好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」塾長・カメライター・セルフマガジン編集者かさこのブログ

kasakoblog.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 02月 26日

ビジネスの常道を外してターゲットを絞らず開催するかさこ塾の魅力

受講者の多様性。
それがかさこ塾の最大の魅力。

どんなビジネスでも
ターゲットを絞る方が成功しやすい。
例えば、士業専門だとか
クリエイター専門だとか
会社員専門だとかフリーランス専門とか。
30代だとか女性起業家とかブログ初心者とか。

かさこ塾にはターゲットが設定されていない。
会社員の人もいればフリーランスもいる。
職種もほんとバラバラ。
本気で好きを仕事にしたい人もいれば
趣味で好きなことをしたいという人もいれば
とりあえず自分の棚卸しをしたいという人もいる。

20代もいれば60代もいる。
すでにブログを毎日更新している人も
いればブログ開設はじめての人もいる。
東京の人もいれば九州の人もいれば
関西の人もいれば東北の人もいる。
一般では考えられない
マニアックな趣味を持つ人もいる。

実に多様。
本当はターゲットを絞って
塾を開催した方が
目先の成果は上がるのかもしれないけど
かさこ塾っていろんな受講者がいる
この多様性が最大の魅力なんじゃないかと
かさこ塾18期生の最終授業を終えて
しみじみそう思った。

ある受講生がこんな話をしたのが印象的だった。
「かさこ塾後の交流会はかさこさんと話すのは
もういいから他の受講生と話すようにしたんです。
なぜならいろんな魅力的な人が多いから」

また鹿児島の受講生はこんな指摘をしている。

かさこさんだけから学びたければ
かさこ塾ではなく、かさこさんに
家庭教師(いわゆるコンサル)を
お願いすればいいことかもしれません。
しかし、“かさこ塾”という大人塾には、
塾長と塾生がいて、そのどちらからも
学べるんだということに昨日気づきました。

http://ameblo.jp/syd1990/entry-12131951720.html

私が個別コンサルではなく
20人定員の塾形式にこだわっているのは
この多様性があるからだ。

受講生の中にはいろんな
コンサルを受けている人もいる。
でもコンサルの言うことは時に真逆。
Aのコンサルはこうした方がいいといい
Bのコンサルはああした方がいいという。
そういう話を聞いた時
コンサルってその経験や立ち位置での
アドバイスしかできないんだなと。

私もそうだ。
私も塾生には個別でコンサルはする。
でも私には限界がある。
私が合っているとは限らない。

そんな時、別にコンサルでも
セミナー講師でもないけれど
多種多様な受講生がいて
一般目線で塾生同士がアドバイスし合う。
そこではじめて社会における
自分の立ち位置が見えてくる。
自分を他者にどう見せていくかが
わかってくる。

またもし塾のターゲットを絞って
同じような属性の受講生を集めたら
受講生同士のアドバイスは偏るだろう。
そうすると一般社会では
通用しなくなる恐れが出てくる。

もちろんかさこ塾とて万能ではないし
少なくとも私ないし私のブログに
興味を持った人だけが
来ているという意味では
ある種の偏りはあるのだけれど
でもビジネスの常道のごとく
塾生のターゲットをあえて絞っていないので
様々な属性の人たちが集まっているのが
かさこ塾の魅力なのかなと。

また私のブログ自体が
他のブロガーと違って
ワンテーマに偏ってはいない。
旅行もあれば写真もあれば
ミスチルもあれば猫もあれば
フリーランス業のこともあれば
原発のこともあったりして
塾生が私を知るきっかけも多様。

だからいろんな塾生が集まっていて
その多様性こそが他にはあまりない
かさこ塾の特徴なのかなと。

また私自身がそうした多様性を
認めているからこそまた
いろんな人が集まってくるのかなと。

誰にも言えなかった「錆びが好き」
という趣味をかさこさんが
認めてくれたから塾に入った受講生。
画家なんだけれどホントは
遠隔ヒーリングとかもやりたいけど
そんなこと言ったら変に見られるかも
という塾生に「やりたいなら
やればいい!」と背中を押したり、
ふんどしが快適だという女性に
「そうだ、取材したことある
ふんどし協会の会長を紹介しようか?」と
ふんどし女子として活動をしていきたい
という人に人をつないだり。

