2016年 04月 26日

地震被害がひどい?!大分湯布院に行ってきたけど、ひどかったのは地震より観光キャンセル

e0171573_23103378.jpg
熊本地震と連呼されていながら
大きな揺れに見舞われたのが大分。
中でも被害がひどかったのが
湯布院や別府だと言われており、
2016/4/16の地震では震度6弱を
記録しているが
熊本に比べて圧倒的に情報量や
報道露出が少ないので
実際のところ現地はどうなのかと思い
2016年4月26日に湯布院に行ってきたが
めちゃくちゃすごい被害になっているのかと
思いきや、現時点では地震から
月日が過ぎたこともあり
そこまでひどい状況ではないように見えた。
(あくまで私の感触)

ただ、今、大分湯布院を苦しめているのは
地震被害より観光キャンセルだ。
このためそれほど被害のない宿泊施設までもが
観光キャンセルのせいで大打撃を受けていた。
e0171573_2311050.jpg
e0171573_2311154.jpg

湯布院の町を巡ってみたが
ところどころに瓦が落ちた家、
塀や石垣などが崩れた家などはあるが
全壊している家はそれほど多くはない。
報道では建物被害が1100件以上となっており
見た目は平気そうに見えても
建物に被害がある家もあるかもしれないが
あちこちの家が半壊、全壊し、
避難所に人があふれかえっている
といった様子ではなかった。
e0171573_23113853.jpg

湯布院の旅館「牧場の家」は
ほとんど地震被害もなく
地震が起きた3日後には
営業を再開したという。
e0171573_23122168.jpg

しかし「湯布院の被害がひどい」
といった情報から
宿泊キャンセルが相次いでいる。
地震当初なら致し方がないが
稼ぎ時のゴールデンウイークの
キャンセルも多く
満室だったが空きが出ている状況だ。
e0171573_23115577.jpg

旅館「牧場の家」の女将、浦田祥子さんは、
「予約をキャンセルしたお客さんの中には
『地震後で大変な時に行ったら申し訳ない』
と考える方もいましたが
むしろ今、来てくれた方が
私たちにとってはうれしいんです」と語る。
e0171573_23123444.jpg

湯布院の旅館の集客サポートや
宿泊ネット販売のサポートなどをしている
川嶋雄司さんは手に取るように
各旅館の予約状況がわかる立場にある。
地震の片付けが終わって
営業再開しているにもかかわらず
相次ぐキャンセルにより
多くの旅館が落胆している様子だった。

旅館だけではない。
湯布院の観光客が激減した。
今まで19年間、湯布院にいるが
こんなに閑散とした湯布院は
はじめてみたという。
e0171573_23124731.jpg

湯布院町川北で人気ピザ店
「檪(くぬぎ)の丘」を営む
山﨑康成さんも
「被害にあった部分は直して営業を再開したが
こんなにお客さんがいないのは
未だかつてない」と話す。
e0171573_2313154.jpg
e0171573_2313931.jpg
e0171573_23134159.jpg

この店は湯布院を一望できる
絶好のロケーションに立ち
人気店で予約がないと
ほとんど入れない店らしいのだが
地震後はお客さんが減っているという。

「メディアは被害のあったところだけを
切り取って報道するため
実態以上に被害がひどいと思われているせいで
それほど被害のない旅館までもが
予約キャンセルによって打撃を受けている。
この現状を打破しないと
地震というより観光キャンセルによって
町が疲弊してしまう」
と川嶋さんは考えていた。

しかし観光情報はなかなか誰も発信しない。
一つには、地震被害にあった人などが
いるので遠慮している雰囲気があること。
被災者がいる中、
被害があっている家もあるのに
「うちは平気ですから観光に来てください!」
とは言いにくい雰囲気がある。

もう1つは、旅館などが自らネットで
積極的に発信しているところが少ないこと。
発信が弱ければ
営業再開していることなどは
観光客には伝わらず
大手メディアの情報しか伝わらない。

「誰も発信しないなんてこのままではまずい」
危機感を覚えた川嶋さんは
湯布院復興を世に広く訴えるため
4/17に湯布院の現状や
営業再開情報などを伝える
フェイスブックページ
「湯布院ファイト!」を立ち上げ
旅館の営業再開情報を中心に
発信をし始めたのだった。

フェイスブックページは4/26時点で
4494人の「いいね!」がつき
観光客や地元の人にも
湯布院の現状の一端を伝えるサイトとして
一翼を担うようになった。

地元の役場職員なども
「このページの情報が役立っている」
と川嶋さんに声をかける様子も見かけた。

中でも20万以上のリーチを集め
3000以上のいいね!を集めたのが
JR九州・由布院駅長・宮田さんの
旅館に向けたファックスの文面だった。

JRの運転が再開したことと
地震の影響があるにもかかわらず
100人ものお客さんが
由布院駅に来てくれたことを
知らせるファックスだった。
e0171573_23141280.jpg

