2016年 04月 27日
フットワークが重い人はろくな人生にならない。フットワークが軽くなるための思考法
フットワークが重い人で
人生や仕事がうまくいっている人は
見たことがない。
逆にフットワークが軽い人って
いろんな好運を引き寄せたり
いろんなことがうまくいっている人が多い。

かつて私がサラ金に勤めていた時に
まったく知識も経験もないのに
トップセールスマンになれたのは
ただフットワークの軽さがあっただけだ。
逆にいえばフットワークの軽さがあれば
知識や経験の浅さを補い
優秀な営業成績をおさめることも可能なのだ。

よくフットワークってどうやったら
軽くなるんですかみたいなことを
聞かれるので私の思考回路を
事例をもとに紹介しておこう。

昨日、大分湯布院の「被災地」取材に
行こうと決めたのは4日前の金曜日のこと。
その日は都内で不動産関連の取材仕事があり
家に帰る電車の中で
ふと思いついてしまったのだ。
「ゴールデンウィーク前に
九州の被災地取材に行けないだろうか」と。
ゴールデンウィークは
ボランティアなど人が多いだろうし
かといってゴールデンウィーク後だと遅すぎる。

でもゴールデンウィーク前は
札幌、名古屋、京都に行く予定などがあり
どうやっても行けないと思っていたのだが
こうした「思い込み」や「先入観」を
捨てることがフットワークを
軽くするための秘訣だ。

「いや行けるのではないか」と
あわてて電車で手帳を見たところ
月曜日は横浜で講義、
水曜日は名古屋で講義、
木曜日は京都で講義だったが
火曜日だけ1日あいている。

でもここでどう思うかだ。
「1日しか空いていないから無理」と思うのか
「1日でも行けるのではないか」と思うか。
フットワークの重い人って完璧主義。
しっかり準備してからとか
ちゃんと日程がとれてからとか。
そんなこと言っているから
フットワークが重い。

「別に九州に宿泊しなくても
日帰りでもいいんじゃないか」
と思いつき火曜日なら行けると考え
あわてて飛行機がとれるかどうか確認した。
まずは足を抑えないことには
どうにもならないからだ。

場所は熊本ではなく大分に決めた。
ひっきりなしに報道されている熊本より
あまり報道されていない大分の方が
取材に行く意味があるのではないかと
思ったからだ。
あわてて電車の中で
飛行機の予約状況をチェック。
JALでマイルをためているので
JALで見たのだが朝一の便が
そんなに早くない。帰りも遅くはない。

そこでANAを見たら
朝一便で行き、最終便で行けば
JALで行くよりプラス1時間半以上
現地で滞在できるとわかった。

ANAで空席を確認した後
問題は現地での足。
車の免許は持っているが
ペーパードライバーなのと
地震の影響で道路が悪いところも
あるだろうから
できれば自分の運転は避けたい。

そんな時に思いついたのが大分中津の塾生。
大分中津は福岡寄りの場所のため
大分市内に来るには時間がかかるのと
4日後に1日あいている人がいるのか
という問題もあったが
きっと大分中津の塾生に話をすれば
どうにかなるだろうと考え
4人の塾生に唐突に
「火曜日に大分の被災地取材に行くので
車出せる同行者求む」とメッセージ。

するとフットワークが軽く
レスポンスも早い彼らは
車を出してくれるのと
3人同行してくれることが決まり
私の思いつきで4日後に行くという話は
都内の取材を終えて家に帰りつく
電車の中の移動時間ぐらいで
あっという間に決定したのだった。

「九州まで日帰りですか?」って
よく驚かれるんだけど
朝一の便で行けば大分空港に8時過ぎに過ぎ
帰りは20時近いので日帰りでも
現地に12時間滞在できる。

私は今、かさこ塾や講義などで
全国あちこち行っているけど
結構日帰りしていることも多い。
昨年の大分中津のかさこ塾は
最終日以外は日帰りだったし
静岡、名古屋、京都のかさこ塾も日帰り。