一般から見たら
錆びだとか遠隔ヒーリングとか
ふんどし女子なんて変なことかもしれない。
でも興味があるならやってみればいい。
くだらないことでも変に思われることでも
好きなことなら私が信じる信じないに
関係なくやってみればいい。
そういうスタンスでいるからこそ
より受講生の多様性の幅が
広がっていくのかなと。

かさこ塾は同期だけでなく
卒業してから次々と加わる
いろんな塾生とのつながりが持てる。

自画自賛みたいな内容なんだけど
別に私にとって多様性を認めるのは
当たり前のことに過ぎず
変な趣味持っている人、
めちゃめちゃおもしろいじゃん!
というのが当たり前なんだけど
でも意外と世間ではそうではなくて
こうしたセミナーや塾なんかでも
同じ属性の人ばかり集められて
同じ尺度だけで判断されて
そこに違和感を覚えている人が
実は結構多いんじゃないかということに
塾をする度に気づかされて
もしかしてかさこ塾って珍しいのかなと。

くだらないことでもいい。
世間一般の価値観に合わないことでもいい。
好きなことを突き詰めていけば
人それぞれでいいじゃないか。
むしろ多様な人たちがいる方が
お互いの得意分野を活かし
お互いの不得意分野を補えるじゃないか。

私の理想はすべての職業が
かさこ塾で網羅されていて
全国各地の人が
かさこ塾で網羅されていたら
ますます多様性の幅が広がり
おもしろいコミュニティに
なるんじゃないかと。

そんなわけで今後も
ビジネスの常道を外して
ターゲットを絞らず
開催地域も多様化し
いろんな人が集うコミュニティに
育てていきたいなと思っています。

「かさこさんと話さなくても
他の受講生と話すので忙しい」。
そんな風に受講生に言われたことが
かさこ塾に対する最大の褒め言葉かなと
思っています。

ある塾生のブログ
「かさこ塾」ってなんか不思議。
かさこさんと話したいかといえばそうでもない。
相談すれば答えてくれる。
でも話さなくても自分の中に何かが生まれる感じ。

「かさこ塾」に行って
変なことでもやってみていいんだって
思えるようになった。

http://ameblo.jp/syanchan/entry-12132934326.html

ぜひかさこ塾へ。
多様な人が集まるコミュニティに。

・錆び萌え写真家
中川周子さん(大分中津かさこ塾生)

https://www.youtube.com/watch?v=Cx7y9GzEMTc

・ふんどし女子・小野裕美子さん
(仙台かさこ塾生)がふんどしの魅力を語る!

https://www.youtube.com/watch?v=_n0QKNLOKZM

・画家だけど遠隔ヒーリングもするトーマスりかさん
「かさこ塾3回目の感想と、新たに見つけた私の好きなこと2」
http://www.tsunagarukanjiru.com/#!undefined/cyh4/56c6929b0cf2c75daa85cbe6

・かさこ塾・かさこ塾長かさこ紹介動画by宮原那由太さん

https://www.youtube.com/watch?v=LdqA2NzPfwM

・かさこ塾・かさこ塾長インタビュー

https://www.youtube.com/watch?v=M2pnvG5hkPk

<好きを仕事にする大人塾=かさこ塾>
・静岡かさこ塾:申込14名、残席6名
http://kasakoblog.exblog.jp/24033198/

・京都かさこ塾※満席。キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/23989861/

・名古屋かさこ塾:申込10名、残席10名
http://kasakoblog.exblog.jp/24107902/

・札幌で5月にかさこ塾!10名以上集まれば開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24125571/

・福岡かさこ塾:申込8名、残席12名
http://kasakoblog.exblog.jp/24148728/

<2時間ブログ術講義>
・3/12松山
http://kasakoblog.exblog.jp/24083877/

・3/24名古屋※満席。キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24027374/

・4/12千葉佐倉
http://kasakoblog.exblog.jp/24125237/

・4/19札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/24030168/

・3/7鹿児島でセルフマガジン講座開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24162471/

・3/23東京でセルフマガジン講座開催!
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1104

<誰でも参加できるかさこオフ会>
3/24名古屋
https://www.facebook.com/events/168604266836731/

第2回セルフマガジン大賞実施!5/15締切!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-02-26 02:32 | かさこ塾


<< 3/23(水)東京でセルフマガ...      俺様は仕事忙しいんだからネット... >>