宮田駅長はファックスの意図について
このように語る。
「地震のせいで観光客が来なくて
困っていると旅館のみなさんをはじめ
下を向いているムードの時に
少しでも前向きになれる情報をと思い
具体的に何人のお客さんが駅に
来てくれていると数字を出すことで
勇気づけられるきっかけになればと思い
こうした文面を各旅館に
ファックスしました」と語る。

このファックス文面が「湯布院ファイト!」の
フェイスブックページに取り上げられると
希望の見える知らせとして受け止められ
多くのいいねがついたのだ。
e0171573_23143232.jpg

「通常であれば300人ぐらいの乗客がいるので
確かに減ってはいます。
でも100人ものお客さんが
戻ってきてくれているというのは
地元の人を前向きにできるのではないかと」
(宮田駅長)

「地震がもう収まったとも断言はできないし
絶対に安全ということも言えない。
湯布院に来るかどうかは
あくまでお客様自身の判断です。
ただお客さんが来ている
客観的な数値情報は伝えていきたい」と
宮田駅長は話す。

では現状、避難所はどうなっているのか。
4月26日時点で湯布院の避難所は
由布院小学校と湯布院B&G海洋センターの
2ヵ所だったが
4月28日に湯布院B&G海洋センターに集約される。
避難所生活者が減ってきているからだ。
e0171573_23151010.jpg
e0171573_23152572.jpg
e0171573_23153847.jpg

避難所にいるからといって
その人たちが家に住めないのかというと
必ずしもそうではない。
地震当初からずっと由布院小学校で
避難所生活をしている81歳の木村高子さんは
「家が住めないわけではなく
余震が続く中、一人では怖いので避難所にきた。
余震も収まってきたので
そろそろ家に帰ろうかと思う」と話してくれた。

しかも湯布院は幸いなことに
地震当初から物資は十分だったという。
なぜなら町に自衛隊の駐屯地があるからだ。
「地震の翌朝から避難所には自衛隊がきてくれて
3食、食事を提供してくれたこともあり
食べることも物に困ることもなかった。
不便なことは一つもなかったですよ」
と木村さんは語る。
e0171573_23155721.jpg

家が倒壊したわけではないが
度重なる余震が怖いので
大分市内に一時避難し
町に戻ってきた後も
夜は地震が怖いので
2人と子供とともとに
4人で車で寝泊りをしていた
湯布院町中川に住む立川さん一家も
余震が収まりつつあるため
最近になってやっと
家での生活に戻るようになった。
e0171573_23161949.jpg

「石垣が崩れたのがひどくて
町が何もしてくれないので困っているものの
余震が収まってきたので
久しぶりに家で寝れます」と語る。

このように被災地には
家が住めないから避難所暮らしや
避難生活をしているわけではなく
地震が怖いから避難をしている人もいる。
こうした人たちは徐々に日常に戻りつつある。

もちろん中には家の被害が甚大で
家に住めず
しばらく避難所生活を強いられる人や
建物のダメージがひどく
営業再開に時間がかかるところもあるだろう。

ただ私が今回現時点で見た限りでは
「大分湯布院の地震被害がひどい!」
という情報よりはるかに現地は
日常に戻りつつあった。

ただ日常に戻りつつあっても
現地の情報が少ないまたは断片的なため
観光客のキャンセルにより
むしろ地震よりキャンセルのせいで
町が疲弊している面が大きそうだ。

宮田駅長が言うように
絶対に安全はないので
安心だから来てねとは
言いにくい面もあるだろう。
また観光客としてもわざわざ今
湯布院に行く理由はないといえばない。

ただ判断情報が少ない中で
観光や宿泊をキャンセルすることで
結果として被災地を
苦しめているかもしれない
ということは考えた方がいい。
助けたいと思うのなら
観光に行くことが
復興につながることもある。
e0171573_23214088.jpg

依然として余震がどうなるかわからない。
雨などにより新たな被害などが
出てくる可能性もある。

ただ「ひどい!ひどい!」という
ネット情報だけではなく
営業再開し、日常に戻り
復興に向けて動き出している人たちも
いることを記しておきたい。

※取材は2016年4月26日のもの。
あくまで私が取材した範囲にしか
過ぎませんので
あくまで湯布院の一側面にしか過ぎず
私の感想であることをご了解ください。

・フェイスブックページ
「湯布院ファイト!」
https://www.facebook.com/yufuinfight

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・5月広島かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/

・6月千葉かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24298374/
※10名以上集まったら開催!

・6月東京かさこ塾昼
満席。キャンセル待ち受付中。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・6月東京かさこ塾夜
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/
※10名以上集まれば開催

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

・締切5/20!第2回セルフマガジン大賞実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-26 23:17 | 東日本大震災・原発


<< フットワークが重い人はろくな人...      5年前にはじめて作ったセルフマ... >>