札幌だって福岡だって
1泊することもあるけど
日帰りしようと思えばふつーにできる。

京都かさこ塾は新幹線の東京方面最終が
21時半ぐらいなので
塾が終わって20時過ぎぐらいまで
塾生と食事したり飲んだりしても
十分日帰りできるし
福岡も同様で、塾を終えると
お気に入りのもつ鍋屋に
20時前ぐらいまでいて
21時の最終便で帰るといった
パターンを繰り返している。

日帰りだと深夜遅く
帰宅のこともあるけど
22時、23時過ぎぐらいに帰れるのであれば
はっきりいってサラリーマン時代に
都内で働いて帰ってくる時間と
たいして変わりはない。
移動距離は長いけど
飛行機に乗っている時間など1時間か
1時間半程度なわけで
サラリーマン時代に1時間とか
1時間半かけて
ギュウギュウづめの不快指数マックスの
何の生産性もない通勤電車に乗っているより
はるかにマシな移動時間だ。

早い乗り物に乗ればお金はかかるけど
値段が安い乗り物に乗って
貴重な時間が潰れるぐらいなら
料金は高いけど日帰りできて
時間を有効活用できる移動手段を使えば
その分の時間、お金を稼ぐ仕事時間に
あてればいいだけの話なのだ。

今ほんと便利な時代になって
日本全国どこに行くにも
日帰りしようと思えば
だいたいどこも日帰りできるわけで
飛行機や電車の予約も
ネットで瞬時にできるわけだ。

いやだからさ。
思いついたら行けばいいんです。
できない理由をああだこうだ考えてないで
短い時間の中でも忙しい合間でも
できる方法を考えて
行きたいところに行けばいい。

そうやってフットワークを軽くしておけば
自分のしたいことがどんどん
できるようになったり
チャンスや好運が舞い込んでくる
可能性が高くなると思う。

フットワークが重いというのは最悪。
別に行きたくないなら
行かなければいいが
行きたいのにああだこうだ理由をつけて
行けなかったなんていっているのは
最悪中の最悪だ。

行きたいと思ったらいけばいい。
したいと思ったらすればいい。
フットワークを軽くすること。
それが人生を幸運にする鍵。

思いついたら即行動を心掛け
フットワークの軽い人に
なればいいと思う。

<好きを仕事にする大人塾=
かさこ塾開催一覧>
・5月広島かさこ塾※残席5名!
http://kasakoblog.exblog.jp/24223969/

・6月千葉かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24298374/
※10名以上集まったら開催!

・6月東京かさこ塾昼
満席。キャンセル待ち受付中。
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・6月東京かさこ塾夜
http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=1123

・7月富山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24315460/

・7月栃木小山かさこ塾
http://kasakoblog.exblog.jp/24294213/
※10名以上集まれば開催

・誰もが来れる入場無料イベント!
出展者49名が集まる
かさこ塾フェスタ5/29開催!
http://kasakoblog.exblog.jp/24239638/

・締切5/20!第2回セルフマガジン大賞実施!
http://kasakoblog.exblog.jp/24157662/

・夢を叶えるブログ術を解説した
無料冊子「かさこマガジン」希望の方は、
郵便番号、住所(マンション名など省かず)、
お名前、希望部数を、
kasakotaka@hotmail.com
までメールください。
無料で郵送します。
※Yahooメールは届かないので
別のメールでお送りください。

かさこフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
http://www.facebook.com/kasakotaka

かさこツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返しします)
http://twitter.com/kasakoworld

ホームページ「かさこワールド」
http://www.kasako.com/

※マガジン無料でもらって申し訳ないという方は、Amazonで買い物する際、
下記よりお願いできればありがたいです。
Amazon


by kasakoblog | 2016-04-27 22:55 | 生き方


<< 一人ひとりが人生物語の舞台監督...      地震被害がひどい?!大分湯布院... >>