2016年 03月 18日
肩書きや経歴で人を判断するなって、てめえは何者なんだばーかって話
ショーンk学歴詐称問題をきっかけに
「肩書きや学歴や経歴で
人を判断するのは愚かだ、
だから肩書きや経歴なんていらない」
なんて思う人がたまにいるけど
そう思っているてめえは
何者なんだ、ばーかって話。

名前だけ言えば日本中の誰もが
知っているほどの有名人なのか?
そうでないなら肩書きや経歴は
自分を判断してもらう上で
絶対に欠かせないものだ。

例を出そう。
私が知らない人に自己紹介する場合、
「カメラマン&ライターのかさこです」

「かさこです」
という場合とどちらがいいだろうか。
「かさこって誰?」って話でしょ?

私が肩書きや経歴で
人を判断するのはくだらねえから
肩書きや経歴を言わないとどうなるか。

かさこ「かさこです」
質問者「はあ、かさこさん。
普段は何をしているんですか?」
かさこ「いろいろ」
質問者「いろいろって何ですか?」
かさこ「写真を撮ったりしてます」
質問者「おっカメラマンなんですね!」
かさこ「いや別にそれだけじゃないし」
質問者「他に何をしているんですか?」
かさこ「文章を書いたり」
質問者「なるほど!ライターとカメラマンを
両方やってるんですね!」
かさこ「別にそれだけじゃないし。
そうやって肩書きで判断されたくないの」

ねえ。肩書き名乗らないって
めちゃくちゃ感じ悪いでしょ?
てめえ何様だって話。
一番はじめに
「カメラマン&ライターのかさこです」
と肩書きを名乗ってあげれば
知らない人はこの人が
何をしているのかが一発でわかり
話がしやすくなるわけじゃないですか。

それをやれ肩書きで判断するなとか
肩書きなんてくだらねえって言えるのは
よほどの有名人だけだ。

ただ、肩書きは勝手に名乗れる。
その人が本当に肩書きに見合ったことが
できるのかはわからない。
そこで必要になるのがプロフィールだ。

質問者「カメラマンっていうけど
これまでどんな経歴ですか?」
かさこ「カメラの専門学校に行ったことはないけど
25歳から12年間、編集プロダクションで
カメラマンとしても仕事をしていました。
これまで13冊写真集を出してます」
質問者「そんなに実績があるんですね!」
って話になり、カメラマンという肩書きに
信憑性が出てくるわけだ。

だから肩書きを補足するための
プロフィール(経歴)が必要なわけ。
経歴なんかで判断するななんて
そんなバカな話はない。
経歴をまず見なければ人は判断できない。

ただ多くの人は経歴を隠そう隠そうとするわけ。
「学歴で判断されたくない」
「年齢で判断されたくない」

いや学歴も年齢も出しておくべきじゃない?
学歴だけで判断するクズな人間や
年齢だけで判断するクズな人間がいるなら
ハナから付き合わなければいいけど
高学歴だろうが低学歴だろうが
それはそれで過去の厳然たる事実なわけだし
年齢も個人の属性を表す
重要な要素の一つなんだから
経歴に出しておけばいいわけです。
学歴や年齢だけで判断するのはおかしいけど
学歴や年齢は判断する材料にはなるわけだから。

材料の中身を覆い隠して
他人から仕事をもらおうなんて
産地偽装みたいな話でしょ。
あくまで自分からは情報をオープンにして
判断するのはあくまで他人。
そこでどう判断されようが
自分がとやかくいうことではない。

肩書きや経歴「だけ」で判断するのは
そりゃおかしいけれど
肩書きや経歴がくだらないから
人間を見ろなんていわれても
いやいや別に結婚相手を
選んでいるわけではなく
仕事を頼めるかどうか
信頼に値する人間なのか
判断するだけなんだから
短時間で判断が必要で
何度も会ってから仕事の発注決めるって
わけにはいかないんだから
そのために短時間でわかりやすく
自分のことを伝えるために
肩書きやプロフィールが必要ってこと。

そもそも人間を見極めるなんてできない。
肩書きやプロフィールもなしに
人間を判断するって
それって自分の好き嫌いで
判断するってことでしょ。
それって余計おかしくない?

仕事をする上で人を見極めるのに
時間はかけられないわけ。
誰に仕事を頼もうか判断する上で
肩書きとプロフィールがあると
便利なわけです。

だから仕事を得たいと思うのなら
個人でもちゃんと肩書きを名乗り
プロフィールを作成して
ネットなどに掲載して
自分のことを短時間でわかってもらえる
努力をしなくてはならない。

肩書きや経歴なんてくだらねえ、
人間性で判断しろって思っている人がいるなら
「てめえは何者なんだ、ばーか」
と言ってやればいい。

肩書きとプロフィール。
めっちゃ重要だよ。
まずそこで判断した後
こうしたスペックではない
人間性をどう判断するかって
話になるんだと思う。

だから。
まずは肩書きとプロフィール。

■好きを仕事にする方法を
解説した「かさこマガジン」無料配布中!
下記申込フォームにご記入ください。
無料で郵送します。1ヶ月ぐらいかかる場合あり。
申込フォーム

・かさこフェイスブック(フォローどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

・かさこツイッター(フォローどうぞ)
http://twitter.com/kasakoworld

・かさこインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
http://www.instagram.com/kasakoworld/

・かさこYoutubeチャンネル(お気軽に登録どうぞ)
https://www.youtube.com/kasakotaka

かさこ塾ホームページ
http://kasako.jp/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって
申し訳ないという方は
Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
私にアフィリエイト収入が入ります。
500万円ちかいセルフマガジン費用の
たしにさせていただきます。
Amazon


by kasakoblog | 2016-03-18 22:38 | セルフブランディング


<< 超ビミョーな鹿児島の珍スポット...      小学校・中学校廃墟写真:愛媛・青島 >>