーになったり
してしまう人も少なくない。

でも思うんだ。
所詮それは他人の評価でしかない。
他人からどう見えるかは
確かに重要なことだけど
他人からどう見られようが
自分はこうしたいという自分軸がない限り
他人からどう言われても
結局、自分を活かすことは
難しいのではないか。

なぜなら他人からわかることは
現状の能力でしかないからだ。
ようは「できること」しかわからない。
本人の意志はそこにない。

「あなたは営業センスがあるから
営業やったら能力が発揮できるでしょう」
と言われたところで
確かに営業能力があっても本人が
「営業なんかしたくない」
と思っていたら能力があっても
活かせない。

今の自分にできることがわかり
それでお金を稼げるかもしれないけど
そこに本人の意志がないと
できるけどやっていてつまらなくなり
「いやなんかこれは違う。
私には別の向いていることがあるはず」
なんていって別のコンサルなんかに
アドバイス受けにいったりする。
そこでまた別のことを言われて
それを真に受けてやってみるものの
そこに本人のやりたいという意志がない限り
できるけどおもしろくないの繰り返しになる。

だからさ、大事なのは
できることじゃなく、したいことなんだよ。
今できるかどうかなんて関係ない。
自分がしたいことを見つければ
今できなくてもできるようになる。

自分が何をしたいかは
他人に聞き回ってもわからない。
なぜなら自分がしたいことは
自分に聞くしかないからだ。
それを誰かがアドバイスしてくれるなんて
思う方が間違っている。

確かに他人から「あなたこれやってみたら?」
と言われて意外な才能が開花し
人生おもしろくなることも
あるかもしれないけれど
基本的に自分しか自分の意志はわからない。

だからどこかで他人に依存するのではなく
自分で自分に向き合うしかない。
自分の心の声に耳を傾けなければならない。
そこで自分のしたいことがわかったら
それをするための方法論を
他人に聞けばよいのだ。

誰かが自分の良さをわかってくれるとか
引き出してくれるとかって幻想は
捨てた方がいい。
自分のしたいことさえ明確になっていれば
その上で良さを引き出してくれる人は
いくらでもいるだろう。

だから他人にアドバイスを求める
ジプシーになる前に
ちゃんと自分で自分に向き合い
自分の意志を確認する必要が
あるのではないかと思う。

・無料冊子「かさこマガジン」を新規で欲しい方は
下記フォームからお申し込みください。
無料で郵送いたします。
申込フォーム

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-11-21 02:51 | セルフブランディング


<< 1/21(木)大分駅前ホルトホ...      今回も目の前のことから逃げ出そ... >>