2016年 04月 17日
これから今回の九州大震災で考えるべきこと~東日本大震災の教訓
とんでもない大災害の様相を呈し始めた
九州大震災ともいうべき熊本大地震。
被災地の方もそうでない方も
これから何を考えなくてはならないのか。

5年前に東日本大震災時に
私が被災地を取材した時の経験をもとに
今回の災害でも留意すべきことを
あげましたので参考になれば。

・東日本で大災害が起きている時に
自分だけ楽しんでいいのだろうかと
罪悪感にさいなまれる人がいたけど
楽しまずに家で悲しんだところで
何の関係ないから。
楽しむべきは楽しみ
支援できることは支援すればいい。

・「不謹慎だから」という空気感から
イベントなどが自粛のため
まったく意味なく次々と中止された。
しかし自粛しても被災地には
ほとんど関係はない。
意味なし自粛はする必要なし。

・東日本大震災の時もそうだったが
地震のニュースや映像ばかりを
見ているとおかしくなるので
時には休憩を。

・ボランティアは今行ったら迷惑論って
確かに正論だとは思うんだけど
東日本大震災みたいに
被災地が壊滅的な打撃を受け
受け入れ態勢などいつまでたっても
現地でできない場合
指示待ちボランティアではなく
ボランティアの受け入れ態勢を
作れるような経験のある
災害ボランティアが行くことには
意味があると思う。

今回の状況がどうかはわからないけど
一概に社協がくるなといっているから
くるなが正しいかどうかは
考えなくてはならないのではとも思う。

・今、支援物資を送っても困る論は
確かに正論かもしれないが
東日本大震災でも震災当日、
車でかけつけおにぎりや水などを
持ってきてくれた人は
めちゃめちゃ感謝されたはず。
不要なものを送りつけるのは
仕訳や受け入れの問題があるので
迷惑になるかもしれないが、
かといって喫緊に水や食料や毛布などを
必要としているところも
あるかもしれないので
一概に今送るのは迷惑みたいな論は
本当かどうか考えた方がよい。

・災害ボランティアに限った話ではないが
「何か手助けしたい」というわりに
自分の頭で考えることができず、
ただぼーと指示を待つ人間は
災害当初はまったく役に立たないので
迷惑になる可能性大。
現場で自分が何をやるべきかを
自分で課題を見出し、
自分から動ける人間が必要。

・困っている被災地はSNSをフル活用し
訴え続けた方がいい。
被災者や避難所の発信力によって
支援格差は大きく差がつく。
ただデマだと警戒されるおそれがあるので
事実関係を正確に
自身のアカウントの信用性
(顔出ししてないなどはマイナス)を
きちんとすることが大事。

・災害時にも発信力が大きな力になる。
だから普段から発信して
自分の存在を知ってもらうのは
すごく重要。

・「東北の人は我慢強く、
助けてほしいことを
なかなか言ってくれないので
阪神淡路大震災と違い支援がしにくかった」
というボランティアの方多数。
困った時は困ったことを言えばいい。

・助けたい人はいっぱいいる。
だから助けてほしい人は
ネット上で声をあげよう。

・メンタル弱い人が同情心から
現地にいってもメンタルやられて
使い物にならないので
そういう人は金か物で支援を。

・被災自治体の役人も大混乱で
頼りにならない場合は
被災者自ら率先して協力すること。
文句を言うより行動した方が早い。

・遠方に頼れる方がいて
避難できる方はその方がいい場合も。

・311の10日後に西日本に行ったら
東日本のおかしな空気とは違い
めっちゃ癒されたことを覚えている。
同じ日本でもこんなに違うのかと。
もし災害が長引くようなら
被災地を離れるという選択肢も
とれる人は考えた方がいいかも。

・避難所に避難せず自宅にいる
被災者への支援物資がまわらない、
ないしは自宅の被災者が
避難所の被災者に遠慮して
物資をとりにいけない
みたいなことがあって
大きな問題になった。
家が残っていようと
物資に困っている可能性はあるので
融通しあいたい。

