好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 12月 18日

素直になれないあなたへ。あえて逆らってしまうあなたへ

人に対してどうしても
素直になれないあなたへ。
「こうすればいい」と言われたら
あえて逆のことをしてしまうあなたへ。

こわいんだよね。
誰かの言うことを素直に聞いたら
その人に支配されてしまうのでは
ないかと。
大丈夫。
そんなことはない。
先人のアドバイスは一度素直に
聞いてみたらいい。
やってみてダメなら考え直せばいい。
はじめから否定してかかることはない。

こわくないから。
支配されたり管理下におかれたり
しないから。

「こうすればいい」と言われたら
あえて逆のことをしてしまうあなたへ。
「私はみんなとは違う」
そう思いたいんだよね。
必死に自分の凡人さを隠すために
必死で差別化をするために
あえて素直にならず逆のことをすれば
目立てるって思ってるんだよね。

そんな悪目立ちする必要ないんだよ?
人のアドバイスを素直に聞いたところで
みんながみんな同じになるわけじゃない。
どうやったってあなたの個性は必ず出る。

だからあえて素直にならないなんて
選択肢をする必要はないんだよ。
素直に聞いてその上で
自分のオリジナリティを考えればいい。

プライド高くて人のいうこと
素直に聞けないんだよね。
セルフイメージ高すぎて
自分だけは人とは違うという
選民意識に縛られてるんだよね。

でもそんなことしていても
あなたの良さは出てこない。
なぜなら素直じゃないから。
「あえて」「あえて」「あえて」

たまには逆張りの発想もいいけど
それは順張りを知っている人がやれること。
はじめから逆張り逆張りばかり
狙っていても
それはうまくいかないんだよ。

まず基本を知ること。
まず型を知ること。
まずセオリーを知ること。

それからだよ。
自分の個性を考えるのは。
基本を無視して
奇をてらってもうけないよ。

でもわかってるんだ。
なぜ素直になれないかって。
なぜ人の言うことと逆をするかって。

構ってほしいんでしょ。
私だけを構ってほしいんでしょ。
私だけ特別扱いしてほしいんでしょ。

だからわざと言うことを聞かず
素直にならないことで
消えそうな自分の存在感を
必死にアピールしてるだけなんでしょ。

でもね。
子供ならまだしもいい大人になっても
ひねくれることでしか
存在感をアピールできないのって
申し訳ないけどかなり痛いよ。
自分だけは「私ってすげえ」
「人とは違う」なんて勘違い
しているかもしれないけど
みんなに見透かされてるよ。
みっともない。
みじめ。
さみしがりや。
素直に気持ちを表せないだけの
大人になれない構ってちゃんだって。

そこのYOU。
もういい加減、素直になちゃいなよ。
こわくないよ。
みんなと一緒になんかならないよ。
支配されないよ。
負けじゃないよ。

大丈夫。
素直になって人の言うことを
聞いてみて
そこから自分のオリジナリティを
確立していけばいいんだから。

ひねくれなくていい。
あえて逆張りしなくていい。
素直になったらきっと楽だよ。
そして何より素直になったら
あなたの魅力が自然に出て
きっと多くの人から好かれると思う。

何、私はつるむのはいやで
孤独が好きだって?
そういっているあなたが
一番さみしいのはわかっているから。

だから素直になればいい。
素直になればあなたのことを
多くの人が受けいれてくれるはず。

・無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-12-18 12:54 | 生き方


<< イヤイヤ幹事をする人と率先して...      ネットで発信しない共同出展イベ... >>