好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 02月 24日

俺様は仕事忙しいんだからネットで発信なんて必要ねえと思うフリーランスが不景気で全滅する

仕事が忙しいのに
ネットで発信する必要なんかない。
1週間に1度ぐらいブログ更新してれば
別にそれでいい。
ネットなんてすぐに効果が出るかも
わからないものやるより
今は本業に集中した方がいいと考える
バカちゃん個人事業主って
この世の中に結構多い。

でもさ。
仕事忙しいのあんたの実力?
ただ世の中の景気がいいからだけじゃね?
でもフリーランスって勘違いしがち。
いっぱい仕事が入ってきて忙しくなると
自分の実力だと勘違いし天狗になり
地道にネットで発信して
未来のための種まきをする発想が
なくなってしまうのだ。

そういう勘違いフリーランスって
不景気になると仕事激減するわけです。
で、何をするか。
不景気になってから
あわてて営業したり
ネットで発信したりするんですよ。

バカか。
遅いだろ。そんなの。
っていうか不景気になって
あわてて営業しても効果は薄い。
景気がいい時にこそ
ちゃんと地道な営業努力を続け
いいクライアントを確保するなり
クライアントの数の分散をはかるなり
請負仕事だけではなく
自分で生み出す仕事を作り出す
素地を作っておかなければならない。

私もそうした勘違いをした時期があった。
今から3年前のこと。
フリーランスになって
めちゃめちゃ仕事が忙しくなり
ほんと時間がおしかったので
「ブログの更新やめようかな」とか
営業活動する必要ないかなと
思った時期もあった。

でも。仕事が忙しいのは
私に実力があったからだけでなく
世の中の景気がよかったからだ。
私は金融関係や不動産関連の
広告仕事をしているので
株価に大きく影響する。
アベノミクスというイカサマバブルで
株価が急上昇していたので
金融・不動産関連の仕事が
ばんばん入ってきた。

もしそこで私がおバカな
勘違いフリーランスと同じように
「俺様ってすげえ。
仕事忙しいのにネットで毎日発信なんて
バカらしいぜ」なんて思っていたら
株価が下がって不景気になったら
仕事は激減するだろう。

請負仕事中心のフリーランスは
自分の実力うんぬんではなく
景気に左右される面は非常に大きい。
でも勘違いしちゃうんだよ。
忙しいと。
俺様ってすげえって。
ネットに関わっている時間なんて
もったいないって。

で、そういうフリーランスが
不景気になるとジャマな泣きつき営業を
しにくるわけだ。

実際にあったよ。
2008年のリーマンショック。
その時、私は編集プロダクションに
勤めていた。
ちょうど今と同じような状況で
2005年から2007年まで
日本株バブルで仕事は急増していた。
なので仕事も増え
外注のカメラマンやデザイナーを
かなり使っていた。

ネットで何にも発信していない
ある外注カメラマンは
「なんかほぼ毎日、御社の仕事、
やってますよね!
金融カメラマンって名乗ろうかな!
あははは」なんて大口叩いていた。

でもリーマンショックで仕事は激減。
当然、外注に頼む仕事も激減した。
そんな時、俺様忙しいすげえぞ
フリーランスが毎日のように
電話かけてきたりして
泣きつき営業してくるわけです。

「なんかないっすか」
「なんかないっすか」
ねえっていってんだろ!
みたいな。

ネットで発信もしていない。
請負仕事ばかりで
自分の仕事を生み出していない。
でも好景気で仕事がいっぱいあることを
自分の実力があると勘違いした
悲しいフリーランスの末路。
そういうフリーランス、
2008年のリーマンショック時にも
2011年の東日本大震災時にも
たくさん見てきた。

例えばカメラマンならさ、
請負仕事だけでなく
自分でネットで発信して
写真教室のような
自分主導の新たな事業を育てるとか
個人向けの写真撮影を
ネットから受注するみたいに
工夫しておかないと。

だから私は2012年にフリーになって
仕事が忙しくなっても
すべてを自分の実力と過信してはならない。
自分のため、未来のために、
ネットの発信は毎日欠かさず
していこうと思ってやってきた。

単に景気のいい悪いだけではない。
今やテクノロジーによって
いろんな仕事が機械にシフトしたり
もしくは安い外国人労働者に
シフトしたりしている時代に
フリーランスとしていつも考えるのは
「この仕事は10年後もあるのだろうか?」
「この仕事は私でなくてはならないのか?」
ということだ。

もしかしたら仕事自体が
なくなっているかもしれない。
もしかしたら機械や外国人労働者や
安い若い人に仕事を
とられているかもしれない。

そういう危機感を仕事が忙しくても
持ち続けられるかどうか。
持っていたらネットで
1週間に1度しか更新しないとか
そもそもホームページがないとか
そんなことってまともな
フリーランスならあり得ない。

いや好景気のうちに
不景気になっても食えるよう
今、稼いでおくんだという作戦なら
それでいい。

でもさ。時間の切り売りにしか過ぎない
個人事業主がどれだけ仕事忙しくても
単価が2倍とかにならない限り
もしくは人を雇ったりしない限り
稼げる限度は決まっている。
それこそ本でも出して印税収入があるなら
話は別だけど
請負仕事で時間切り売り仕事で
単価もそう変わらないのであれば
不景気になった時分まで
稼ぐのは容易ではない。

ちなみに私はどんなに忙しくても
フリーになって毎日更新したおかげで
今はライター・カメラマンの
請負仕事だけでなはく
かさこ塾をはじめとしたブログ術講義が
もう1つの事業の柱になった。

今年から株が下がり気味で
本業の金融関係の仕事が
やや少なくなっている中
仕事が忙しい時にそこだけに依存せず
ネットでまめに発信していたおかげで
請負仕事とは違う
自分の仕事を生み出せた。

フリーランスって目先の仕事に追われて
目の前のことしか考えてないと
ちょっとしたミスをして
大クライアントから切られたり
不景気になって仕事が激減した時
どうにもならなくなる。

ぜひ仕事は忙しいから
俺様はネットで発信なんか
しなくてもいいなんて
とんだ勘違い野郎にならず
仕事が忙しい時こそ
地道に続けてネットで
毎日更新した方がいいと私は思う。

まあでもそういっても
実際にリーマンショックのような
危機がきて仕事がなくならないと
私の言っている意味がわからない
バカちゃんフリーランスが多いと思うんだけど。
自分の仕事をよ~く考えた方がいい。

・フリーランスの生きる道~請負仕事だけでなく自分仕事を作る
http://kasakoblog.exblog.jp/24115276/

・仕事獲得のための方法を解説した
「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。
申込フォーム

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-02-24 21:14 | 働き方


<< ビジネスの常道を外してターゲッ...      私は弱い人間だからできない。あ... >>