・被災地では家が全壊・半壊した人と
そうでない人とのいがみ合いが
起きたこともあったが
同じ被災者同士で協力し合うことが大事。

・これから考えるべきは避難所同士の連携。
避難所同士の連携がないために
こっちの避難所にはこの物資があふれ
こっちの避難所には
この物資が足りないみたいな状況が結構あった。
近隣の避難所同士が連絡をとりあい
支援物資のシェアをうまくできたらよい。

・メディアの取材は面倒、
時に無神経と思うかもしれないが
メディアに取り上げられた
被災地や避難所は物資やボランティアが
たくさんきてくれる可能性があるので
うざがらず、利用し、
必要なことを訴えたい。

・避難所では小さな子どもの面倒が
大変なのだが、ニンテンドーDSがあると
子どもが静かに子ども同士で遊んでくれて
大人は助かったみたいなところもあった。
ただ数少ない電源がDSでしめられるのは
問題なのだが。

・東日本大震災の3.11は金曜日だった。
土日を経て余震が頻発する中
週明け月曜日は外資系企業以外は
通常出社をさせた企業が多かったと思う。
余震が大変、道路や交通状況が大変なさなか、
九州でも月曜日に無理やり
出社させる必要性があるのか考えたい。

・東日本大震災では
度重なるでかい余震だけでなく
福島原発が事故を起こすという
とんでもない人災まで加わった。
ほんとあの時、東日本は
終わったかもしれないと思った。
今、九州では日本で唯一
鹿児島川内原発を再稼働しており
かつこれだけの地震にもかかわらず
何が何でも止めないという横暴に
自民党が出ている。
もし原発事故まで加われば
下手すると九州壊滅、西日本壊滅に
なりかねない。

・災害が起きてから買い占める
買い焦るのではなく普段から備蓄多めで。

・残念ながらこの国や企業が
災害時に正しい情報を出すとは限らない。
例えば「福島事故 地震2時間半後に
「炉心、1時間後に露出」
東電、予測を国・県に報告せず」
(東京新聞)

・地震や津波とはまるで違う原発事故。
万が一、再稼働している
鹿児島川内原発で事故が起きたら
ガイガーカウンターがないと
どこに逃げたらいいかわからない。
アマゾンで検索すればいろいろ出てくる。
今頼めば今日、明日に着くものもある。

・災害時にはNHKや国や自治体などの
機関も情報発信しているツイッターが役立つ。
普段使わなくても
ツイッターのアカウントをとっておくとよい。

・・・・・
あーもっと普段から
地震は日本にいる限り
どこにでも起きる可能性があるから
備蓄や備えはちゃんとしておけって
しつこく投稿しておくべきだった。
たった5年前にあれだけの災害があって
学んだはずなのに。
まあ結構しつこく地震が起きる度に
投稿してたつもりなんだけど。
備えがあれば減災ができる。

・「検証・新ボランティア元年
―被災地のリアルとボランティアの功罪」
Amazon

<東日本大震災取材で感じた
防災の教訓講演動画>
・津波の危険性

https://www.youtube.com/watch?v=93okbuIJD-A

・災害ボランティアの重要性

https://www.youtube.com/watch?v=OMqbMBxNyJg

・災害時の情報の重要性

https://www.youtube.com/watch?v=RcH1bATTFmE

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・札幌かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24125571/
※10名以上集まれば開催

・広島かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/

・福岡かさこ塾
満席。キャンセル待ち受付中。
http://kasakoblog.exblog.jp/24148728/

・千葉かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24298374/
※10名以上集まったら開催!

・東京かさこ塾昼
満席。キャンセル待ち受付中。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・東京かさこ塾夜
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/
※10名以上集まれば開催

<セルフブランディング2時間講義>
・4/19札幌
http://kasakoblog.exblog.jp/24030168/

・4/25横浜鶴見
http://kasakoblog.exblog.jp/24257344/

<5/29無料セミナー&対談イベント>
http://kasakoblog.exblog.jp/24292995/

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

・締切5/20!第2回セルフマガジン大賞実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-17 00:27 | 東日本大震災・原発


<< 朝日新聞夕刊およびヤフーニュー...      元SM女王が指南!女性が輝くた... >>