2016年 03月 12日
宣伝・告知・広告を冒頭に載せるブログは客を軽視し自分が儲かることしか考えていない
例えば「高円寺おすすめのラーメン店!」
という記事タイトルの本文はじめに
「今度ブログセミナーやるからきてね!」
とか「セッションは60分1万円~」みたいな
宣伝や告知が入っているブログを見て
あなたはどう思うだろうか?

うざっ!
っていうか早くラーメン店紹介しろよ!
と思うのではないか。

アフィリエイトなんかで稼いでいる
ブロガーなんかもそう。
記事タイトルと本文の間に
広告が入ったやつってほんとうざい。

他人のブログを自分で見たら
「うざっ!」と思うのに
いざ自分のブログになると
そんなうざいことを平然とやってしまう。

なぜか。
宣伝したいからだ。

でもそれ逆効果だから。
あなたが他人のブログをみて
いきなり宣伝だったらうざっと思うように
あなたのブログもうざがられている。

「でも記事の冒頭に宣伝しておかないと
宣伝を読んでくれないんじゃないか」
と思うからこそ先頭に
載せてるんだろうけど
そんなブログははなから読まれない。

長らく広告制作の業界にいるが
消費者のことを理解している
クライアントほど
あからさまな宣伝はしない。
冒頭から買ってねみたいな
バカげた宣伝は絶対にしない。

いかに読者の興味関心を引き
まずは役立つ情報を提供できるか。
その上で最後にさらっとだけ宣伝する。
広告をわかっているクライアントほど
あからさまな宣伝や
冒頭から売り文句を並べるなんて
バカなことはまずしない。

特にブログともなれば
度々読みに来てくれる人もいる。
そんなもっとも大切にすべき読者に
毎回冒頭宣伝文句を読ませるなど
読者軽視宣言しているようなもの。

宣伝したい気持ちはわかるけど
逆の立場だったらうざいでしょ。
うざいと思うことはしない。
逆効果だから。
宣伝したければ記事の最後にすればいい。
そうすればイヤな人は読み飛ばすし
興味のある人は記事を読んで
すっきりした後
「おおーこんなこともしているのか」
と興味を持ってくれるはず。

というわけで
本日のブログ術のポイントは

宣伝文句は冒頭に出すな!
宣伝・告知は記事最後に。

そうした気遣いができるかどうかで
ちゃんとお客さん第一に
考えているかがわかる。
いきなり宣伝したい人は
客のことなんか考えず
自分だけ儲かればいいと思っている人。

ぜひ頭に入れておきたい。

・無料冊子「夢を叶えるブログ術~
かさこマガジン6」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

<セルフマガジン講座>
・3/23東京※残席わずか
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1104

・3/31静岡
http://kasakoblog.exblog.jp/24192058/

<好きを仕事にする大人塾=かさこ塾>
・名古屋かさこ塾:申込17名、残席3名
http://kasakoblog.exblog.jp/24107902/

・札幌で5月にかさこ塾!10名以上集まれば開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24125571/

・福岡かさこ塾:申込15名、残席5名
http://kasakoblog.exblog.jp/24148728/

<2時間ブログ術講義>
・3/24名古屋※満席。キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24027374/

・4/12千葉佐倉※満席。キャンセル待ち
http://kasakoblog.exblog.jp/24125237/

・4/19札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/24030168/

<誰でも参加できるかさこオフ会>
3/24名古屋
https://www.facebook.com/events/168604266836731/

・入場無料!誰もが来れるイベント
好きを仕事にする見本市=かさこ塾フェスタ
5.29東京(CST飯田橋)、
6.25福岡(警固神社)で開催!
https://www.facebook.com/kasakofestival/

・第2回セルフマガジン大賞実施!5/15締切!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-03-12 23:47 | ブログ術


<< 世界最強の猫島!猫まみれの猫パ...      本気で死を想い、本気で今を生き... >>