2015年 12月 21日
無料をエサに取得したメアドにメルマガや宣伝メールは送るのはやめた方がいい件
40ページ・フルカラーの冊子
「かさこマガジン」を無料で配っていると
中には警戒する人もいて
「取得した個人情報にうざいメルマガとか
宣伝メールがくるのでは」と思っている人も
いるかもしれないが
そのような使い方をする気はまったくないし
今までもそのような使い方はしていない。
そもそもマガジン希望でいただいた
メールアドレスをリストにすらしていない。

毎年発送するために住所はリストにしてる。
でもメアドは冊子の発送には必要ないので
リストにすらしていない。
なのでマガジン希望のメールをもらった人に
メルマガ発信したりセミナー案内することもない。

いや本当はビジネスのセオリーからいけば
無料をエサに個人情報を取得し
宣伝メールや宣伝DMを送るのが
普通なんだと思う。

でもさ。うざいじゃないですか?
私だったらイヤだ。
かえって逆効果だと思う。

必要な人は私のブログなりSNSを
自分から見てくれるはず。
私のブログやSNSを見ていない人に
メルマガとかDMでお知らせすれば
もしかしたら集客とか販売に
つながるのかもしれないけど
受身の姿勢で情報に気づいた人と
自ら興味があってブログやSNSを
見に来て自分で情報を取得しようと
する人とでは意識の差が大きい。

私から一方的に告知メール送るより
ブログでチェックしてくれる
読者の方が興味を持って
セミナーやかさこ塾に来てもらった方が
双方にとってハッピーに
なるんじゃないかと思う。

もちろん中にはご案内メールが
きてくれた方が助かるって人も
いるとは思うけど
自発的に情報をとりにくるぐらいの
姿勢がある人の方が
セミナーや講義は役立つと思うんです。

ビジネスのセオリーだからといって
無料をエサに個人情報を取得し
そこにDMやメルマガを送りつけるってやり方、
考え直した方がいいんじゃないか。
目の前の金稼ぎのために
「うざいな」と思われて信頼を失われるより
長期的な視野で自分のブランディングを
考えた方がいい。
お知らせメール欲しい人は必要な人だけ
登録してもらった方がいいのではないか。

ただメアドをリスト化していないことを
失敗したなと思ったのは
住所変更してねというお知らせを
こちらから一斉に送れないこと。
うざい宣伝メールとかメルマガは送る気ないけど
住所が変わった人は
お知らせくださいメールを送れれば
毎年200通ぐらい住所変更知らせないために
戻ってきてしまい無駄金になってしまう
コストを削減できるかなと。

そんなわけで、もはや今から
5000件以上のリストに
メアドを加えることは不可能なので
どうかみなさま、以前マガジンもらった方で
住所変更した方はお知らせください。

また新たにもらう方は
毎年自動発送で最新版を送りますので
住所が変わったら
「かさこさんに連絡する」ことをもらった時に
覚えていただければうれしく思います。

<重要なお知らせ>
・かさこマガジンを以前もらった方で
住所変更した方はお知らせください。
2016年かさこマガジン制作中で
1月中旬頃、発送のため。

・無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2015-12-21 16:42 | セルフブランディング


<< 原発PR看板・原発推進看板を証...      親からの呪縛が自分の思い込みだ... >>